挑発者

  • 66人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (8)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 東直己
  • 角川春樹事務所 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758410847

挑発者の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人を欺くために、自分を欺く。
    偽りの貌と心を手に入れた者は、いったい何を求めるのか?
    (アマゾンより引用)

    何かすごく中途半端な終わり方(((゜Д゜;)))
    すべての事柄が決着しないまま終わった感がある。
    シリーズ物の何作目かで、1作目から読んでないと分かりづらい部分がある。

  • 2015.3.6-17
    インチキエスパー事件とミスコン候補者調査とアルツハイマーで自殺を望む夫に関する妻からの調査依頼。何処で繋がるのかと思ったら全く別口だったとは。途中は面白かったものの呆気ない結末。

  • 畝原探偵シリーズの一作。ミスコンの優勝候補者たちの身辺調査と似非超能力者の正体を暴きだすことと、夫の素行調査と3つの調査をしながら話は進む。実はこの三つの事件には関連性はなく、同時進行と言うだけだったとか何とか(笑)えげつないシーンがいくつかありましたが、この作者の話ならなんとか我慢できた。夫の素行調査の仕事はオチがなんとも…よくある話なんだろうけれども。

  • 長い。半分でいイイ。

  • 畝原シリーズ第六作。

    最終的に3つの事件が並行で進んでいたのだけれど、
    関連性があるようであんまりなかった印象。

    夫婦の最後は救いようがないなぁ。
    あの結末にする必要があったのだろうか。

    あとは玉木氏がどんどんダメになっていっているような。

  • 畝原探偵のシリーズ第6作目です。
    ポチポチ読んでいるので、これまでのシリーズを全部読めているかは不明(笑)?
    『待っていた女』、
    『流れる砂』
    『悲鳴』
    『熾火』
    『墜落』、そして『挑発者』
    この後『眩暈』『鈴蘭』ですね~。

    今回は畝原が依頼された3つの事件が並行して進行する。
    マスコミに持ち上げられエスパーを名乗る宗教家をやり込め依頼人を詐欺から救った畝原。
    そこから発生してきた殺人事件の調査をすすめる。

    同時にミスコンテストの主催者から決勝に出場するススキノのキャバ嬢たちの身元調査を頼まれる。
    そして、夫の浮気調査を依頼した妻の不可解な行動の謎を解く。

    ということで、3つの話がそれぞれ進んでいきます。

    バラバラ殺人や親指だけ残し行方不明になったTVディレクター、そんな事件が主になります。

    畝原と妻の明美、そして娘の真由、冴香、幸恵たちとのやり取りがほんわかするのと、幸恵の成長に救いがあったこと。

    味わいのある作風の東直巳さん。
    北海道弁やススキノ界隈に詳しいのと、ちょっとした会話が軽妙でニヤリとしてしまうこと。
    適当なのに品も感じられる文章です。

  • 探偵畝原シリーズ今回も父ちゃんは頑張ります。

    カルトでマルチなインチキエスパーを冒頭で
    さっくり、力でなくて口でやっつけちゃう。
    なかなか気持ちよくって、そして仕返しが怖そう。
    案の定…なんだけど。
    残酷過ぎて驚きである。
    アホなキャバ嬢の犯罪も驚きでまともじゃないなぁ。

    よく会話するが、肝心なことは何も話さない変な、いや普通の夫婦も、ちょっと不気味だった。
    けど、多いと思う。実は何も知らないこと。
    毎日、回転していく日常には、必要なかったりする。

    畝原家に助けに入った姉弟もしかり
    今回もタイプの違う変な人がいっぱい。

    ススキノの「俺」と絡んでないけど街と登場人物が絡んでる感じが好き。

  • 第一の殺人についての結末ってあれで終り?消息不明の彼については続編ってことでしょうね。期待。

  • 畝原探偵シリーズ6作目?

    久々に畝原シリーズ。ウーン、面白くないわけじゃないけど、二重三重に事件が起こる割には、それらの事件がまともにリンクしてなくて、アレ?って拍子抜け。まぁ、実際そんなリンクした事件がそうそう起こる筈はないんだけど、そこは読み物だからねぇ、、、。会話文もある意味リアルではあるのだけど、それをそのまま文字にしてしまうのも読み手の側からするとなかなか読み辛く、バランスが難しいものだなと改めて思った。シリーズの中には、傑作と思えるものが確かに存在するので、余計に今作では鼻についたのかも。
    そんな中、幸恵ちゃんの成長ぶりは期待させられた。他の娘二人や明美など畝原の家族の描写も、辛さを感じながらもホッとさせられた。畝原シリーズの醍醐味はやっぱりこの家族模様なんだな。

  • 1ページ2段かぁ。字も小さい。長いな、と覚悟。やっぱり長かった。
    前半はまどろっこしく、なかなか話が見えてこず。前置きが長い・・・
    後半、事件が起きだしたころから面白くなり、一気に最後まで読んだ。

    いつも思うけど、この作者の会話はすっきりしない。でも、実際の会話は簡潔であるはずもないので、リアルはリアルなのかも。北海道弁が微妙に道外の人には読みにくいかもしれないなぁ。

    畝原シリーズだから、いやな予感はしたが、やはり・・・
    後味悪い終わり方。なんで、そうなっちゃったんだよ。

全17件中 1 - 10件を表示

東直己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

挑発者を本棚に「読みたい」で登録しているひと

挑発者を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

挑発者を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする