Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)

  • 51人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 神尾丈治
制作 : 2-G 
  • 一迅社 (2010年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758041799

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神尾丈治のオリジナル作品デビュー作(多分)。表紙の携帯電話が擬人化した女の子に萌えられるかどうかが、この本を楽しめるかの分かれ目だと思う。私はあざとく感じられて駄目だった。

  • 9784758041799 254p 2010・10・1 初版

  • 18禁ゲームの世界観らしいけど、中途半端

  • はい,そんなわけで読みましたよ.

    第2世代の携帯電話を5年間使い続けバッテリーが一日保たず,

    携帯会社からは機種変しろと催促されてた主人公,九郎君が

    新しい携帯電話を買いに販売店を訪れまして

    悩んだ挙句に店員に進められた「スペシャルなケータイ」にすることに.

    引き取りに行ったらば純白のウェディングドレスを着た見知らぬ少女が居て

    彼女がスペシャルな最新機種の携帯電話なのだという.

    そんなこんなで九郎と携帯電話べるのの生活が始まるわけです.

    なんだかんだしていると機種変して分かれた以前の携帯も擬人化してきて….

    という話.


    Life Like ! ってゲームにフィーチャーした話だとか.

    というか,携帯電話の擬人化とかまさにアレですよね.

    「リングディンドンリングディンディンドン♪」

    「あ,私彼の携帯です」

    「何故私が貴様の携帯なのだ….解せぬ.」

    それなりに面白かったよ.

  • ケータイの擬人化
    どこかで聞いたことのある話に、作中に聞いたことのあるキャラクターが一人・・・
    もしやと思い、先にあとがきを見ると、やっぱり解答がありました(笑)

    世界観としては、HOOKSOFTのLike Lifeが用いられていますので、2巻以降書かれるのであれば、同社のFairlyLifeも用いてもらえると、ファンとしては嬉しい限りです。

    さて、長年使っていたケータイを交換しようと携帯ショップへやってきた主人公・赤井九郎。
    とは言え、今まで使ってきたのは5年も使ってきただけに、今の最新機種には、どれもしっくり来るのが無い。
    そこで店員に「スペシャルでデラックスなケータイ、ただ、ちょっとだけヤンチャな子」と進められたケータイ。
    受け取りに契約式(と言うより、ほとんど結婚式)へと赴いた九郎の前に現れたウエディングドレス姿の美少女、べるの。

    女の子だけれどもケータイ

    そんな理不尽から始まる物語。

    べるの自身は携帯としては最新型。
    でも、心はまだまだ子供でしかない女の子。

    世界観を知っているだけに、他の家電も擬人化するのではないかと読み進めていると、前の携帯も擬人化(なごみと言います)してしまいました。

    なごみも含めた生活の中で芽生える、「九郎の役に立ちたい」というべるのの思いは、不器用な九郎との間ですれ違いを生じ、ほんの些細なことで大きくなり、そして些細なことで収束していきます。
    この辺りは、「あぁ、ギャルゲーの主人公だ」と思ってしまいますね。

    しかし世界観を同じくするFairlyLifeが2008年、Like Lifeが2004年(ともにPC初版発売年、後にコンシュマー化)ですので、現実に即しても、携帯の機能は留まるところを知りません。
    最新機種のべるのだけにメールにネットに音楽、ワンセグにカメラetcを搭載。
    でも、所有者(九郎)には仕えない(べるのが読み上げるだけ)のが、お約束♪

全5件中 1 - 5件を表示

神尾丈治の作品

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)の作品紹介

俺とあいつの馴れ初め?なにその結婚式の仲人が得意げに披露するふたりのエピソードみたいな辱め!?ええと、そうだな…あれは、俺が新しいケータイを買いにケータイショップへ行ったときのことだ。どれにしようか迷っていたら、頭にアンテナみたいなのを付けている変なコスプレちびっこ店員がいてな、『スペシャルでデラックスなケータイ』というのを勧めてきたんだ。そしたらなぜか教会で、ウェディングドレスを着た正体不明の女が現れて…。

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)はこんな本です

Re:俺のケータイなんてかわいくない! (一迅社文庫)のKindle版

ツイートする