神父と悪魔 硝子の迷宮の夢魔 (ビーズログ文庫 し 1-3)

  • 97人登録
  • 3.48評価
    • (6)
    • (10)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 志麻友紀
制作 : スエカネ クミコ 
  • エンターブレイン (2007年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757736474

神父と悪魔 硝子の迷宮の夢魔 (ビーズログ文庫 し 1-3)の感想・レビュー・書評

  • オッフィー可愛すぎる…。双子の弟がいるとかツボ過ぎる…。しかも弟のが優秀ってね!もう!
    何か、ヴィヴィとオッフィーって愛されすぎやろwwwwみんなかあいいwwwww

  • 相変わらず内容はシリアスなのに、文章がそれを裏切ってます(笑)
    今回は守護天使のお兄さんまで出てきて、更にしっちゃかめっちゃかに。
    こんな神父がいたら…むしろここまで好き放題できたら
    ストレスがたまらない生活できそうですw

  • 神父と悪魔シリーズ第三弾。

    今回はオフィリエルに双子の弟がいると判明。
    しかしここの「弟」っていうのは重要だと思います。
    弟さんのセラミエルくんは、もう見事な天使です。悪い意味で。
    でもヴェドリックの言葉や現状を知り、少しづつ疑問に思い始めます。
    オフィエルより優秀なので上司なんですが、オフィエル命っ子で、ツンデレ?です。
    二人の絆?みたいなものも切られてしまい独りになってしまったセラミエルは強く意地を張らないと、意地悪い同僚の中で生きていけなかったわけですね。うん。

    でまあそこに付け込まれてしまうわけなんですが、本当この作品のキャラたちは弱ると魅力が増しますね!
    独りはヤダ、お兄ちゃんとずっと一緒がいい!的なこと言い出す弟を、兄は助けようと自分が犠牲になるわけですね。
    今の今までツンツンだったのでココは威力大です。

    でまあ双子の絆にうっとりする傍ら、ヴェドリックの精神力に感服しますね!
    もう人間最強でいいんじゃなかと思います。
    本当、何だか折れない芯の強さっていうのでしょうか?
    本当、今回はヴェドリックが一番強かったです。
    アンシャールもイラついてましたしね。

    デニスくんへのヴィヴィによるお仕置きシーンは必見?です!

    今回の話はもう、満足でした。

全5件中 1 - 5件を表示

神父と悪魔 硝子の迷宮の夢魔 (ビーズログ文庫 し 1-3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神父と悪魔 硝子の迷宮の夢魔 (ビーズログ文庫 し 1-3)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神父と悪魔 硝子の迷宮の夢魔 (ビーズログ文庫 し 1-3)を本棚に「積読」で登録しているひと

神父と悪魔 硝子の迷宮の夢魔 (ビーズログ文庫 し 1-3)はこんな本です

ツイートする