2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズ

  • 36人登録
  • 2.62評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 安原 和見 
  • エンターブレイン (2008年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (519ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757739406

2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012年にこのお話が本当になったらこわいなっておもった。

  • 半分316ページで挫折、多重世界は自分の頭の中で組み立てるは結構大変、最後の方を拾い読みすると面白そうですがすでに興味がうせて残念ですが終了です。

全3件中 1 - 3件を表示

ホイットリー・ストリーバーの作品

2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズを本棚に「読みたい」で登録しているひと

2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズを本棚に「積読」で登録しているひと

2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズの作品紹介

"マーティン・ウィンターズは、クフ王のピラミッド内部には何度となく入ってきた。"-2012年11月21日、エジプト・クフ王のピラミッドを崩壊させて、巨大なレンズが浮上、そして、カイロ、アンコールワットなど世界各国の古代聖地からも、同じレンズが現われた。硬度3000、地球のどの物質より硬い14のレンズに、世界は静かに睥睨されていた。"ワイリー・デイルは身体の震えが止まらなかった"-12月1日深夜、作家は、絶望していた。かつて自分を恐怖のどん底に陥れ、消すことのできない心の傷を負わせたエイリアンが、向こう側の自分と家族を襲っている。彼は並行する世界の入口をくぐり、別次元の自分を救出しようとするが…そこには、二つの月が輝いていた。人類最大の謎古代マヤ暦の告げる"滅亡の日"を世界は乗りこえることができるか。

2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズはこんな本です

ツイートする