月明のクロースター―虚飾の福音 (一迅社文庫 は 1-1)

  • 19人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 萩原麻里
制作 : 美弥月 いつか 
  • 一迅社 (2008年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758040099

月明のクロースター―虚飾の福音 (一迅社文庫 は 1-1)の感想・レビュー・書評

  • 中二病患者なら喜んで読みそうな感じがする本。その場面その場面の書き方が雑と言うか、著者が必死に自分の考えているストーリーを進めているだけで、読んでいるこっちはただ淡々と時が過ぎていくのを眺めているだけの感覚。きっと著者の中ではキャラクターが動いているんだろうけど、こっちにはその動きが伝わってこない。個人的にはあまりおもしろいとは思えない。 最後のオチにはびっくりしたけど、それ以外はヤンデレの怖さを改めて感じられる位か。

  • 表紙を見る限りでは百合で、内心どーなんだろうかと。しかし、萩原さんらしい男女の恋愛要素が含まれた内容で良かったです。最後に明かされる、主人公達の正体にイロイロと驚きです。

全2件中 1 - 2件を表示

月明のクロースター―虚飾の福音 (一迅社文庫 は 1-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月明のクロースター―虚飾の福音 (一迅社文庫 は 1-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月明のクロースター―虚飾の福音 (一迅社文庫 は 1-1)はこんな本です

ツイートする