壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)

  • 59人登録
  • 3.58評価
    • (4)
    • (6)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 伊月十和
制作 : Ciel 
  • 一迅社 (2013年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758045056

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヴィンセントが極端すぎて笑える内容に。
    フィーリアがさらりとかわしているので明るいギャグタッチになっていて、楽しく読めます。

  • デビュー作?まずまず面白かったです。ヒロイン、フィーリアの言動がもう少し大人びているか、賢そうだったらもっと好感もてた気もしますが、15歳という設定ならこんなものかな。相手約ヴィンセントのツンデレぶりも、もっと度を越しても可。次巻も読んでみよう。

  • ツンデレヒーロー。ただし、デレはそんなに甘くないけどヒロイン以外にはダダ漏れです(笑)この粘着系ヒーローの凄いとこはヒロインのためなら兄王子の宮殿を破壊してもいいんじゃね?と思うところ(笑) ヒロイン従者も自由気まますぎて。ま、一応従者らしい考えもあるんだろうけど、自分の趣味のほうが優先されてるし。ヒーロー部下の綺麗な髪が薄くならないよう(色も量も)、ヒロインはヒーローを上手く操縦してほしいわ。

  • イラストのCiel氏とあらすじに惹かれて発売日に購入したものの、読み始めてすぐにヒロインの口調に馴染めずそのまま積ん読入りになっていました。(^_^;)
    最近になって続編が発売される事を知り、続編が発売されるなら面白いのかもしれないと思い直し、期待しながら読んでみました。

    結果。
    面白かったです(笑)!
    ヒロインの口調も彼女の性格を表すものだと知り、読み進める内に違和感はなくなっていました。
    ヒロインの事が子供の頃から好きだったけど素直になれないヒーローと、背も小さく特別美人でもないけど元気で頑張り屋のヒロインとの漫才コンビのような会話が楽しかったです!
    恐らく細かな点では突っ込み所満載なお話だと思うのですが、次から次へと事件が起こり、気付くと頁が進んでいます。

    果たして、2巻でフィーリアとヴィンセントに恋愛面での進展があるのか。
    とにかくそこが楽しみです。(*^^*)

  • フィーリアに対しては無愛想で意地悪で、好意とは反対な言葉を浴びせるくせに、彼女を愛しすぎて周囲に危険を振りまきかねない危険人物ヴィンセント王子。
    彼の態度から、嫌われているものと思い込んでいたのに、彼の周囲の命を脅かす危険な行動な自分のためだと気がついてしまった…
    ………マジで?

    彼の行動は楽しかったが、もう少し話にひねりが欲しかったかかな。でも、彼女の素直な恋愛に気づくまでの感情は好感。
    面倒くさい男に溺愛されて大変だろうけど、頑張って。

  • cielさんの美麗イラストということもあり、ラブロマンスが強い話かな?と思っていましたが、ラブよりもコメディ要素の方が強い話でした(笑)予想外ww

    主人公のフィーリアは田舎貴族の娘。容姿も知力も人並み、特技も特になしの平々凡々な女の子。強いて言うなら打たれ強いということ。そんなフィーリアがとある事情から姉を探して田舎から都会へ出てきた。田舎の知人を頼りに屋敷を訪れたのに、そこで不審人物扱いをされ牢屋に入れられてしまう。そんなフィーリアを身元引受人として助けてくれたのは意地悪な幼なじみの黒十字騎士団団長ヴィンセント。彼には助けられたくなかったフィーリアだったがその日から何故かヴィンセントの屋敷にやっかいになることになり彼に姉探しも手伝ってもらうことになって・・・。

    フィーリアに対するヴィンセントの溺愛具合が凄すぎるwwしかもその愛が分かりにくすぎでフィーリアにまったく伝わってないしww
    人身売買の組織に誘拐されたフィーリアを助けに行けば、彼女を助けたら後の娘たちはどうでもいいと砦を人質もろとも燃やそうとするし、フィーリアがヴィンセントの世話になりたくないからと屋敷を出て働き口を探そうとすれば先回りしてそれらを潰して回る始末。フィーリアに悪口を言った男は倍返しならぬ10倍返し(笑)フィーリアはヴィンセントと一緒にいた方が周囲の人たちが安心して暮らせるから、その方がいいんじゃないかと思います(笑)そういえば彼女は何度も捕らわれていますねwwしかも、危機感があまりないというか図太いというか打たれ強いというか。ヴィンセントとはある意味お似合いな気がします。
    コメディ要素は多く笑わせてもらったのですが、恋愛面が少なく糖度が足りなかったので星3つで。もうちょっとキュンキュンさせて欲しかったな~。いろいろ物足りない感じでちょっと残念でした。イラストはホント美麗でした。

全7件中 1 - 7件を表示

伊月十和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする