くすぐり少女絵巻

  • 12人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ポストメディア編集部 
  • 一迅社 (2012年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758012751

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

くすぐり少女絵巻の感想・レビュー・書評

  • くすぐりフェチ向けのイラスト集です。

    「学校のくすぐり」「様々な場所でのくすぐり」「道具&動物のくすぐり」「架空の道具&生物のくすぐり」「おもらしとくすぐり」「股間刺激とくすぐり」という6つのテーマに渡って、30人の絵師たちのイラストを収めています。

    そのうち6枚のイラストは、ジュブナイルポルノ作家のみかづき紅月によるショート・ストーリーに沿ったものになっています。黒教会に勤めて少女たちをMの悦びにめざめさせることを夢見るショタ少年・九村主(くすぐり)クリスが主役の物語です。

    第1話では、クリスが学園で、校長と電話をしている女教師のレイラの乳首をくすぐってイカせてしまいます。第2話では、映画館にデートに出かけたルナの膝裏をくすぐります。第3話は、公家の出身であるにも関わらず遊女なった夕霧を縛って、筆によるくすぐり責めにします。第4話では、ハイレグ・スーツを着た女盗賊の藤見音子を、『ルパン三世』を思わせるくすぐりマシーン「スマイル君」で悶絶させます。第5話では、家に帰ったクリスを迎えてくれた妹の春奈を縛ってしまい、ヒップをこちょこちょしておもらしさせます。そして最終話では、女装させられたクリスが、従兄の獲須神(えすがみ)による魔法で呼び出された触手に全身をまさぐられ、くすぐられながら射精してしまう話です。

    なお、表紙イラストは村上水軍が担当、巻末にはミナカミによるマンガ「しゃっくりで死ぬ前に笑い死んでしまいます」が収録されています。

  • 色々と役に立つわ~
    他のシリーズも欲しい(*pд≦≡≧дq*)

全2件中 1 - 2件を表示

くすぐり少女絵巻はこんな本です

ツイートする