にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)

  • 52人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (9)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 雨川恵
制作 : すがはら 竜 
  • 一迅社 (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758044493

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 互いに面倒くさい性格をしていて、そのせいで恋愛が上手くいってないのですが、お互いを想い合う気持ちが伝わってくるので可愛らしい。
    綺麗に纏まっていて読みやすいので楽しく読めました。

  • 少女ラノベの王道って感じでよかったと思う。
    小中学生向けかなー。

  • 母親が寵妃となったおかげで、血も繋がっていないのに
    公主という座に座っている少女。
    何をしても不器用な彼女には、これまた血の繋がらない
    優しい兄が。

    ある日ある時正妃の結婚話に頷いたら
    優しい兄は豹変しました。
    王道な状態です。
    そして母親…最後まで母親でした。
    肝っ玉母ちゃん?
    場所が場所だけに、どちらがどうなのか…さっぱりでしたが。
    そして苦労人傍従臣(笑)

    本能のままに突っ込んで、後で項垂れる兄も面白いですが
    その後の開きなおったというか、達観してるというか
    ありとあらゆる事をしてしまってる具合に拍手を送りたいw
    最後の言い合い合戦(?)には、にやにやが止まりませんでしたが。

  • 天黎の性格が際立ってるけど、あえて自覚してなかったとはいえ淑蓉の執着具合も盲目的というか、充分度を越してるような気が・・・お互いにお互い以外、目に入らなすぎ。正反対だけど、これもいわゆる似た者カップルなのか?

    うーん、しかし、これは解決になっているのかわからない。ハッピーエンドだとは思うけど、結局ヒロインって、何か自分の自信になるものを手に入れたの?お兄様に自分を認めてもらえたって、それだけかい?何か自分を見つけようと一生懸命になってた割には、お兄様の懐に転がり込んで満足してるように見えたんだが・・・まあ何に価値を見出すかは人それぞれだから、それがヒロインの幸福なら別に口出しすることはないけど。ちょっと物足りない気持ちにはなるかな。お兄様の心一つが手に入ればそれでいいっていう盲目の恋心ゆえなのだろうか?それならそれで納得。控えめで謙虚で、素直ないい子に見えるけど、この娘もどことなく危ういよ。

  • 角川ビーズログ文庫の作家さんの雨川恵様です。

    すぐに人を信じ、物事のいい面を見ようとする、淑蓉は、かれの態度の変化に戸惑い傷つきながら、隠された彼の一面を知り、もっと深く人をしりたいと思うようになるというお話。

    彼女の前で、猫が剥げ、拉致って反省しきりで、ここは、彼視点で読みたいところだが…
    弘瑜から見た天黎はまったく違う人物で、どれだけ彼女に甘い人物だったのか、人によって物の見方が変わるという側面が”弘瑜から見た天黎”という形で書かれることでよりわかりやすく、成功していると感じる。
    でも、やっぱりもっと彼の登場は欲しい。

    まだまだ知らない彼の側面に驚く彼女が読みたいナ
    続刊プリーズ!と叫べば出ると期待。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3088.html

  • 面白かった!主人公の女の子よりも、そのまわりの男子組が楽しかったタイプのお話だ。主従であったり兄弟だったりキャラ同士の関係性もとてもおいしい雰囲気だったのでぜひとも彼らが活躍するお話も読みたいところ。

  • あらすじ買いですが、当たりでした。

    国王の寵姫の連れ子として王宮に住まう淑蓉とそんな淑蓉を可愛がる王子の天黎ですが、淑蓉に縁談の話が出てきたことで天黎の態度が一変。っていうか、淑蓉に見せていた顔がニセモノで、本来の天黎はあんな感じなんですね。やさしい兄を演じきっていた天黎も悪いと思いますけど。

    近親相姦ものはちょっと拒否反応が出るので、兄妹とはいえ、全く血がつながらないっていう設定に安心して読めました。ただ、淑蓉のだめっぷりはそうとうなもので、もうちょっとマシでもよかったんじゃないかなって思いました。

    二人の周りの人間も癖はあるけど優しい人たちばかりで、ちょっと影が薄かった兄王子メインの話とか、弘瑜の話とか読んでみたいと思いました。

  • 国主の寵妃を母に持つ淑蓉。けれど淑蓉自身は王族の血を持たず、宮中でも「なりそこない公主」と噂され、自分の居場所を見つけらずにいた。そんな淑蓉が心を許せるのは第2皇子の天黎だけ。天黎は淑蓉に本当の妹に接するかのように優しく慈しんでくれるから・・・。けれどそんなある日、淑蓉のもとに思いがけない縁談が飛び込んできて、それを知った天黎が激怒し、優しかった態度が急変して・・・。

    すれ違いラブです。
    ビーンズ文庫でよくお見かけした雨川さんの新刊ということで楽しみにしていました。期待通り面白かったです。
    幼い頃から好きだった淑蓉が自分の気持ちにまったく気づかず、他の男との縁談を決意したことをきっかけに天黎がブチ切れて、独占欲を思いっきり発揮する、という話(笑)実際には気づいていなかっただけで淑蓉自身も天黎がずっと好きだったわけですが、上手いこと兄を演じきっていた天黎も悪いと思うよwwでもずっと好きだったんだから、何十年も我慢した理性にはあっぱれって感じですが(笑)
    本性を見せてからの天黎の独占欲に前半の爽やかさとのギャップを感じてキュンキュンしつつ、その彼に上手い具合にツッコミを入れる侍臣の弘瑜のキャラクターも良かったです。絵師のすがはらさんの描く淑蓉も可愛かった。

  • 可愛い謙虚な義理の公主と第二皇子のお話。独占欲は素敵でした。
    可愛いんですが、もう少し積極的に動く公主ならもっと楽しく読めたかな。

  • 国主の寵姫となった母の連れ子として後宮に住まう事になったヒロインと、そんなヒロインに優しい兄として接してくれる第二皇子とのすれ違いラブストーリーです。

    タイトルから想像出来るように、実は幼い時から淑蓉の事が好きだった天黎が、彼女に上がった縁談話にぶちっとキレて独占欲の塊だった本性を現します(笑)。
    まさか話の半分が、淑蓉が天黎の屋敷に閉じ込められる監禁話だとは予想してなかったので驚きました!
    といっても、屋敷内は一部を除き自由に歩き回れる事も出来、酷い事はされません。

    一冊読み切りとしてもまとまっていたので続編はないのかもしれませんが、出来ればシリーズとして今度は真面目な兄の士傑か従臣の弘瑜がヒーローのお話が読んでみたいです♪(*^^*)
    ヒロインの周りの登場人物達も良い人ばかりで安心して読む事が出来ました。期待通りの面白い作品でした。

全12件中 1 - 10件を表示

雨川恵の作品

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)を本棚に登録しているひと

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする