この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)

  • 57人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (9)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 川口士
制作 : 鈴木屋16号店 
  • 一迅社 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758042994

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同作者の「ステレオタイプ・パワープレイ」を加筆・修正したリメイク作品。
    元になったステレオタイプ・パワープレイはなかなか好きなライトノベルのひとつだった。
    この1巻を読んだ限りでは、どのあたりが加筆され、修正されたのかよくわからない。というか、正直あんまり細かい部分は覚えてない。
    とりあえず、イラストが一新されている。
    物語の内容的には、
    ・小学生のころ、異世界に召喚され、勇者としてその世界を救った
    ・中学生のころ、銀河帝国の皇女を守るため、宇宙海賊と戦った
    ・去年、地球を守るためにアンドロイドの少女と共に秘密結社を倒した
    そんな主人公、石川涼の元に、転校生の少女が訪れる。
    「世界を守るために力を貸してください」
    平和に暮らしたい涼だったが、頼まれると嫌とは言えない性格だったりする。
    少女の頼みに応えようと決意したそのとき、涼の元に次々と少女達が現れて・・・。
    「勇者様!世界の危機です!お助けください!」
    「石川君、秘密結社の生き残りが活動を始めました」
    「リョウ。宇宙海賊が復活した。お主の力を借りたい」
    地球と宇宙とついでに異世界のピンチを同時に告げられ、救いを求められる主人公。
    どうするの?というような具合のお話。
    いわゆる「強くてニューゲーム」なお話に近いんだけど、この主人公は少し代わっていて、本人の戦闘能力は決して高くは無い。
    ただ、勇者としての才能というか、救世主としての素質が突出して高く「伝説級の武具」や「魔導の力」を操ることができる。
    端的に言うと、肉体的な能力は一般人と変わらないが、強力なアイテムを使いこなすことができ、高い洞察力と判断力で状況に対応することができるキャラクターになっている。
    よくいる、状況に流されて不思議な力で戦うだけの主人公とはそこがちょっと違う。
    どちらかというと知性派で理性派。
    そこが非常に面白いし、好みにストライクな主人公だったりする。
    異世界の伝説級の武具、地球の魔道書、宇宙の超兵器などを駆使し、力ずくでばっさりと難事を解決していく主人公の痛快活劇が実に楽しい。
    原作であるステレオタイプ・パワープレイという表題は実に的を射ているし、同タイトルの煽りとして使われた「石川涼の擦り切れるほどのパワープレイ」という文章は秀逸だと思う。
    川口士の描く主人公は強くて魅力的。文章レベルも高く、物語が普通に面白い。
    安心して読める好きな作家の一人ではあるんだけど、ひとつだけ、少しだけ残念な点があったりする。
    ラノベ的には、少女キャラがいまいち可愛くないんだよね。
    魅力はある。魅力はあるんだけど、いかにもラノベ的な甘ったるさはない。
    それが長所ではあるんだけど、時々物足りなく感じるのも事実だったりする。

  • えーと,なんていうか
    「俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?」
    に近い雰囲気の話.

    異世界で魔王軍と戦ったり
    宇宙の彼方で宇宙海賊と戦ったり
    世界征服を企む悪の秘密結社と戦ったり.

    一般人代表の幼馴染ちゃんがびみょ~.

    川口士さんは異世界召喚モノよりも
    最初から最後までファンタジーなのが良いなと思いました.

  • 多種類SFの混ぜ合わせ。
    結構薄っぺらい。
    けど、まぁ読める。
    各キャラの魅力も、あまり引き出せていない感じ。
    オススメではないけど、他に読むものがなければ、読んでみてもいいかも。

    数巻を一巻にまとめてしまった方が楽しめるのでは?と思った。
    作者に対しては失礼かもしれないが、率直な感想。

  • 勇者で救世主でモテモテ。お約束もここまで徹底すると新鮮。

全4件中 1 - 4件を表示

川口士の作品

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)の作品紹介

ある日突然、俺の家に異世界の巫女やらお姫様やら魔法使いやらが押しかけてきた…。日本でごく平凡な生活を営む16歳の高校生、石川涼には秘密があった。それは、生まれついて非凡な超常的な能力、勇者の素質などを持ち合わせ、幼少の頃から頻繁に異世界に召還されてはその危機を救ってきたのだ。しかし、今度は全員一度にどの娘も自分の世界を急いで助けてほしいと言いだして、しかも運悪く幼なじみのお隣さん、佐賀夢乃にこの秘密がバレてしまい自分も付いていくと言いだして…俺はどうすればいいんだ。異世界の危機てんこ盛り、川口士の伝説のデビュー作、ここに復活。

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)はこんな本です

ツイートする