破天荒遊戯 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 102人登録
  • 3.50評価
    • (5)
    • (4)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 遠藤海成
  • 一迅社 (2012年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758056977

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

破天荒遊戯 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 【再読】新刊購読後に再読。この辺りはもうすっかり絵が変わってるねえ。。ちびアルゼイド兄の存在がやっぱりよくわからない。弟は歳とるけど兄はとらない派??

  • 再初期の、Gファンで連載されててコミックスが大判だった時から読んでいて、その頃好きで惰性で買っていたけど、二年ぶりでここまで話が進まないということはもう無理だなと思ってしまった。並行で別連載するくらいならこっちをさあ…。

  • ラゼルちゃん大好きです。ときたま出てくる筋肉神がツボです。
    だんだん話が佳境に入ってきたかんじ。
    そろそろアル坊のへたれ祭りも終わりかな・・・?
    1巻〜(以下続巻)

  • 単行本で伏字があるとは(笑)

    二年待ったのに全く進まず。
    伏線回収して終われるのかなぁ。

    前はちょうどいい塩梅だったギャグも少々くどい

  • 約2年ぶりでこれである。甘い物に甘い物税がかかる夢……

  •  過去にとばされたラゼルちゃん。
     で、わけのわからないまま、セカンドというアルゼイドそっくりの男と、それの縮小コピーのような少年二人を暮らし始める。
     
     相変わらず生活能力が高すぎて、あきれてしまうのである。
     つか、どんな状況でも楽しむことを見つけて、自分のできることをやって、状況を打破しようと努力をおこたらないラゼルちゃんは、本当に偉いなと思うのである。

     ま、偉すぎて、いつか心が折れる日がくるんじゃないかと、毎度心配してしまうんだけどね。

     ともあれ、相変わらず話はさっぱりですww
     この過去編あたりは、まとめて読んだほうがすっきりするかもね。

     って、もっと、さっさと次がでるといいのに。
     先生、がんばってくださいよぉ<切実

  • 約2年ぶりの新刊。

    もともと主人公が魔法使っちゃうファンタジー漫画でしたが、まさかパラレル要素までも入れてくるとは…
    ラゼルさん、10年前にタイムスリップなうです。

    このタイムスリップを機にぐっと話が進むのを期待したい…が、ばしばしギャグネタつっこんでくるのが常のこの漫画には難しい話かもしれない。
    それも楽しみながら終焉を待つしかないな、きっと。

    アルゼイドさんはもう、ただのヘタレニートやないか……

    新刊読んでしみじみ思ったのはやっぱり遠藤さんの絵柄は初期のころ(もう、10年くらい前になるんだろうか?)のほうが好きだなぁ。

  • 話進むの遅い上に、続刊出るのも遅いから、どんなだったか朧気

  • 過去編っていうのかな?セカンドさんの天然ぶりが好きです。
    中将も大好きなんですけど、まさかの奥様登場ですね。きっと素敵な方なんでしょうね。まだちょっとしかでていないのでどんなかたかはわかりませんが中将の奥さんだしね!
    テイラがセカンドなのか?わかりませんが。性転換?
    あとアルゼイドがまっとうに働くなんて無理だ。

  • 約2年振りの新刊でこの進展のなさ…どうなってんの\(^o^)/

全10件中 1 - 10件を表示

破天荒遊戯 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

破天荒遊戯 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

破天荒遊戯 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)はこんなマンガです

破天荒遊戯 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のKindle版

ツイートする