六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)

  • 38人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 糸森環
制作 : 田倉 トヲル 
  • 一迅社 (2015年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758047739

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

  • 入れ替わり第2弾。王道モノなのに、ライトノベルにしては凄惨な過去の描写(ぼかされてはいるけど)とか、主人公の嗜好が単純なストーリーを個性的に見せていると思う。

    只の会話なのに肉体関係の話が何回出でてきたのか…(笑)
    差別の中生きる主人公に無意識に好意を垂れ流す銀花爵ジーンの言動が赤面モノで、直接言われたら噴死してしまいそうだ。

    ジーンの元婚約者ナターシャは化石鯨を手に入れることが本当に目的だったのかな?
    アオは人魚に連なる系譜だったのか、今後も楽しみ。

  • 入れ替わりで、不埒な誤解にじたばたするアオや、無垢すぎる”肉体好き”なジーンのボケが可愛らしくクスっと笑ってしまう楽しいお話ですが、アオの立場が厳しい身分差の中で苦労してきただけに、ぐっとくるものもあり、気に入っているシリーズになりました。
    野外活動をメインに展開の今回は、ジーンに婚約者!?
    というわけで波乱の野外活動の末に、アオが仲間として受け入れられ、アオの恋と力が目覚める楽しい巻です。
    1巻ほど重くはありません。学園モノらしい展開で楽しかった。
    途中話のつながりに?となる部分があるので、ラストに推理モノっぽく人物の動きの裏話が明かされることを念頭にいれておくと読みやすいと思う。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4910.html

  • スクールライフに付き物の野外学習編。度胸試しや盗難事件、他校との軋轢と盛りだくさんで楽しかったです。アレクシアが段々と周囲に認められていってホッとしました。現皇帝を暗殺から守っている隷民の愛妾ってどんな人?気になります。只者では無さそうな…。そして本物のアレクシアってどうしてるのかな?実在するのかな?

  • 問題!ジーンは作中何回"肉体"という単語をいったでしょうか?正解は、、、誰か数えて(笑)結構な数言ってますよ。それもその単語を入れた文章は乱れた文になってます。さすがジーン(笑)今回はアオことアレクシアが青爵として認められるまでの話。途中、ああ、また隷民をおとしめる事件が起こるのねと思ってたけど、いやはや、ここはさすがアオ!抜かりはないです。個人的には2次元タトゥー大好きなんでリシャルくんが好みです。誰かちゃんとした言葉遣い教えてあげて(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

糸森環の作品一覧

糸森環の作品ランキング・新刊情報

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)を本棚に登録しているひと

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

貴族の青年ジーンと身体が入れ替わる体質になってしまった元奴隷の少女アオ。それまでの生活から一転、特権階級である"花族"の養女アレクシアとして魔導学院でジーンと片時も離れず過ごすことに…。そんな中、他校との交流のある野外授業が行われることになり、アレクシアは脱引きこもりを果たしたジーンと参加することになって-!?全寮制の学院を舞台に、少女と無自覚天然青年貴族が織りなす逆転学院ラブ第二弾!

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

六花爵と螺子の帝国2(仮) (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする