ヲタクに恋は難しい (1)

  • 1697人登録
  • 4.14評価
    • (182)
    • (154)
    • (75)
    • (11)
    • (8)
  • 137レビュー
著者 : ふじた
  • 一迅社 (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758008464

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ヲタクに恋は難しい (1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • す、す、好きー!こういう理系でヲタクで自分の世界があって女には奥手で好きになったら一途な殿方大好き///(鼻血)

  • 久々に、どハマりしたマンガ。
    会話のテンポが良くて面白い(といっても、会話の内容は時々意味がわからない)。
    不器用さがたまらなく可愛くて、きゅんきゅんした。

    主人公カップル(ゲーヲタ&隠れ腐女子ヲタ)はひたすら可愛いし、宏嵩は中身は全然違うけれど、リヴァイ兵長の弱点をなくしたような感じのビジュアルなのが、たまらなくタイプで好み。
    主人公カップルと同じくらい、先輩カップルのキャラが良い。
    樺倉の見た目、行動共にドSっぽいのに実は優しかったり、威勢のいい花子が時々弱音を吐いているところが可愛らしい。
    早く続きが読みたい!

  • めっちゃわかる!
    これからのご発展を祈って、敢えて本で買いました( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

  • 今まで読むのを避けていたのですが、古本屋で安かったので意を決して購入し、読了しました。

    予想通りです。
    ヲタクスラングが飛び交い、それぞれがヲタクであることを維持しつつイチャイチャする単なるラブコメディでした。予想通りと言う他ありません。

    私もヲタクカルチャーに浸かっていた人間なので理解できます。こういうネタはヲタクの大好物。秋葉原や中野に足繁く通い、盆と大晦日はビックサイトに行くような人間には圧倒的に読みやすく、親しみやすい。まさしく「ヲタクの見たい夢」が描かれているのがこの作品だとも言えます。
    ただ、私から言わせれば、ヲタクに恋が難しい訳が無い。どんだけ同人誌即売会の出会いから恋が芽生えていると思っているんです。はっきり申し上げて、こういうノロケは決して珍しいものではありません。

    お幸せに。

  • 2巻まで。
    OLの成海は腐女子を隠しているが、彼とはうまくいかない。
    そんなある日、会社で幼なじみでゲームオタクの宏高と再会し、オタク同士ならうまくいくかもと付き合うことに。
    会社の先輩で同じオタクカップルたちとワイワイ過ごす日々を描く。

    進んでいくとあんまり隠してないような。
    ハイテンションで騒ぐ彼らがいけてなかったらかなり痛いオタクのような(イケててもあれ?甘い?)。
    腐女子の憧れ、妄想をマンガにした感じ。
    結局リア充じゃーんとなるか、妄想したっていいじゃない、マンガだしとなるか。
    後者でそんなノリが好きな人にはオススメ。

  • 樺倉さんの説明のところにあった
    「こいつらと比べたら俺って全然ヲタクじゃないじゃん」思っているが、全然ヲタク。
    という部分で、激しく共感しました。

    一時のことを思えば、ヲタクに対する偏見も薄まり、あろうことかヲタク=格好良い(おしゃれ、みたいな意味で)と思う風潮もあったりなかったりする中で、多分ですが、生粋のヲタクのひとたちは「俺らをお前らみたいな新参者と一緒にするんじゃねえ!」というヲタクのプライドを持っていると思うんですよね。と同時に、ヲタクとしての劣等感を持っているひとも多いんじゃないかと。
    ああもう、いっそのことヲタクってカミングアウトして楽になりたいよ、と思うひとも相当数いるんじゃないかと。
    そしてこの漫画、その夢を一時でも叶えてくれるステキ漫画でした。

    私も、ヲタ友が欲しいなあ…。と切実に思ってしまいました。
    お風呂上がりの樺倉さんを見て、より切実に思ってしまいました。

  • 隠れ腐女子のOL・成海と、ルックス良し有能だが重度のゲーヲタである宏嵩とのヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。多数の書き下ろしを加えて待望の書籍化。

    とりあえずタイトルは普通に裏切っている。
    お互いに結構なオタク同士ではあるものの、良き友人良き恋人として普通に見守れる恋愛マンガ。恋が難しい…って描写はほとんどない。十分リア充でした。
    でもそれは置いておいても普通に面白かった。
    ところどころ、元ネタがわかるとクスリとくる描写があったり、オタク方面に傾いていれば知っていそうなネタが混ぜてあったり。
    リアルにこんな良き理解者いれば楽しいだろうなぁ。現実にはまず難しそうだが。
    成海と宏嵩カップルと、その同僚である樺倉と小柳カップルがそれぞれに良い味出してて好き。コミケの話とお泊まりの話が愉快だった。

  • 恋愛コメディ?
    恋愛成就するまでの苦難の話かと思いきや、あっさりとくっついた。
    ノリが良くて、明るく楽しいです。
    わからないネタがあると調べたりしちゃう!←オタク気質
    ヒロタカが一途で可愛い。花ちゃんツンデレ可愛い。
    なるの擬態ウケる。樺倉先輩は…特に無し。←酷

  • ラストで宏嵩が笑った・・!
    主要キャラ4人ともみんなかわいい。。
    社会人ヲタ×恋愛モノ。いいなー萌ゆる。
    作者さんが随所で挟んでくるアニメマンガの小ネタも面白い。

  • とても好みだった!
    どっちの組み合わせも可愛い。
    フェアに対するアンフェアアタック強いな(笑)
    2巻が楽しみすぎる。

全137件中 1 - 10件を表示

ヲタクに恋は難しい (1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヲタクに恋は難しい (1)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヲタクに恋は難しい (1)のKindle版

ツイートする