トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)

  • 26人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 如月ゆすら
制作 : 松本 テマリ 
  • 一迅社 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758045018

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 拾うものすべてが希少物、という特技を持つ少女と
    彼女に拾われた青年が、住み慣れた家から旅立つ話。

    おばあさんから貰った鞄も、出てくるものも便利1択。
    主人公の特技の説明が先になければ
    完全なるご都合主義です。
    困る事はほぼなし、厄介事も簡単に解決。
    はらはらもないので、のんびりと読み進められます。
    しいて言えば、次どういう手段を使う? と
    気になるぐらい、でしょうか。

    青年に対しての謎が、全編通してヒントだらけ。
    最初でかなり大きなヒントがでてきますが
    最後には完全に…。
    そのうち、一応説明でてくるのでしょうか?

  • 女の子のお使いRPGみたいな内容。

    お婆さんが亡くなり、旅にでる。
    商人になりたいけど、お金足りない。冒険者になって稼ごう。そういう話。

    主人公のフィーは、レアアイテムを拾う体質。
    そんなフィーを守るのは幼い頃に拾った男の子アシュレイ。チート。

    んー全体的に都合が良すぎる?
    主人公が愛され系なのはいいんだけど、いい子というか無味というか。アシュレイが苦労する感じ?
    アシュレイもまた淡々としてるから、全体的に薄味な気が。

    王道で、さらりと読めるのが好きな人にはピッタリかと。私には物足りない感じでした。

  • ある意味天然ヒロインと、気苦労ヒーロー。
    でも、小説とイラストがまるで合っていない気がした。テマリさんのイラストは好きなんだけど、コレジャナイ感がすごいな、って感じ。特にアシュレイ。文章からのイメージと、イラストの雰囲気が全然違う。どっちが悪いというわけでもなく、相性が悪いのかしら……?

  • ものすごく読みやすかった。ヒロインちゃんの特異体質羨ましい!RPGのような世界では強力なものだよ、レアもの収集体質(笑)こんなメンバーがパーティに一人いたら旅も楽だろうな、って思うわ(笑)あの家一軒分ぐらいの荷物なら入る異次元鞄も羨ましい!鞄に手を突っ込んで思い浮かべるだけで、手につかめるなんて!家にある大量の本を抱える読書好きには夢のようなアイテムだろうな。これって続き出ないのかしら?

  • 歩けばレア物を拾う特異体質のフィアレット(フィー)
    育てのお婆さんが亡くなったことで、彼女は見聞を広めるために街に行き、商人になろうと考えたが…
    とりあえず、冒険ギルドに加入。

    レベルMaxな男子と、アイテム拾いの運Maxのフィーというレベルの高過ぎるパーティー
    最強すぎる彼らが、普通に暮らすのは、難易度Max
    アシュレイの気苦労が絶えなくて笑った。
    続刊があれば読みたい
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3439.html

全5件中 1 - 5件を表示

如月ゆすらの作品

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に登録しているひと

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

トラブル・ドロップ!~男の子、拾いました~ (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする