狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)

  • 84人登録
  • 3.64評価
    • (8)
    • (8)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 梨沙
制作 : アオイ 冬子 
  • 一迅社 (2014年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758045346

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語のさわりだけで根本の所が語られてないため、なんで趣味が剥製作りになったのかが良く分からず、変態性だけ浮いて見える。
    リリアンのお節介が人々を幸せにしているのは良く分かって、好かれるのも理解しやすかったです。
    剥製好きが無ければほのぼの可愛い話なので、その理由を深い所まで知りたいです。

  • 剥製作りが趣味というのはなかなかない設定で、ヒロインとヒーローの出会いにびっくり。死体だから買ったってのは普通ないでしょう。

    アオイ冬子さんのイラストがきれいで、クリストファーの見た目とのギャップがすごいです。

    クリストファーが最初はリリアンを殺そうとしてたのに、リリアンとふれあううちにだんだんリリアンに惹かれていってて、他の男と親しくしてるリリアンに嫉妬なんかしてたりすると、ちょっとニヤついちゃいました。

    ただ、どっちかっていうと、ジェラルドの方が好きなタイプで、ジェラルドもリリアンに惹かれている感じがして、ちょっと展開が気になります。

    あと、クリストファーの出生の秘密がちらっと出てきてましたけど、このあたりは次巻で明らかになるのかな?

    次巻も楽しみです。

  • 出だしのスタートから面白かった。この作家さんのグロ表現はやっぱり生々しい。

  • 「君の死に顔はとても美しかった。あんなにも胸が高鳴ったのは、生まれてはじめてだ」

    仮死状態で買われた17歳のヒロインとそんな仮死状態のヒロインに一目惚れして剥製にする事で「永遠の花嫁」として迎えようとしていた剥製作りが趣味の狂伯爵と呼ばれる19歳ヒーローとの(ゴシック)ラブファンタジーストーリーです。

    プロローグはまさにゴシックホラーのような重厚な始まりでした。
    ヒロインのリリアンは、平民ながら貴族から愛人にと望まれていた美貌の持ち主であった母親譲りの美少女です。
    しかし、幼い時に両親を亡くして親戚の家で肩身の狭い思いをしながら育ったリリアンは困った人を見捨てておけないお人好しに育っていました。
    まあ、その性格が災いして自分を剥製にしようとしているヒーローのクリストファーが時折見せる無邪気な子供のような態度に戸惑い、どうしても冷たく突っぱねる事が出来ないのですが…。
    リリアンは人間を性善説だと信じており、対するクリストファーはその生い立ちゆえか性悪説だと断定します。
    正反対の2人の考えが、これからどう変じていくのかも楽しみです。
    ラストに少しだけクリストファーの出自が明かされますが、高貴な生まれである筈の彼が何故辺境の城に留まっているのかという謎も、2巻以降少しずつ明かされていくのだと思います。
    リリアンが何故仮死状態になったのかも含め、1巻では明かされなかったいくつかの謎がまだまだ残されていて、読みながら先の展開が気になって面白かったです!
    途中から生きているリリアンに興味が湧いてきて、自覚のない初恋に落ちたクリストファーの反応が可愛かったです。

  • これ単発だったら謎が謎のままで終わってたよなぁ… 剥製趣味とはまた斬新な!

  • 今回のシリーズは、マッタリしつつ、それでいてスプラッター?
    血の苦手な人にはおすすめできない。
    数々の謎を布石しておきながら、この巻では回収されないので、諸手を上げて面白い作品です!とは紹介できない。
    というわけで、始まりの一巻という雰囲気で続刊次第
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3657.html

  • うーん、不完全燃焼。剥製作りが趣味の域を越えてる伯爵ヒーローと仮死状態のときに彼に死体と勘違いされて買われたヒロイン。これって続きが予定されてるんだろうなとはわかるんだけど、まぁ、読まなくてもいいや、って読後感。なんか残念なんだよねー

  • この人の作品は、最初は面白い。
    なので、読みやすかったし、
    主人公も他のキャラも犬も好感触!

    絵が綺麗だったのも手に取った一因である。

    すごく良い子でかわいいなら、
    確かにおばさんたちに
    嫌われちゃうよね。。。

    しかも料理もうまいと。。
    とりあえず仮に死んでた理由や原因も
    わかってないので、どうなるか。

    次も楽しみです。

  • 設定に惹かれて購入。
    変人がいっぱい出てくるよ(笑)狂伯爵もだけど、その従兄弟も屋敷に仕える執事もみんなイケメンだけど変わってたww

    目が覚めると白い棺の中にいて、自分を覗き込んでくる青年に花嫁扱いされ、何故か殺されそうになる。青年クリストファーは「究極の愛は死によって完成する」という変わった考え方の持ち主でその上、趣味は剥製作りという。そんなクリストファーに気に入られてしまった花嫁リリアンはそんな彼から逃げ出そうとするが…。

    個人的にはクリストファーよりもジェラルドの方が好き。でも無意識に他の男にヤキモチ妬いてるクリストファーは可愛かった。
    あとイラストが綺麗。
    クリストファーのこと(廃嫡されて辺境へ閉じ込められてる理由とか、監視されてる理由とか)やリリアンとの関係とかもまだまだ謎な部分が多いから続くのでしょうね。
    ラストあたり結構グロい描写があったので苦手な人は気をつけて(笑)私はちょっとビックリした。

全10件中 1 - 10件を表示

梨沙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする