モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)

  • 65人登録
  • 4.00評価
    • (7)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 氷上慧一
制作 : 廣岡 政樹 
  • エンターブレイン (2007年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757738591

モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  前回の主題がソロ討伐だったのとは対称的に、今回はパーティ討伐、それも大規模な複数パーティによる討伐が主題である。
     徹頭徹尾、防衛戦であり、総力戦の様相を見せた今回はなかなか読み応えがあった。
     予想外の展開で苦しい戦いになりながら、それでも戦い抜く展開は熱くて大変よろしい。面白かった。

     しかし、ロッシィはなぜモテないのだろう、と真面目に疑問に思う。挿し絵では顔立ちも良さそうだし。ギャグ担当の宿命、カレシにするのはちょっと、というやつだろうか。
     まあ、誰彼なしに言い寄る男だから、ある意味当然か。せめてそれぞれ見えないところでやればいいのに、不器用な男である。

  • 【M】

  • 半端に3巻を本棚登録(笑
    弟が珍しく文庫本を買い集めてます。おかげでシリーズ一気読み。血気盛んだったキオ少年が3年区切りで成長していくさまが見ていて楽しい…。
    モンハン自体はプレイしていないけれど、弟達に見せられた画像や生活味のある描写にむくむく興味がわいてきます。素材集めとか‥やってみたく…!!

全3件中 1 - 3件を表示

氷上慧一の作品

モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)の作品紹介

一角竜モノブロスとの死闘から3年。キオはジャンボ村を拠点にしながらも近隣の街や村からの依頼もこなすほど名の売れたハンターとなっていた。ある時、火山近くの新興の町マンテから依頼を受けたキオ、ロッシィそしてエーデリカのパーティは、少女ノーラと再会する。3年ぶりの再会に沸くキオたち。しかし時を同じくしてマンテ周辺の密林では巨大な影が動き出していた!はたしてキオはこの町を守り抜けるのか-!?超人気ゲームのノベライズ第3巻。

モンスターハンター 魂を継ぐ者3 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする