政略結婚の在り方 (メリッサ)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 園内かな
制作 : 三浦 ひらく 
  • 一迅社 (2015年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758046992

政略結婚の在り方 (メリッサ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 政略結婚で伯爵夫人になったリリアーヌだが、社交はうまくできず、夫との関係にも悩む日々。

    ※エロ注意。
    文章は読みやすかったです。ただ、内容も特に盛り上がりがなく、キャラクターの行動もふわふわと掴みづらく、全体的に面白味を感じませんでした。
    作者の昔の創作が好きだったので、少し残念です。
    物語の筋には関係ないので、1、2ページしか書かれていないのですが、リリアーヌと幼馴染のサリムの恋物語とか、子ども世代のエディとエレーヌの恋愛とか、そっちの方が読んでみたかったかも……

  • タイトルと表紙買いしましたが、私の好みには合わず残念でした。最後まで悲劇のヒロインばりに不幸な顔して卑屈で、自分は社交会などの正室としての立場上最低限必要なことに、自信がないなりの努力もせず、ヒーローにも歩み寄ろうともしないくせに、他人事には首を突っ込む…ヒロインが不快で、流し読みで終わりました。

全2件中 1 - 2件を表示

園内かなの作品

政略結婚の在り方 (メリッサ)を本棚に登録しているひと

政略結婚の在り方 (メリッサ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

政略結婚の在り方 (メリッサ)の作品紹介

リリアーヌは誰もがうらやむ玉の輿に乗って伯爵夫人となった。-望んでいない、政略結婚。美丈夫で名君と名高い夫・クロードに対して、凡庸で何も出来ない自分に落ち込む日々。しかしクロードは、毎晩のように訪れ、執拗に激しくリリアーヌを求める。そこに愛などないはずなのに-。気弱な伯爵夫人×怜悧な伯爵のノーブルラブロマンス!

政略結婚の在り方 (メリッサ)はこんな本です

政略結婚の在り方 (メリッサ)のKindle版

ツイートする