春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 556人登録
  • 4.14評価
    • (52)
    • (37)
    • (27)
    • (4)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 小西明日翔
  • 一迅社 (2016年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758031813

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
なかとかくみこ
有効な右矢印 無効な右矢印

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の感想・レビュー・書評

  • なんかウテナっぽい。
    全然違うけどなんかそんな気がした。

  • 登場人物がみんな闇を抱えていて、ナチュラルに精神を病んでいる。
    その描写がとてもうまいと思います。
    表情とか、なんとも言えない独特な絵柄です。
    面白かったです。

  • うわああ、これは、名作だ。ずっと気になっていてウェブの試し読みとか読んでやっと1巻を読めた。呪い、という題名なのがズシンとくる。

  • 「このマンガがすごい!」で取りあげられていて気になっていたので読んで見る。これはすごい!としか形容できない。(2巻へつづく)

  • 複雑な気持ちになるが、面白い。
    呪いと祝いは紙一重。

  • 暗い話が読みたかったので読んだ。満足。

  • 発売してからというもの、平積みにされてて結構話題になってたよね?
    ゼロサムかー…つって、チラ見しかしてなかったんだけど

    ネカフェで読みたいマンガネタ切れになったんでたまたま見かけて読んでみた
    …ら、すきな漫画でしたwもっとこう、あらすじとかざっと読んだ感じ薄ら寒いくらーい話なのかと思ってたんだけど、確かに薄らさむーい感じ、おまけに薄くらーい感じでもあったんだけど、嫌いじゃない雰囲気でした
    表紙のカラーについてもすきじゃないタイプだったんだけど、中の絵については気にならなかった
    ああ、あえてのなのか?それとも、カラー下手なの??まあどっちでもいいか、クリスマス頃に早くも最終巻である2巻が発売になったのに、まだそっちは読めていない……

  • 題名不似合い、今時ではかなり明るい少女漫画系

  • 死者によって雁字搦めにされているのか、
    生者が怯えのあまり自らを縛っていくのか。
    正しいのはどちらなのだろう。
    その答えは、きっと出ることはない。

  • 愛と罪悪感という名の呪い。
    形を失っても、思いは残る。それが良きにつけ、悪しきにつけ。

  • 夏美にとって世界の全てだった妹、春が死んだ…。
    妹の思い出を辿るため、夏美は「妹と二人で行った場所にわたしを連れて行ってほしい」という条件を付け、妹の婚約者だった冬吾との交際を承諾する。
    愛する妹を奪った男と二人、巡る季節がはじまり…。

    最愛の妹が死んで、その妹の恋人と付き合うことになった。とだけ見るとおいおいと思うんだけど、思ってたようなドロドロ具合とは違う方向に歪んだ話だった。
    夏美と冬吾、残された者同士がお互いに罪悪感を抱きながらも、春の足跡を追っていく。ただ不思議と暗く重くって雰囲気はなく、二人の態度はわりと軽め。ただその裏で結構いろいろ抱えてて、歪なものを感じた。
    特にこの巻の後半はお互いにいっぱいいっぱいな感じがすごい。冬吾が実は夏美の方に好意を持っていたというのはまた重いな…。
    おまけに最後に春のものらしきブログが見つかって、次は春目線なのだろうかと気になる。

  • 帯と後ろ読んで気になって買ってしまった。当たりだった。

  • 80pの台詞がたまらなく好き。
    冬吾のモノローグ、初めて目があった時の感覚が鈍器で殴られた衝撃に似た、性交渉の直後のような、のところ。

  • 亡き妹の婚約者(政略)と現婚約者の姉。んー?姉に惹かれた理由がよくわからん…。もっと病んでて痛い話かと思いきやそーでもなかった…期待しすぎたのかも…

  • 気になっていてようやく購入。
    病により若くして亡くなった妹・春の婚約者とある条件で付き合うことを承諾した姉・夏美。
    妹の存在だけが生きがいだった姉と、意思を持たず生きてきた男。
    序盤は夏美の視点で、中盤で冬吾の視点で物語が進むので、冬吾から見た夏美の性格や考えが明らかになっていくのがより分かる構成。
    シリアスな空気の中、夏美と東吾のボケツッコミが挟まれて面白い。
    第4話の展開は目まぐるしくて目が離せなかった。しかもあんなラストで終わるなんて。春は何を残して死んだのだろう。
    最終巻は秋。おまけでの2人の共通点に笑った。

