バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)

  • 281人登録
  • 4.25評価
    • (39)
    • (27)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 施川ユウキ
  • 一迅社 (2016年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758066266

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ド嬢、すっかり読書家になってない?
    神林とド嬢の関係、いいなあ。もちろん読書あるあるも冴え渡ってるんだけど。
    のんびりでいいから長く続いてほしいなあ。登場人物たちが友人のような存在にくれたら、と作者が言ってるけど、自分にはまさにそんな感じです。

  • 「何度でも、聞くよ?」 ド嬢と神林は最高

  •  5分アニメも放映されて勢いに乗る名著ネタ&読書あるあるネタシリーズの第三巻は、相変わらず四人で仲良く本の話をしている。
     こうも長く続けていると、どうしてもネタ幅において難が出てきそうにも思うのだが、なかなかどうして、今回も充実した巻になっている。
     個人的には、何度も同じ話を同じテンションでするよね、という神林に対する主人公のツッコミは非常によく効いた。肺腑を抉ってくれたよ。そうだね、だいたい同じ人に、だいたい同じようなシチュで同じ話、しちゃうよね。

     今回は星五つで評価している。アニメは視聴していないが、今の勢いのままの続巻にも期待している。

  • 昨今必要以上にへたれ度が強まった私には、死やホラーネタがちょっと多くて、読中少しだけ辛かった。そして今巻の影の主役は神林さん。元から読者寄りの立場だけあって、心情が分かりすぎる位に分かる。

  • 薦められ本。
    SFかぁ。

  • この本で紹介された作品を結構読んでるのに、この本の登録を忘れていた。現在再読中。
    町田さわ子のキャラは読書好きにとっては腹が立つと思うのだが、なぜ主人公をこのキャラ設定にしたのか謎。でもそのうち、薦められた本をある程度は読んでいることがわかってちょっと許せるようになる。神林と仲良くなっていくのもかわいいし。
    自分もSF読みなので、神林大好き。熱く語った後でうざかったかと落ち込むのもかわいい。「ディック没後30年経って初訳される本が面白いわけないだろう!(でも読む)」ってのが超納得。これを背表紙で見て、この本を買うことを決めたのだった。「ガニメデ支配」で実感したな…。
    グレッグ・イーガン、わからなくていいから読もうかな…

  • 今回も読書あるあるネタ満載で面白かったです。

    大好きな『高慢と偏見』、『羆嵐』が紹介されていてテンションUP!
    最近全然活字が読めていないけど、これを読んでいると忘れかけていた読書欲が刺激されます。

    周りにあれだけ本について語り合える環境があるっていうのが羨ましいな。

  • 『羆嵐』読みたくなりました。町田さわ子みたいな友だちが欲しい。

  • 新刊出てたので買いました。

    今回も「わかるわぁwww」と一頻り笑わさせていただきました。そして更に増える読みたい本……。

    40冊目のネタ、私もとある書店で螺旋状に新刊が積んであるのを初めて見た時は「……遊びすぎじゃね?」とドン引いた内の一人です。

    そして、46冊目にビブリオバトルネタ! 好きな本5分で紹介するってやっぱりプレッシャーですよねぇ。誤解も偏見もネタバレも、どうしたって口からポロッと出てしまいますね。
    私は、ネタバレ、誤解、偏見も含めて感想なのだと思います。聞く側がそこに目くじら立てたくなる気持ちも、話す側が誤解も偏見もないように言葉を選んでセーブしようとしたくなる気持ちも、私はわかります。だからこそ、あえて「人前でさらけ出す」ということだって大事なんじゃないかなと思いますよ。ついうっかり口から出てしまったら出てしまったで、ちゃんと批判をしてもらえばいいじゃないですか。なかなか誤解や偏見というのは自分では気付きにくいものです。それに、批判の言葉は基本的に、相手を尊敬するからこそ出るわけですから。何より、批判が出るということは、本の紹介をちゃんと聞いていたという証拠ですしね。
    私もブクログで読書記録としてこれまで何百冊と沢山レビューを書いてきましたが、後から読み直すと「随分な偏見だなぁ」「こう書いたけど、全然間違いじゃないか」というのがすごく目につきますよ。本を紹介するってすごく脳味噌使うし、気も遣うし、大変です。でも、言葉にするからこそ、自分がどこで誤解し、偏見を持っていたかがはっきりするし、「あぁ、でも私この本、こんなに頑張って読もうとしてたんだ」「案外自分、この本好きだったんだ」ということに気づけて、より深くその本を読んでいけるようになるということもあります。そういう気付きの繰り返しからしか、本当にその本に書かれている言葉を受け取っていく、いただいていくということはないんじゃないでしょうかね。

  • 31冊目「人間臨終図鑑Ⅰ」「人間臨終図鑑Ⅲ」「イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ」「あなたのための物語」「ホワイト・ノイズ」
    32冊目「羅生門・鼻」「高い城の男」「高い砦」
    33冊目「モルグ街の殺人」「ゼンデキ」「ツノゼミ・ありえない虫」
    34冊目「火花」「学研まんが 宇宙のひみつ」
    35冊目「ジェイン・オースティンの読書会」「闇の左手」「沈黙」「高慢と偏見[新訳版]」「高慢と偏見とゾンビ」
    (36冊目)
    37冊目「雪国」「氷」
    38冊目「ゼンデキ」「シンドローム」
    39冊目「火星の人」「タタール人の砂漠」
    40冊目「うろんな客」「ウエスト・ウイング」「まったき動物園」「ギャシュリークラムのちびっ子だち―または遠出のあとで」「蟲の神」「おぞましい二人」「1Q84:BOOK ONE AND BOOK TWO」「シンドローム」「服従」「地図と領土」
    41冊目「地下室の手記」「堕落論」「いろいろな人たちーチャペック・エッセイ集」「潤一郎ラビリンス7 怪奇幻想倶楽部」
    (42冊目)
    43冊目「犬は勘定に入れません 上」「犬は勘定に入れません 下」「ボートの三人男」「シリウス」「畜犬談」
    44冊目「エドウィン・マルハウス」「C.G.ステレオグラム 驚異の3D」
    45冊目「ハイ・ライズ」「ファイト・クラブ」「読んでいない本について堂々と語る方法」「火の鳥 黎明編」
    「火の鳥 未来編」「火の鳥 ヤマト・異形編」「火の鳥 鳳凰編」「火の鳥 復活・羽衣編」「火の鳥 望郷編」「火の鳥 乱世編(上)」「火の鳥 乱世編(下)」「火の鳥 宇宙・生命編」「火の鳥 太陽編(上)」「火の鳥 太陽編(下)」「火の鳥 ギリシャ・ローマ編」
    46冊目「熊嵐」

    だんだんと神林さんの進めるSFに、ド嬢とともに詳しくなってきている気がします。人間臨終図鑑積読したままなので、読み始めようかなと思いました。
    映画「オデッセイ」みてから「火星の人」も読みたいなあ。あまり翻訳本読まないので、翻訳本を手に取るきっかけになるかも。

  • クマの話を喜々として話すド嬢が可愛い巻。

  • 1、あるある共感。
    わっかるわー。しかも大きいため息をついて。
    わっかるわー。しかも自然とほほが緩んで笑顔に。
    という深い水準でのあるあるネタ。
    例:「こっちから出会いを求めるんじゃなくて あくまで向こうから自然にやってくる形で運命的に出会うのが理想なんです だから出会いたいのに自分から動けないんですよね」「もしかしてこ…恋人との出会い方…?」
    「叙述トリックものミステリとの出会い方です」
    わっかるわー。

    2、徹底的な突き詰め思考。
    例:桃太郎の家来たちの「イヌ、サル、キジ」は強盗団におけるコードネームだ!

    3、かけ離れた物事の融合。
    例:桃太郎をタランティーノフィルターで見る!

    4、心温まり。
    例:たったひとつの特別な関係。ド嬢と神林。
    そしてそれを支える図書室の四人。

    施川先生、ますます素敵な作品を生み出してくれている。
    この漫画家に出会えてよかったわー。

  • さわしおに注目しまいがちなのですが、遠藤と長谷川含めた4人でワイワイやったりさわ子が本を読むのを3人が見守ったりするシーンに良さを感じた。
    「羆嵐」回でさわ子が作品への興奮に突き動かされて語るシーンは良さとさわ子のヌケの加減が凄い。

  • あるあるの嵐が過ぎた後には「読みたいリスト」が、いや増す。全編、引用したくなる箇所の宝庫。

  • ここまでSF小説好きな女子を見たことがない。

  • どんどんおもしろくなっていると思うのだけど、さわ子が「なんか読書ナメてる」感じから、ある程度読むようになって「アホの子」レベルに「後退」したのが大きい気がする。初期さわ子も好きではあるけど、今の状態の方が読書あるあるとしてはサクサク進むし、さまざまな本のうんちくも出てきやすくなったような感じ。あとは関係性の進展というか、変化がね。

  • 読んだ本の内容を覚えているってすごい才能だと思う。。。

  • お気に入りマンガ。しみじみ楽しい。作者も言ってるけど、おやおや、町田さわ子がどんどん読書家になってるよ-。

    長谷川さんが言う、「こっちから出会いを求めるんじゃなくて あくまで向こうから自然にやってくる形で運命的に出会うのが理想なんです だから出会いたいのに自分から動けないんですよね」。これは「恋人との出会い方」ではなくて、「叙述トリックものミステリとの出会い方」。いやいやほんと、その通り。

  • 2016/11/05/Sat.(家人が買っといてくれた)

    2016/11/06/Sun.〜2016/11/14/Mon.

    キタな『羆嵐』!
    神林さんと町田さんの友情にホロリ。
    長谷川さんも可愛い。
    それと、【あとがき】の言葉にとっても共感。

  • 1.2巻よりも確実にレベルアップしている。マンガも、嬢も。読みたくなった本も結構あった。

  • 読書あるあるを楽しく読んでいるうちに町田さんと神林さんの友情に胸をつかれるという意外な展開に。「羆嵐」は頁は薄いけれど中身の濃い傑作。町田さんが語りたくなるのに同意。

  • 『氷』と『タタール人の砂漠』が気になりました。今度読んでみよう。
    ド嬢は普通に読書家してますよね。

  • オビでアニメ化を知りました。
    キャラデザインがずいぶん違いますね。
    コミックのなかでも映像と原作の違いについて触れていたし、別物なのは当たり前と思わなきゃいかんのだろう。

    そんなことはどうでもよく、相変わらず読書家の面倒な感じが面白い。
    このマンガに出会ってから、また少しずつ本を読むようになりました。

全24件中 1 - 24件を表示

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)はこんなマンガです

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)のKindle版

ツイートする