拘束少女絵巻

  • 32人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ポストメディア編集部 
  • 一迅社 (2011年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758012119

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 純一
お仕置きアイテム...
有効な右矢印 無効な右矢印

拘束少女絵巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういったイラスト本は、往々にしてジャケット買いして後悔するのだが、今回も御多分にもれず満足いくものではなかった。拘束されながら笑みを浮かべる?こはいかに。まあPixivで無料で絵が観られる時代、もうちょっと本の質も考えるべきじゃなかろうか。

  • だから緊縛と拘束と拷問は違うんだって.SMじゃなくて美学なの.
    そういうポリシーが感じられないよ,単なる資料としては偏ってるし,方向性が見えないってのはよくない

全2件中 1 - 2件を表示

拘束少女絵巻の作品紹介

テーマは「少女」+「拘束」、そして「着衣」。さまざまな手段で「拘束」され、身動きのできない少女たちから漂う美しさを徹底追及した一冊です。
紹介している拘束方法は、実際に過去使用された拷問具などから各種緊縛、触手などの空想的なものまでさまざま。着衣拘束というシチュエーションが好きな方々にとって必見の一冊です!

[紹介している拘束方法の一例]
手錠/バイオリン/異端者のフォーク/木馬/くすぐり責め/さらし台/拘束衣/水車責め/海老責め/亀甲縛り など

拘束少女絵巻はこんな本です

ツイートする