中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク

  • 275人登録
  • 4.36評価
    • (12)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
  • 一迅社 (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758032551

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワークの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中世実在職業解説本。
    ヨーロッパだけかと思ったら、東洋や日本等、
    意外と広範囲の職業が載っていた!
    へ~こんな職業があったんだぁ~!
    ああ確かに、冷凍技術が無い時代に魚を運ぶのって、
    大変・・・コーヒー嗅ぎって何?・・・公人朝夕人もある~等。
    ゲーム的なキャラでおちゃらけた感じとは裏腹に、
    そのデータたるや、重厚・・・厚い・・・文章たっぷり・・・!
    参考文献の項目なぞ、眺めているだけで目薬必須(^^;
    ・・・・でも、農民は載ってないです。

  • 古代、中世、近世あたりの、いまとなっては見ることのない職業をSRPGのジョブっぽく紹介している本。もともとは同人誌として販売していたものを商業出版したものらしい。著者がさまざまな文献を読み漁り、自分なりに消化してまとめたもの。ゲームっぽくスキルやパラメータが設定してあってり、参考文献の紹介や考案したステージなどが前頁フルカラーで紹介されていて、楽しみながら作られたことが伝わってくる。ただちょっと文章のノリがたまに滑ってる感があるのが玉に瑕。

  • 元々は同人誌として発行していたものを、書籍化したもの。
    中世の時代に存在した職業を紹介する本。
    ファンタジーゲームのキャラクター紹介のようなコンセプトで書かれているので、そういうのが好きな人は楽しめる本だと思う。
    しかし、職業の説明が、その職業をわかっている前提で書かれているものもあり、職業の説明よりその時代背景の説明が多く、よくわからないものもある。

  • 岡村君へ貸出中

  • 実際にあった中世の職業を、ゲームっぽくわかりやすく説明してくれる本。
    とにかくボリュームが凄い。吟遊詩人というメジャーな職業から、公人朝夕人というこの本を読まなければ一生知らなかったであろう職業まで、実に様々。
    「死」に関わる職業は低く見られるんだなということを実感した。キリスト教の影響力が半端じゃない。
    ゲームや歴史が好きな人におすすめの一冊。

  • 同人誌版を全部持っているものの、お布施したくて買ってしまった。ちょっと読みやすくなっている気がする。SRPGやジョブ好きにはたまらない一冊!

  • すごいボリュームで、読み終わるの大変だった。タクティクスオウガやFFT好きにオススメ。見てるだけで楽しい本。

全7件中 1 - 7件を表示

グレゴリウス山田の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンジェラ・アッ...
本谷 有希子
ホルヘ・ルイス ...
宮下 奈都
夏目漱石
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワークを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワークを本棚に「積読」で登録しているひと

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワークの作品紹介

本書では、中世ヨーロッパを中心に、かつて実在していた職業が、ゲームのユニット風に紹介されています。紹介されている職業は多岐にわたり、収録数はなんと100職以上!中世を愛する人、そしてファンタジーを愛する全ての人に向けて、伝説の同人誌が甦ります。

ツイートする