俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)

  • 98人登録
  • 3.71評価
    • (7)
    • (12)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 七月隆文
制作 : 閏 月戈 
  • 一迅社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043182

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • てらハーレム。
    庶民、爆発しろw

  • テレビアニメ化したので原作小説を先に読んでみようと思った。
    1巻をざっと読んだ限り、4コマ漫画を読むような感覚で読めるお手軽ラノベだと思う。
    ただ、センス的にはあまりあわない。
    ギャグや突っ込みは寒いし、キャラもイベントもどこかで見たようなものばかりで目新しさはない。
    ただ、飛ばし読みでも問題ないし、たまーにくすっと笑えるシーンが混ざったりもする。
    2巻の途中で面倒くさくなったので、コミック版を流し読みしてみる。
    コミック版も絵とかイマイチで色々とアレだが、さらに読み飛ばしやすくてお手軽に。
    7巻までずばずば読み飛ばしながら眺める。
    内容的にはイマイチなんだけど、なんだかんだで主人公の過去の秘密とか、クラスメイト女子とか、メイドとかの伏線が気になったんで、原作の方も読み飛ばしながらチェックしようかなぁ、なんて思った。

    このあたりの、主人公やその他の登場人物に秘密があるように匂わせつつ、先の巻まで延々ひっぱるってのも、この手のラノベではお約束すぎる。
    「お兄ちゃんだけど愛さえあれば・・」とかあの辺もおんなじことしてたし。
    てか、このタイプのラノベで個人的に一番好きな「俺の妹がこんなに可愛いはずがない」でも、桐乃の秘密は延々引っ張ってたなぁ。

    要するに、この作品も超ステレオタイプなテンプレ萌えラノベってこと。
    センスは合わないが、評価できる点は・・手軽さ?

  • 白亜の回かと思ってたらそんなこと・・ 九条さんヒロインやったか・・ 公人との関係にもそれなりに関わっているのかな?朝の一言にそんな意味があったなんて・・
     逆に、可憐の出番が少なめなので少し残念。今回はどちらかと言えば麗子と愛佳の仲直りと、友情の確かめみたいなもんでした。次回は、可憐を・・いや、九条さんでも構いませんがw

  • わりとよくある感じのハーレム物ですが、普通に楽しく読めます。大きな動きとか大層な目的とか無いところが軽くて読み易い。

  • 構成的には、一つのエピソードを短く区切ったり、短いエピソード入れたりで長さを統一しているのは興味深かったです。フォント遊びが多すぎて、逆に興ざめしてしまうところはありました。その分、挿絵で遊んでいるところはなかなか面白いというか、このレーベルならではかなぁ、と感じました。ネタのチョイスは、某巨大掲示板的なチョイスだなぁ、と思ったりしましたが、ゆるゆりネタの本気さが面白かったです。ラストの展開は、あれを明かされると同じ言葉でも違う意味に感じられてしまい、見事。続きが一気に楽しみになりました。

  • 白亜かわいいよ白亜。お嬢様学校でゆるゆり大事件! ツンピュア愛佳が愉快ですね。イラストもテキストも安心のクオリティーです。次巻も期待。

全6件中 1 - 6件を表示

七月隆文の作品

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)の作品紹介

お嬢様にモテモテ生活&庶民部の活動はさらに加速。ツンピュア愛佳の次なるぼっち脱出作戦、白亜と過ごす何気ない休日、麗子の女子会、可憐さんの太ももなどなど、全26話+α、ノンストップ&おまけページも充実でおおくりする超人気ハートフル学園ラブコメ第2弾。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件2 (一迅社文庫)のKindle版

ツイートする