バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)

  • 1218人登録
  • 4.04評価
    • (105)
    • (102)
    • (86)
    • (3)
    • (0)
  • 50レビュー
著者 : 井上堅二
制作 : 葉賀 ユイ 
  • エンターブレイン (2009年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757748279

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いちおう姫路さんのターンということになるのでしょうか。

    文月学園の召喚システムの不具合で、召喚獣が妖怪の姿になってしまいました。雄二は夏休みの補習をサボるために、学園で肝試しを開催することを学園長にかけ合って了承を取り付け、明久たちが常夏コンビと勝負をおこないます。

    「アレクサンドロス大王」にはやられましたが、ちょっと勢いが落ちているような気もします。

  • 肝試しの会。
    まずまず普通に面白かった。

  • 9784757748279 287p 2009・12・15 7刷

  • お化け屋敷、肝試し。
    久しぶりに常夏先輩の突っかかり。

    今回はどちらかと言えば姫路さん寄りかな?
    なんか毎回美波ネタが笑ってる気がするw

  • なぜか3年生と肝試し勝負をする展開。
    ダンジョン攻略的な面白さもあるんですが、ハイライトとしては姫路さんが明久にアプローチをかける(けど明久は……)ってところでしょうか。
    クライマックスの姫路さんの憤りと、雄二と明久が男を見せるあたりもかっこいい。
    ラストシーンの甘酸っぱさはなんつーか読んでる方が こっ恥ずかしくて、いいぞもっとやれw

    あと、アレクサンドロス大王には感動したw

  • 読了。

  • 面白くもあり、熱くもあり。
    シリーズの中では比較的、バランスのとれている巻。

  • 大好きな久保くんが出てきて大好きな一冊。

  • 保険体育はお手の物。ええ彼女がそうです(笑)

  • とにかく笑えます。バカだけど優しい登場人物たちにほっこりすることもしばしば。恋愛サイドに関してはかわいそうなくらいうまくいきませんが(良い意味で)笑。読む価値ありのエンターテイメントです。

全50件中 1 - 10件を表示

井上堅二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)の作品紹介

待望の夏休み!だが、悲惨な結果に終わった期末試験によりそのまま補習に突入した明久とFクラスの面々。暑苦しい鉄人の授業を黙々と受けていたある日、「そういえば召喚システムの点数がリセットされたって話はどうなった?」と気づいた彼らは、白金の腕輪を使って召喚獣を喚び出してみる。しかし、そこに現れたのは古今東西の物の怪に姿を変えた召喚獣だった-!?「友達はボール!」(by新種妖怪・坂本雄二)負けられない肝試し対決で贈る第6巻。

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする