IBDを日常診療で診る〜炎症性腸疾患を疑うべき症状と、患者にあわせた治療法

  • 5人登録
  • 5レビュー
制作 : 日比 紀文  久松 理一 
  • 羊土社 (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758110600

IBDを日常診療で診る〜炎症性腸疾患を疑うべき症状と、患者にあわせた治療法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:493.46||H
    資料ID:51700239

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    https://saosrv.kitasato-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB10147074

  • ◆内容
     若手消化器内科医向けの、炎症性腸疾患の実践書である。2011年に消化器BooK
     シリーズとして発刊された「炎症性腸疾患を日常診療で診る」の改訂版である。
     IBDの診断・治療の進め方や患者さんの日常生活のマネージメントなどについて、
     カラー図表を豊富に用いて解説している。実際の症例を元にしたケーススタディ
     も掲載されている。

    ◆東邦執筆者
     竹内健(東邦大学医療センター佐倉病院内科学講座消化器内科分野)
      第4章 IBDの内科的治療
       3. 潰瘍性大腸炎・クローン病の治療(各論)
        8) アダリムマブの使い方 p.149-154

    ◆東邦所蔵 (M3.46 : H)
     http://lib.toho-u.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=B000292423&key=B148712386822242&start=1&srmode=0&srmode=0#

全5件中 1 - 5件を表示

IBDを日常診療で診る〜炎症性腸疾患を疑うべき症状と、患者にあわせた治療法はこんな本です

ツイートする