千歳ヲチコチ 5巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 136人登録
  • 4.09評価
    • (14)
    • (22)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : D・キッサン
  • 一迅社 (2014年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758059022

千歳ヲチコチ 5巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時は千の年の昔、平安時代。
    相手を慮らない行動はいつの時代も敬遠されるもの。
    亨とチコは、限りなく近づいたが相変わらず未だ出会わず…。
    朝廷を中心とした宮中文化全盛の中、人間関係にすっごく恵まれた二人の日々、第五巻。

    前回かなり近くまで寄ったけど、それでもやっぱり出会ってないし分かっていない二人、もどかしいんだけどそれでもあの一件でお互い(顔見てないけど)気にかけているのがいいなぁ。
    それはそうと、ここでまさかの登姫ちゃんが痩せた!え、めっちゃ美少女になった!?と思ったけどそういえばこの時代の美のセンスは現代と違うもんね。それでも可愛いと思うけど。
    何はともあれ物詣でに行くことになったチコだけど、いくら虫平気でもさすがに笠の中いっぱいは…姫としてより女子として…きつい。
    あとは何だか怪しい僧侶が出てきました。なんか不穏な展開になったりするんだろうか?

  • 亨が暴漢から御簾越しにチコを守ったものの、お互いが求める相手とは知らずに普段の生活に戻った二人。
    しかし二人の中でその出来事は忘れられないものとなり…。

    なりちゃんが痩せて美人になった!!!(笑)
    でもあの丸顔フェイスラインはとっても重要だったとは…! それが保てなくなるとは、どれだけ苦労してたのなりちゃん…!
    そして仙河のお姉さんが期待を裏切らない巨乳美人っぷりで…! 
    あそこの兄弟みんな粒揃いだわ! でもみんな決まった相手が居なさそうなのはなんともMOTTAINAI…!

    ちょっと怪しいお坊様が出てきましたが、実は彼のお祖母さんってチコのことじゃないよね~?って思ったり思わなかったり。うーん、でもさすがにそこまでSFにはならないか。
    しかしチコと亨に同時に出会ってるので、二人を繋ぐ重要な役になりそうな予感。

  • ゆるく読める。恋愛モードもゆるゆりと。

  • なかなか会わないけど徐々に近づきつつあるところが…!
    フェイスラインにものすごい努力をかけてたのだねなりちゃん。
    相変わらず色々と面白くて笑いが堪えられない。

  • 今回はつなぎの巻だね。でも新しい登場人物もでたりで、続きが気になるところ。
    個人的に今回はサリーにすべてを持っていかれました。摂政と準摂政のセッションがじわじわきた…

  • 内容は勿論すごく面白くて楽しかったんだけど、裏表紙がわからなくてそれがどうしても気になる・・・他の作品の登場人物なのかなぁ?現代風にしただけならこんなにも誰が誰だかわからなくなることはないと思うんだが・・・私が頭悪いだけなんだろうか・・・うーん気になる。

  • 登姫のフェイスラインに当時と現在の美醜の違いがよく分かる笑

  • じれったい
    でも、二人はお互いのよい理解者になると思う。
    サリーが面白かった。

  • うわあああ不穏な空気があああああ
    いやあああ~

  • だんだん味わい深くなってきて、ますます好きになってきた。息子が父親に見られて出家したくなる場面があれとか、平安の文化・風俗をうまくエピソードに使ってて面白い。妖しげな美僧とか、なんて素敵にジャパネスクを思い出していいねいいねー

全11件中 1 - 10件を表示

D・キッサンの作品

千歳ヲチコチ 5巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

千歳ヲチコチ 5巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のKindle版

ツイートする