  • 高校時代に読んだ。商業で完結が見れるとは。この、一見明るくて要領良い子が、実は…っていうヒロイン像とか自意識こじらせてる独白が好きです。基本はしっかり王道少女漫画なのも。
    結局はラブラブだー

  • 声は、想いは、一種の呪いだ

  • 暗い両片思い最高だわ

  • 「妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった」
    夏美にとって春は世界のすべてだった。
    しかし病に侵された春が最期に呼んだのは、自分の名前ではなく、恋人である冬吾の名前。
    複雑な想いを抱えながら、春の想い出を辿るため、夏美は条件付きで冬吾と付き合うことにする――。

    お も し ろ い !
    正直、絵柄はあまり綺麗な方ではないと思うんだけれども、とにかく先を読ませる力がある漫画です。登場人物の心理描写が上手。気づいたら夏美も冬吾も好きになっていて、この二人の行く末が気になってしょうがないという。

    タイトルとあらすじを見ると、ドロドロしてる印象を受けるかもしれないですが、そんなに暗い話ではないと思います。
    ちゃんと笑えるところは笑えるし、思わず吹き出してしまうくらい面白いシーンもあります。
    というか、夏美と冬吾の会話が中々ユーモアがきいてて面白いです。ずっと見ていたいくらい(笑)

    お互い春に対して罪悪感を抱きながらも、惹かれ合っているというこのじれじれ感が良いです。
    夏美は春を失った絶望を抱えながらも、何とか明日を生きていられるのはたぶん冬吾のおかげだし、冬吾は冬吾で「お前サイボーグか」みたいな人なのに、夏美の前では感情的になるのがね、もうね、たまらんわ!(笑)

    なので別れるってなった時は、私の方がショックだったっていう。この二人が一緒に居るところがずっと見たかったんだよ!(涙)
    冬吾さんは「もう二度と会うこともないだろ」とか言ってますが、ぜひ二度以上会って欲しいです。夏美、行動起こそう!
    2巻が超気になります。待ち遠しすぎる。

  • 久しぶりの超大型ヒット!!(個人的に)です。
    pixivで興味を持って買いました。最高でした。
    続きが早く読みたい。
    一巻だけですが、時間もあっさり流れていくのに丁寧に描かれているため(構成がうまいのかな)読みごたえがあります。
    この不思議な関係に、萌え?るのかな・・・。この二人に私がどういう感情をもっているのかうまく言い表せないけど、この二人の関心・感情の惹かれ方というべきか動き方というべきか…にどきどきします。一巻目なのに、最後まで読んだら最初から読むととてもしっくりくるので、やっぱり構成が上手いのかな…読み返してじれじれしながら二巻目を待とうと思います。

    ちなみにpixivで他のものも拝見しましたが、他のも好みだったので、いろいろ出してくださるように応援してます。

  • 妹の死から始まる、妹の婚約者との交際関係。
    突飛な設定だがその中で描かれるキャラクターたちの感情の揺らぎ、歪み、断絶が抜群に上手い。
    大ゴマや見開きなどの効果を多用せずに淡々と紐解かれる感情の現出に幾度もこちらの感情を揺さぶられハッとする。
    上手いし面白いし天才。

  • ただの能天気じゃない夏美に惹かれます。まさに夏の終わりのような女。こんなん書くと性格悪い感じだが春が亡くなって後追いしたくなるくらい追い詰められていたり、罪悪感に押しつぶされそうな時の表情の方が目に焼きついてます

全27件中 1 - 25件を表示

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)はこんなマンガです

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のKindle版

ツイートする