少年巫子姫と龍の守り人 (一迅社文庫アイリス か 1-2)

  • 21人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 華藤えれな
制作 : 桜 キリ 
  • 一迅社 (2009年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758041072

少年巫子姫と龍の守り人 (一迅社文庫アイリス か 1-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恋愛描写はないけれどお互いを必要としていく、その過程がせつない作品。BL作家だからしかたないかもしれないけれど主人公の少年は女の子の方がよかったな。

  • 2009年12月11日読了♪

全2件中 1 - 2件を表示

華藤えれなの作品

少年巫子姫と龍の守り人 (一迅社文庫アイリス か 1-2)の作品紹介

「身代わりとして巫子姫になってください」時は大正時代。忌むべき者として孤島の牢獄に閉じ込められていた少年・依月のもとに、ある日帝都から使者が来る。その黒ずくめの凛々しい青年は、八神家の『巫子姫』に仕える守り人・九鬼龍牙。彼は、妖魔に襲われ意識がない依月の双子の姉・美月姫の身代わりになってほしいと告げる。自分を救い出し必要としてくれる九鬼を信じて、依月は巫子姫の身代わりとなる決意をするが-。

少年巫子姫と龍の守り人 (一迅社文庫アイリス か 1-2)はこんな本です

ツイートする