乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3 (一迅社文庫アイリス)

  • 28人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山口悟
制作 : ひだか なみ 
  • 一迅社 (2016年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758048002

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3 (一迅社文庫アイリス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ここからオール書き下ろし。友情エンド(とカタリナが思い込んでいる)後の話。新キャラである王子たちの婚約者と執事登場。カタリナの「悪役令嬢」たる義姉の演技はなかなかのもの。ラファエルとマリア、ラファエルの上司様が魔法省入省を待ち望んでいるよ。魔法省ルートもありか。相変わらずタラしまくってるけど、ジオルド、やっと気付いてもらえたね。「約束」したし、執事様また出てくるかなー。

  • 完結したと思ってたら書き下ろし続編が!面白かったです。
    学園祭が前半、後半はカタリナ誘拐事件、そして新たに……をタラシこむカタリナ。
    さすがにジオルド王子も我慢出来ずに というかやっとキスシーンへ。

  • タイトル通り、破滅エンドを迎える予定の令嬢に転生した主人公カタリナがそれを回避するため奔走する話。1〜2巻はWeb版を改訂したもの。3巻は書き下ろしの後日談と知り読了。
    主人公視点の直後に、同じ場面を周囲の視点で繰り返すため、少々くどく感じる。Web版を読了してから時間が経ったため、元々この手法であり読み慣れていないだけなのか否か不明。カタリナは誘拐されるが、酷い目どころか、このまま優雅な生活を満喫したいとまでを考えるところは流石だなと思う。てっきり3巻完結かと思いきや、さらなる続刊があるらしい。攻略キャラが多いから仕方ないが、キャラクターの出番にばらつきがある。今回は終盤に活躍したジオルドよりもメアリの方が印象に残る(笑)まあ動かしやすいキャラクターなんだとは思うが。結ばれる可能性皆無だが、ニコルが好きなので続刊あるなら是非出番を増やしてほしい。

  • 2巻で完結したと思ってたけど、まさかの続きが出た!!そして新キャラもわらわら出てきた。双子王子の兄たちとその婚約者、それから謎の執事(笑)カタリナがまた、たらしこんでたwwあと久しぶりの脳内会議が楽しかったナ。あいかわらずなノリだったけど、事件はなんだかな〜な展開。新キャラも出てきたし、また続きが出るのかしら?

  • さすがにもう蛇足かな‥

全5件中 1 - 5件を表示

山口悟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3 (一迅社文庫アイリス)の作品紹介

乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生した私。魔法学園で待ち受けるバッドエンドを全力回避した結果、素敵な仲間が増えました!最大の危機が去り、はじめて迎える学園祭で大はしゃぎしていた私は、調子にのった挙句、誘拐されてしまって-!?破滅フラグを折った先で悪役令嬢を待っていたのは、新たな破滅フラグと恋愛イベントだった?大人気☆破滅回避ラブコメディ第3弾は、新キャラ登場&オール書き下ろし!!

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3 (一迅社文庫アイリス)はこんな本です

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3 (一迅社文庫アイリス)のKindle版

ツイートする