彼女は戦争妖精 3 (ファミ通文庫)

  • 97人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (9)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 嬉野秋彦
制作 : フルーツパンチ 
  • エンターブレイン (2009年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757748897

彼女は戦争妖精 3 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 身近な登場人物にまた女性が増えてもハーレム化する気配のまったくない伊織くんがステキ。がんばれ主夫シリーズになりそう(笑)ほとんど出番はないけどリリオが可愛く思えてきた。ぬぅ。

  • 新キャラ・ルテティア登場。今後、伊織との関係はどうなるか。

  • 中古待ち
    ⇒まんだらけ 262円

    新キャラのツンデレ娘登場。
    それにしてもロードの位置づけがわからなくなるな、、
    というか、どう終わらせるんだろう?
    話があまり進展しないので、あと何巻出すんだか心配。

全4件中 1 - 4件を表示

嬉野秋彦の作品

彼女は戦争妖精 3 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

彼女は戦争妖精 3 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女は戦争妖精 3 (ファミ通文庫)の作品紹介

「コイツら食っちゃっていいの?」伊織とクリスの前に現われた制服姿の美少女・ルテティア。クリスをさらった彼女は、逃げた先で伊織に携帯電話を投げて寄こす。その電話の相手はなんと、行方不明の叔父・頼通-!同じ頃、母校を訪れていた薬子は、恩師であり伊織の父でもある康頼を訪ねてきた外国人の男女二人組を発見する。どうやら彼らは"楽園"に近づく何かを捜しているらしいのだが…。エキセントリック美少女と、さらなる謎に翻弄される第3巻。

彼女は戦争妖精 3 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする