新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)

  • 18人登録
  • 2.89評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 宮瀬ユウ
制作 : 石川 沙絵 
  • 一迅社 (2012年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043526

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

  • メイン二人の性格がとても可愛いので、ストーリ全体もとても可愛い。

  • イラストとあらすじに惹かれて購入。
    政略結婚でしたが、優しい王子様という評判に夢見ていたリリアーヌは、結婚式直前に、魔法が使えないという理由でいきなり豹変したユーリにビックリ。でもそれには理由があって・・・。

    ということで、サブタイトルから表紙の猫=王子様なんだろうなって予想が付き、意外と予想通りに話が進みました。最初は反目していてリリアーヌとユーリがだんだん惹かれていっているのもよかったです。

    ただ、魔法使いのバティストは腕輪を壊す呪文を唱えていたり、でもリリアーヌと結婚しようとリリアーヌの母のところにいったりと、いったい何がしたかったのか?と、バティストの意図がいまいちよく分からなかったです。

  • 可もなく、不可もなく『普通』という感じ・・・かな?
    甘いお菓子の名前は描写が出てくるので読んでいるとリリアーヌ(主人公)じゃないけれどお腹が空いてきます(笑)
    天邪鬼な王子様の言動が天邪鬼すぎてたまに分からない時があったり。その王子様のライバルにあたるバティストの意図がちょっとよく分からなかったりもしましたが(笑)
    ちょっと惜しい作品な感じでした。

  • 正直に言うと、いまいちでありました・・・
    標準以上にはなってると思うんですけど、前作が結構好きだったもので、自分の中のハードルが結構上がっちゃってたみたいです。読み終わった後に「うーん・・・」てなっちゃった。やっぱりデビュー後二作目って慎重に臨まないとだめだな・・・
    でも私が勝手に期待しすぎてただけで、それなりには面白かったと思います。少なくとも次はもう買わないとはなりませんでした。次回を読んでみてかなーと。

全4件中 1 - 4件を表示

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)を本棚に登録しているひと

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

魔法公国の末姫・リリアーヌの結婚相手は、"世界一優しい"と評判のユーリ王子。噂通りのユーリにときめくリリアーヌだけれど、彼女が魔法を使えないとわかると王子は豹変!リリアーヌをポンコツとなじり、誓いのキスもふりで済ませてきた!そんなユーリは秘密があるようだけれど、分かり合う間もなく、王子付きの魔法使い・バティストに「僕の子どもを産んで」と迫られて…。早くも離縁の危機迫る!?政略結婚×ラブファンタジー。

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

新婚魔女姫の初恋 猫王子にあまのじゃくなキスを (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする