薔薇乙女学院へようこそ! ローズ・プリンスを探して (B’s‐LOG文庫)

  • 20人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 檜原まり子
制作 : ほづみ 音衣 
  • エンターブレイン (2008年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757739888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薔薇乙女学院へようこそ! ローズ・プリンスを探して (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

  • BL小説を執筆されている檜原まり子の百合小説。女子校、寄宿舎、全校生徒の憧れの先輩(本作ではPRIMA・ROSAと呼ばれている)と王道の設定です。明治時代を選んだところや超能力が絡んでるのは少し変わってるかな。でも、セリフは普通に現在の言葉遣いですし、街の描写以外に明治らしい部分はほとんど無いです。また超能力は、なくても困らない程度のものです。他の百合作品と差別化できるのに、これらがちょっともったいないような気がしました。まぁ、相手役が男か女かはっきりしないのが一番の問題という気もしますが。

全2件中 1 - 2件を表示

薔薇乙女学院へようこそ! ローズ・プリンスを探して (B’s‐LOG文庫)の作品紹介

お父さまの決めた相手となんて、結婚できません!だって、私には「お嫁さんにしてあげる」と約束してくださった、"薔薇の王子さま"がいるのだから-。結婚までの猶予期間という条件で、全寮制の「華苑女学院」で学ぶことになった紫子は、編入初日、初恋の相手と瓜二つの美少女・雨宮齋と出会う。「PRIMA・ROSA」と呼ばれる集団の一員で、生徒たちの憧れの的である齋のことが知りたくて、近づく紫子だが…!?帝都・東京を舞台に、乙女のキラキラがつまった学園小説がスタート。

薔薇乙女学院へようこそ! ローズ・プリンスを探して (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ツイートする