海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)

  • 47人登録
  • 4.10評価
    • (9)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 梨沙
制作 : 凪 かすみ 
  • 一迅社 (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758043847

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 包囲された革命軍の運命は?
    エダと、ライ兄さまが敵どうしという状況から抜け出す巻です
    ライ兄さまは、エダが婚約したと、拗ねまくり状態ながらも、やっと自分の立場に気がついてくれまス。(やれやれ。)
    狐狸の中年連中は何を考えているのか?
    ライ兄を煽る煽る素晴らしく腹黒い役をしてくれたアナシスの天然に拍手

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2617.html

  • あと少しで終わってしまうのは悲しいですが、残りの話を存分に楽しみたいと思います。甘々な展開(エダ&ライ兄の)があるといいなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

梨沙の作品

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

海上の訓練校で、勝利を導く女神"ミスティア"を務めるエダ。英雄の血を継ぐ彼女は革命軍の象徴となり、海軍少尉となった恋人のライハルトと戦うことになった。海軍と陸軍によって封鎖された町で食料庫が炎上し、革命軍は追い詰められていく。状況を打開するためロウェンは単身で砲艦に潜入する計画を立てるのだが-。女神と彼女を守る5人の騎士たちを待ち受けるものとは!?海を駆け歴史を変える乙女の物語、緊迫の第11弾。

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする