乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)

  • 82人登録
  • 3.93評価
    • (10)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 嵩夜あや
制作 : のり太 
  • エンターブレイン (2007年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757739246

乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

  • 嵩夜あやの"おとぼく"の短篇集です。ゲーム本編は"男の娘"ものだったのですが、本小説は純粋に百合ものです。内容は、瑞穂達が卒業した後の聖應女学院の物語です。貴子エンドからスタートしています。物語は、奏、由佳里、薫子(新キャラ)と初音(新キャラ)の櫻館の住人を中心に展開します。ゲームを好きだった人には、瑞穂、貴子、紫苑、まりや、そして君枝などが登場して懐かしい気分になれるのではないでしょうか。薫子、初音、そしてケイリは"処女はお姉さまに恋してる2"に登場するので、橋渡し的な位置づけもあるようです。

  • 幻の作者同人誌の商業版?

全2件中 1 - 2件を表示

乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)の作品紹介

第百九期メンバーを送り出してひと月、聖應女学院にまた新しい春が訪れる。厳かなはずの入寮式早々、遅刻して駆け込んできた七々原薫子、優しく微笑む周防院奏、元気な寮監・上岡由佳里、物静かな一年生・皆瀬初音…。卒業したメンバーに負けない可憐な蕾たちの物語、いま美しくほころび始めます-。絶大な人気を誇る『乙女はお姉さま(ボク)に恋してる』PC版公式シナリオライター&イラストレーターによって紡がれる究極のオリジナルストーリー。

ツイートする