密売人

  • 411人登録
  • 3.49評価
    • (13)
    • (85)
    • (82)
    • (10)
    • (3)
  • 69レビュー
著者 : 佐々木譲
  • 角川春樹事務所 (2011年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758411769

密売人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「笑う警官」に代表される北海道警シリーズ第5弾。
    今回挑む事件は、警察への情報提供者と思しき人物達の連続殺人。
    その真実は?そして、真犯人は誰なのか?

    佐々木譲らしい警察小説であるし、
    これまでのシリーズに恥じないいつものクオリティであるし、
    シリーズのファンであれば、楽しめる小説であることは間違いない。

    しかし、何か物足りない気がする。
    3作目までの事件のスケールの大きさが頭にあるからなのか?
    相変わらずの北海道警に失望しているからか?
    いずれにしても、少し残念に感じた。

  • ・ストーリーにはスピード感があって結構楽しめたんだけど、各刑事の描写が甘くてそれぞれに個性も魅力も感じられずあんまり感情移入できなかった。特に女刑事は一体なんのために登場してるんだ、と読み進めてすぐどうやらシリーズ物の一冊らしい事に気づく。その所為なんだろうなあ。姫川玲子シリーズみたいなもんか。難しいよね、シリーズの読者にしてみれば人物説明に字数を使われても困るし。なら表紙にシリーズ物だってわかるようにしてもらえれば俺も手に取らないんだが。
    ・タイトルにある「密売人」もどうもしっくり来ない。ラスト少しだけしかその密売については触れられていないしなあ。あとあの大学教授出てきた意味がわからん。
    ・まあ暇つぶしにはなったかな。近くに市民センター図書室で借りた。

  • 北海道の各地で起きた別個の殺人事件・死亡事故が、実際は警察に協力する情報屋が殺されていた話。
    佐伯たちが、それぞれ追う事件が絡み合い、警察情報の流出事件へつながっていく流れが良い。
    郡司事件は絡めないほうが、新鮮だったんじゃないかと思う。

  • 道警シリーズ第5弾。
    4作目を読んだのが5年くらい前だから、久々過ぎて郡司事件の詳細とかけっこう忘れてたけど、なんとか思い出しながら読んだ。
    ホテルでランチとか、相変わらずみなさん仲が良い。
    チームワークと個々のポテンシャルの高さで真相に近づいていく。
    タイトルの密売人がずっと???だったけど、納得。
    道警シリーズはやっぱおもしろい。
    7作目まで手元にあるのでいっきに読んじゃおう。
    マレーふうカレー食べてみたい。

  • 面白かった。
    ヒットマンとの競り合いに息を飲んだ。
    警察の内部情報を「密売」する裏切者。
    元警察官というふうに同じ括りにされるのは、どういう思いだろうか。
    「正義は自ら証明する」しかないと思った。

  • 10/11 H27

  • 2015/09/14
    移動中

  • 道警シリーズ

  • 十月下旬の北海道で、ほぼ同時期に三つの死体が発見された。
    函館で転落死体、釧路で溺死体、小樽で焼死体。
    それぞれ事件性があると判断され、津久井卓は小樽の事件を追っていた。
    一方、小島百合は札幌で女子児童が何者かに車で連れ去られたとの通報を受け、捜査に向かった。
    偶然とは思えない三つの不審死と誘拐。
    次は自分の協力者が殺人の標的になると直感した佐伯宏一は、一人裏捜査を始めるのだが…。
    道警シリーズ第五弾!

  • 密売の意味が違ってました。後半のの盛り上がりはイイなあ。

全69件中 1 - 10件を表示

佐々木譲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

密売人を本棚に「読みたい」で登録しているひと

密売人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

密売人を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする