東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (一迅社文庫アイリス)

  • 21人登録
  • 2.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 矢吹ましろ
制作 : オサム 
  • 一迅社 (2010年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758041867

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すみません、ゲームやっていないので・・・。

  • ノベライズ化、という事で、何か元ネタがあるようですが
    そちらを知っている人にはものすごく楽しめる仕様かと。
    知らない人は…それなりに?

    元ネタがあって、それを本にしているわけですから
    当然登場人物が多い。
    もしかしたら本体(?)はさらに多いのかもしれませんが。
    人と、その繋がりを把握するには、ちょっと多いです。
    おかげで、物語はあまり…。
    とりあえず、札を探しているのは分かりました。

    で、最後の最後に持って行かれた札ですが
    悪影響がある前に回収できたのでしょうか?

  • 見えざるものを見る〈秘宝眼〉を持ち、不思議な力が宿るカード“カミフダ”を封印する〈封殺師〉となった武藤いちる。
    同期の七代や雉明に出遅れて、未だ半人前の彼女に舞い込んだ初任務!
    それは七代が派遣されている新宿で妙な動きがあり、それを排除するというもの‐
    初任務であり友人の七代をサポートする仕事に張り切るいちるだが…新宿に着いた途端に事件に巻き込まれてしまい‐

    特に謎らしい謎もなく(それが主題であろう)キャラクター(あと猫)ノベルでした‐

    いちるにいたっては方向音痴でウロウロしているだけな印象
    むしろ盗賊団の方が目立ってたような?
    キャラでは私のお気に♪なくふふ□とみかみゅんがいなくて残念だったけど…カルさんのあの妙なテンションと、ミギーが期待通りの変わらぬ不憫眼鏡っぷりの発揮に
    軽く読めて良かったョ!

全4件中 1 - 4件を表示

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

"秘法眼"と呼ばれる、見えざるものを見る力を持ち、不思議な力の宿るカード-カミフダを封印する"封札師"となった少女・武藤いちる。所属する組織・OXASの任務によってひとり新宿に赴いたいちるは、カミフダの中でも強大な力が宿る"呪言花札"を巡る事件に巻き込まれていく-。大人気學園ジュブナイルADV+RPG『東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚』を完全オリジナルストーリーでノベライズ。

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

ツイートする