ズルい言葉

  • 194人登録
  • 3.11評価
    • (5)
    • (19)
    • (43)
    • (14)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 酒井順子
  • 角川春樹事務所 (2010年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758411622

ズルい言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 通勤中に読了。黒い笑いというのか、基本的に醒めた視点から物事を捉えられている方だなぁ、という印象は変わらず。

  • 日常でよく使われる、ふとした言葉を取り上げたエッセイ。
    言葉に秘められた真意を、鋭く分析。
    普段は意識していなかったが、言われてみると「そうそう!」とうなずくことばかり。
    鋭さだけじゃなく、ユーモアもあり、読んでいて心地よく、面白い。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a0ab.html

  • 普段何気無く使っている言葉に焦点を当てているエッセイ集。読みながら、私も使っちゃってるなーって思いつつ、著者の鋭い視点に頷いたり。何もそこまで穿った取り方しなくてもって思ったり笑
    大人になって、社交辞令を言う機会も聞く機会も増えたなぁ。これが大人になるって事なら悲しいなぁ。。
    17/5/15

  • ひとつ一つがすごく短い、言葉にまつわるエッセイ。
    短いエッセイはあんまり好きじゃないんだけど、これは面白かった。
    2016/06

  • 2015/5/26 読了

    【あとがきより。】
    なんの話題であっても、直截的に話をすることに躊躇してしまい、曖昧にぼかしながら話す我々…の、ちょっとした「え?」という気分を採集した本書。
    真意をクッション材に包むことによって、言葉によるストレスを和らげようとしているらしい。

  • FBでどなたかがこの人の本を紹介していたので図書館に借りに行ったが、なかったのでこれを借りてきて読了。
    非常に面白い。
    先日読んだ岸本佐知子は妄想全開の完全に頭のおかしい人(褒め言葉)が書いたエッセイで面白かったのだが、この人は理路整然と理論的に物事を考える頭のおかしい人(これも褒め言葉)でとても面白かった。
    が、次に読み始めたこの人のエッセイは全然頭がおかしくなくて、一体この人はどんな思考回路をしているのだろうと不思議に思う。
    しかしながらエッセイはやはり女性のほうが面白いな。
    男性はイマイチ笑えない。

  • 「久米書店」を見て、著者酒井順子さんに興味を持ち、手に取った本。
    さらっと、あっと言う間に読了。

    面白かったです。

    私たちの周りにあふれる曖昧な、逃げ道の作られた『ズルい言葉』たち。
    使ってるなーと思うものが、たくさんありました。

    観察眼の鋭い著者にかかると、言葉の裏も読まれるようで、一緒にいる方は大変かも、なんて感想も持ちました。

    「会費いくら?」には、納得。ポンッと膝を打ちました。

  • もしアレだったら、読んでみませんか
    自分への責任を逃れる言葉のなんと多様なこと!
    そしてそれは皆がいとも簡単に使う。
    無自覚のまま。

    何をよく使うのかと自分で考えてみたとき、
    ・嫌いじゃない(けど)
    ・今度ご飯でも(今度飲みに)
    ・どうする?
    ・私のこと好き?
    がよく使うと自覚している。

    嫌いじゃないけど、は、「なんかムカつく」「苦手」そんな言葉が後に続く。
    つまりどちらかというと、嫌いなのだ。苦手なのだ。
    白黒つけるなら、い、や、だ!
    でも、そんなはっきり言ってしまうとなんかやな感じだよなあ、ということで使っている。
    それも余裕のうちだと著者は言う。
    なんとポジティブ!
    そう、これは一千年前から使われている方法だ。
    だから、恥ずべきことではないのだ!やったー!

    私のこと好き?
    この手の言葉は恋愛指南書では絶対ダメ、とされている。
    うっとおしい、重い、etc......
    だが、あっさりしすぎてもちょっと寂しい。
    毎日そーめんばかりより、たまに油淋鶏
    やりすぎはいけないが、こんなことが言えて、相手も「もちろん」と言ってくれるうちは大丈夫、と著者は推測する。
    言ってくれているうちに控えめにしていくのが長続きのコツかもしれない。

    言ってる言ってる、と自分を笑いのタネにしているうちは笑顔になる。
    反省材料にすることも少しは必要かもしれないが、またやってる!としている方がずっと楽しい。
    コラーゲンは、単なるたんぱく質だからそのまま肌になんかいかない。
    それを指摘するよりも、そうと知っていたってついつい頼んでしまう方が、人間関係の潤滑油として役に立つのだ。

  • 気分はよく分かります。

  • さすが、言葉に対する感性が鋭くて笑ってしまう。次につなげる、とか、もしアレだったらとか。

全41件中 1 - 10件を表示

酒井順子の作品

ズルい言葉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ズルい言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

ズルい言葉の作品紹介

「コラーゲン、たっぷり〜」と、フカヒレを食べるたびに言っていませんか?「ある意味」「今度、ごはんでも」「どこか懐かしい」「一口、どう?」「もしアレだったら」など、ついつい使いがちな責任逃れ語、曖昧語、紋切り語を45個採集。

ツイートする