ローデンシュアの魔女~ハロウィンの夜に魔法のキスを~ (一迅社文庫アイリス)

  • 51人登録
  • 3.81評価
    • (7)
    • (6)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 神尾アルミ
制作 : 黒裄 
  • 一迅社 (2010年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758041713

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ローデンシュアの魔女~ハロウィンの夜に魔法のキスを~ (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

  • 表紙絵に一目惚れしての購入となります。

    一迅社乙女系レーベルでの本作、
    喧嘩対象としか認識していない男友達と、王子のような容姿で怪しい男の子。
    至極王道仕立てのストーリーながら、薄っぺらく思わせないのはしっかりした内面描写が説得力を持たせているためでしょう。

    「もう一度、貴方に恋をするわ」

    主人公の強い意志と、最後の綺麗な〆が印象的でした。
    乙女レーベルにふさわしい、恋をさせる作品だったと思います。

  • 私の大好きな物書きさんが勧めていらしたこの本。

    私の好みに大ヒット!な一冊でした。
    爽やかなガール・ミーツ・ボーイ物…?

    賑やかで楽しくて、でも切なくて、久々にとても瑞々しい感覚を覚えましたv
    特に最後の数ページ!
    思わずぶわっと涙が溢れてきて、胸がキュンキュン。

    …この作品、色んな伏線が解決されてないような気がするんですよね……というわけで、その辺りと、もちろん主人公リジィと彼の今後も気になるので、続編希望!です^^

  • あとから、おもしろくなってくる。海外ドラマっぽいかな?

  • “悪態をついて、降参だというようにフレッドは両手を上げた。
    だれに言われずとも、元凶が自分にあることはフレッド自身が一番よく分かっていた。が、状況をどう改善すればいいかはとんと検討がつかない。
    普通の人間にフレッドの姿は見えないし、そもそもこの屋敷の敷地から出ることさえ叶わない身でどうやって手を貸してやればいいというのか。
    もし自分が生きているときだったら、そしたら、こんなつまらない噂はすぐに吹き飛ばしてやれるのに。
    とうてい意味のない可能性を考えるくらいには、フレッドは途方に暮れていた。
    だからほかの幽霊たちが自室に引っ込んだあとも、彼は長いこと一人で廊下をうろついていた。
    日が沈んで、しばらく経ったころだ。そろそろ部屋へ戻ろうと踵を返したとき、部屋の中からなにか声が聞こえてきた。引き寄せられるようにして、彼はリジィのベッドの横に歩み寄る。少女はすっぽり頭まで毛布にくるまれていた。端からはみ出したわずかな赤いくせっ毛が目につく。
    「……おばあちゃん……いかないで」
    かすれた声は涙に濡れていた。
    言葉にできない焦燥感に襲われて、フレッドは理性が止める間もなく薄い布団を性急に、だが静かにめくった。こちらに背を向けた少女の小さな肩に、鮮やかな赤毛が流れていた。
    「いかないで……」
    かたく閉じられたまぶたの向こうで、澄みわたったスカイブルーの瞳が泣いている。頬をこぼれ落ちた涙をぬぐってやろうしたフレッドの指先は、雫を素通りしてシーツに触れた。
    「馬鹿か、俺は」
    触れないと、このまえ思い知ったはずなのに。
    目にかかった前髪を払ってやることさえ、素手では叶わない。
    心に吹いた冷たい風を追い払おうとでもいうように、彼は毛布で乱暴に少女の涙をぬぐった。
    「どうすりゃいいんだ……」
    今まで、おそらく死ぬまでだって、泣いている女の子をどうにかしてやりたいなど、フレッドは考えたことさえなかったのだ。”

    祖母が亡くなり、魔力が不安定な状態にある魔女、リジィは相続した『幽霊屋敷』に越してくる。
    そこにいたのは、六人の幽霊。
    赤毛のルイ。皮肉屋のオスカー。幼い少年のエリオット。不機嫌なスーザン。五月蝿いのが嫌いなクライヴ。そして、記憶喪失のフレッド。
    新しい住人を歓迎しない幽霊もいるこの屋敷、この人間界で、魔力をうまく扱えないリジィはうまくやっていけるのか。
    そして、彼女は誰に恋をしているのか。

    結構楽しい。
    引越し作業だけでも大変なのに、その上まだ人間界の学校にまで。
    幽霊たちと打ち解けていくところとか。リジィとフレッドの素直じゃないやり取りとか。
    このエンドは、ハッピーエンドだけど、でもやっぱちょっと切ない。
    続編とかでないかな。赤毛さんの父親フラグが回収されてない。これ、わざと?

    “「ちょっと、待っ……!」
    言いながら、細い手首を引き寄せる。思わずつかんでしまった手にフレデリックは自分で驚いた。初対面の女の子にこんな強引な声のかけ方、今までしたことはなかったはずだ。
    呼び止められた少女はびっくりして大きく目を見開いていた。連れの女の子も不審そうに眉を寄せている。慌ててつかんだ手を離した。
    「あ、悪い。違うんだ。驚かせるつもりじゃなくて……」
    「なあに?」
    赤毛の少女はふっと微笑んで首をかしげる。つられて長い三つ編みが肩に垂れた。
    なに、と訊かれても、答えようがない。後ろでローランドがにやにやしているのがわかる。これからサッカーの練習に行く予定なのだ。
    あ、とフレデリックは声を上げた。
    「サッカーを」
    「サッカー?」
    「サッカー、一緒にやらないか?そっちの娘も一緒に」
    ローランドが笑っている。最低限の気遣いをみせて声こそ押し殺していたが、腹を抱えて苦しそうにしているのが分かっ... 続きを読む

全5件中 1 - 5件を表示

ローデンシュアの魔女~ハロウィンの夜に魔法のキスを~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローデンシュアの魔女~ハロウィンの夜に魔法のキスを~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローデンシュアの魔女~ハロウィンの夜に魔法のキスを~ (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

15歳の魔女・リジィが相続し、ひとり引っ越してきたのは、ローデンシュア六番地にある、荒れ果てたお屋敷。そこには、魔力と結界に囚われて出られない幽霊たちと、危険で不思議な魔導具の数々、さらには悪魔まで棲んでいて…!?記憶を失くした少年の幽霊・フレッド、そして理想の男の子・アランとの出会いが、小さな魔女の恋と幽霊たちの運命を動かしていく-。神尾アルミが放つ、恋愛魔法ファンタジー。

ローデンシュアの魔女~ハロウィンの夜に魔法のキスを~ (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

ツイートする