ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 148人登録
  • 3.97評価
    • (8)
    • (15)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 久米田夏緒
  • 一迅社 (2014年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758059114

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだ、夏服ならない中間テストの時期なのかぁ…
    たった数ヶ月しか経過していなのに色々あり過ぎ…
    前世の記憶・想いを引きずって、今を生きられないって切ない。
    早く全てが明らかになるといいのに…

  • ここまで一気読み。続きが気になる!!!
    バルトかと思っていた悠が別人!? となると、もしかして、グレン??
    キャラ紹介のページで、グレンは「転生していない」と断言されていたけれど、そんなところあったっけ? 単に見つかってないだけ(=転生していない、ではなく、現代での姿は不明)じゃないのかなあ。
    にしても、次!次!と読みたくなる作品。キャラクターの描き分けがイマイチなのと、登場人物がすごい数なので把握するのが大変だけど、面白いです。
    電子版で読んでいるので、紙媒体の11巻を指咥えて見ています。11巻の電子書籍も早く〜〜!!

  • あ〜やっと最新刊まで再読した。広木はバルトじゃなかったー((((;゚Д゚)))))))の回。広木はグレン?言ってはいけない「あの人」はグレンとバルトの兄ちゃんかな。─と思い至ってから下を見る…あ、グレンで合ってる?(個人比珍)

  • どんどんおもしろくなる。

  • ペーターとミミの話がつぼ過ぎる!!
    槙と七浦の関係も面白いし、広木が何を考えてるのかも気になる。
    続きが早く読みたい。

  • 広木さんはやっぱり彼か。
    彼女の影武者をして、名乗りもせず、今生の彼女を見守るパターンに終始はしないと思っていましたが、やっと片鱗が。
    最初から色濃く匂わせていた前世主要キャラの彼でもういいよね。

  • 一歩ぐっと進んだものの思わぬ展開が……。
    サイドストーリーもだったけどもペーターとミミのエピソードにぐっときた。

  • 相変わらず面白いです。色々な事実がパズルのようにつながっていきます。最後には、、

  • 冒頭の女性はグレンの母親だったのか、若すぎて姉かと思った。
    未だ前世が不明な瀬々がある提案に一瞬揺らぐもまた決意を。
    そういえば皆の言う通り大友が丸くなったなと感じた。
    今回新しく出たペーターって誰って思ったらまさかの巻末に登場。このエピソードが印象的。
    西園が現世で魔法を使えない理由が判明した瞬間、最後の最後に持っていかれた感が強すぎて本編終わった途端に唖然とした。じゃあ一体誰なの?というかそんな伏線あったんだっけ?発売間隔長めだから内容把握も完全じゃないし、1巻から読み直さないと取り零してる情報あるのかも。

  • ボクラノキセキは色々なところに伏線が落ちていて、最新刊を読んだ後はいつも1巻から読み直しています。そのあと、あ、ここはここに伏線があったのかと納得しつつ、ヒントが散りばめられているのにわからなかったのか…!と落ち込んだりします(笑) 何回も読み返すほど面白いです

全10件中 1 - 10件を表示

久米田夏緒の作品

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)はこんなマンガです

ボクラノキセキ 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)のKindle版

ツイートする