ラ・パティスリー

  • 217人登録
  • 3.04評価
    • (4)
    • (22)
    • (81)
    • (13)
    • (6)
  • 52レビュー
著者 : 上田早夕里
  • 角川春樹事務所 (2005年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758410571

ラ・パティスリーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・わかったとか知ったとか、そんな簡単に言ってはいけないのかもしれない。自分はただ、ひとつの事実の軌跡を密かに指先でたどっただけなのだ。きっと、それだけのことなのだ。

    ・「この街全体が、昭和で時間が止まっているような感じですね」
    「日本の地方には、まだこんなところがいっぱいあるんだ。あと十年たっても、たいして変わりはしないだろう。僕たちが暮らしているのは、実はこういう国なんだな」

    ・「一緒に行ってくれますよね。今日みたいに」
    「ああ」
    「約束して下さい」
    「約束する。森沢さんと一緒に必ず行くよ」

  • 坂の上の洋菓子店にある日突然現れた謎の菓子職人。
    新米パティシエの香織との交流を通じて描かれる。
    甘い洋菓子、フランス菓子が食べたくなる
    ミステリーな1冊。

  • ケーキの描写はキラキラしていて愛が感じられる。いちいち想像しなくても、字面だけでも甘く美味しい雰囲気がなんだか伝わってくるような・・・?!
    記憶喪失青年、恭也のキャラクターがいまいちつかみきれず。人なつこいかと思いきや冷たかったり、寂しそうだったり、妙に行動派だったり、投げやりだったり・・・。人間の多面性というよりは定まっていないだけのように見えて、なんだか変な人だなぁという印象はぬぐいきれなかった。

  • かる~く読める上田早夕里。
    「ショコラティエの勲章」を先に読んでいたので、
    気になってこちらも手に取りました。
    「ショコラティエ~」の方も、
    読了後やたら餡子モノが食べたくなったり、
    オペラを探し回ったりしてしまったのですが、
    こちらも半分くらいまで読んで、モンブランを買いに
    行ってしまいました。太るわ!
    と云う訳で、とにかく美味しい描写が沢山でして、
    若干ミステリ&少々恋愛モノと云う風味です。
    御馳走様でした。

  • 洋菓子製造の現場がすごい細かく書かれていたところは興味深かったです
    けど、ミステリー的部分もかなり入っていて
    もうちょっとどっちかに絞ったらよかったんでは・・

  • 望んでも、全てをわかりあえることはない。
    だからその余白にかけたくなるんだろう。

  • かるーく読める

    ゼウスの檻からのギャップ半端ない

  • パティスリー ロワゾ・ドールに突然現れた記憶障害の男。
    駆け出しのパティシエ夏織が恭也の腕に影響を受けながらーという話。作者が少し勤務経験があるとかで、洋菓子や業界のことが詳しく書かれていた。作られていく洋菓子の描写を読んでいると、どんどんケーキが食べたくなる

  • 関西のフランス菓子店を舞台に、四季折々の菓子店の日常に起きる様々な出来事を、ほのぼのとした優しい筆致で描いた作品です。人と人との「絆」の物語を楽しんで頂ければ幸いです。(作者コメント)

  • うーん、普通。
    「華龍の宮」で感激して、遡って読んでるから、酷かもしれないけど。
    お仕事小説としても、もうひとつ共感できるアツい部分が少なかったかなぁ。

全52件中 1 - 10件を表示

上田早夕里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラ・パティスリーに関連する談話室の質問

ラ・パティスリーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラ・パティスリーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラ・パティスリーの文庫

ツイートする