Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 553人登録
  • 3.95評価
    • (88)
    • (45)
    • (98)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : おがきちか
  • 一迅社 (2003年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758050456

Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第4〜8話+Tailpiece(執行次官のウールン溺愛小話、アトルニア外交官のロクサーヌ紹介)収録。カバー下はランドリオール・となり部屋。
    ウールンを通じ神竜から剣を受け取るまで。イオンとウールンそれぞれの可愛さ、イオン救出劇の六甲とのやり取りが好き。神竜の儀式騒ぎで兄妹のとっさの嘘が酷いわー。DXは普段飄々とし感情を悟られないよう隠す性格だよねえ。油断してたら「自然の理には抗えぬが 人の決めた掟ならばとるに足らぬ」と物騒な発言があり驚いたわ。

  • 兄妹揃って「命令だからね(な)!」って六甲に念押ししてる所が可笑しい
    あとイオンのトンデモ発言にも笑いました!

    イオンの着てたドレスのデザインかわいかったな~

  • 主要3人の関係がとても素敵!
    ロッコーいいな。マリオンを助けられますように。

  • マリオンを救う冒険・中編。
    六甲と喧嘩中のイオンが誘拐され、助け出すドサクサで神竜に見え、剣を受け取る所まで。

    DXの話す剣を持つ覚悟がとても印象に残った巻。
    それまでは何を考えているのか読めないDXだったが、有事には弟妹をとても大切に想っていることが伺えて、好きになった。

    おまけで脇役の設定が書かれているのだが、それが細かくて驚嘆。
    登場人物一人ひとりにこれだけの人生を考えて与えているからこそ、言葉ののやり取りに深みが出せるのだな、と感心した。

  • やっと自分で買いました、2巻目。
    ウールン様無双、発動です。

    子どもらしく強がったり褒めてもらうと隠しきれないくらい喜んだり背伸びしたり、でも王族としての勤めを正面から全うしている、そんなウールン様が魅力的で仕方がないです。
    …っていうことに目覚めたのは1巻の感想にも書いたとおりウルファネア編を通してなので、初見時はまったくもって「あぁ、悪い子じゃなかったのか」ぐらいの感覚でしたが。
    今読み返すとそんなウールン様の魅力がいっぱい詰まった2巻でした…。

    思えば、後の学園編で出てくる友人たちも、最初の印象と仲良くなってからの印象が全く違うのが面白いです。
    ランドリオールは、長く読めば読むほどはまる漫画なのではないかと思います。
    王位継承権なんてね、RPG系ファンタジーについてくる都合のいいオマケ程度の認識だったらね、あんなに物語の中心に来るんだもんね…。

    正直言って、初めて読んだころ、2巻の内容はほとんど理解できていませんでした。
    外境官吏が何なのかも誘拐ビジネスも外交も、「お兄ちゃんです…」の意味も(笑)
    前述したものぜんぶ、今ものすごく面白く感じる要素なんですけどね。

    3巻も読み返すのが楽しみです。

  • 「お兄ちゃんです…」かなり衝撃な言葉。何が衝撃か話すとネタバレなので是非読んでもらいたいです

  • 公主さまかわいいよ公主さま……って思ってたらイオンの爆弾発言に噴いた!!!

  • この巻はDXの名言が多い。
    この言葉たちがあったから、私はこの物語にはまったんだと思う。

    DXが兵たちをあおって乱闘を起こすところはおもしろいv

  • 確かにだんだん面白くなってきた。いろんなところにラブがあるのがいい。

  • ウールンさま、登場の巻。
    DXって妹大好きですよね。

全20件中 1 - 10件を表示

おがきちかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のKindle版

ツイートする