紙の月

  • 2623人登録
  • 3.70評価
    • (175)
    • (505)
    • (360)
    • (60)
    • (9)
  • 485レビュー
著者 : 角田光代
  • 角川春樹事務所 (2012年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758411905

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

紙の月の感想・レビュー・書評

  • 銀行から1億円を横領し逃亡した梅澤梨花は何を手にし、何を失ったのか。
    読んでる自分がずっと追い詰められているようで、とても苦しかったです。人が叱られているのを見ているだけで、自分も叱られているように感じる人が10%ほどいるそうです。私もその一人で、不正を重ね、いくら使い込んだのかもはや分からなくなり、辻褄を合わせようとしても明日のお金を準備するの追われ、どんどん追い詰められていく、自分もいっしょに追い詰められていくようで、苦しかった。

  • どんどん金銭感覚がおかしくなって、犯罪に手を染めていくのに、罪悪感がない。光太への歪な愛。読んでいてとにかく恐ろしかった。
    上司と顧客を回ることになり、偽の証書がバレそうになる場面は手に汗を握りながら読んだ。
    どうやってバレるのか、いつ彼女がこの自転車操業の世界から抜け出せるのか、ハラハラしたのだけれど、バレる瞬間や捕まる場面の描写が無かったのが少々物足りなかったような。
    理花にまつわる周りの人も、みな抱えている問題がリアルで怖かった。

  • 犯罪が起こったとき、周囲の人々は決まって
    「そんなことをする人には見えなかった」
    という。
    この本も、主人公はごく普通の主婦。
    家を整え、夫にお弁当を持たせて送り出し、買い物に行って夕食を作る。
    そんな暮らしをしていたはずなのに、ほんのわずかの歯車の軋みによって、少しずつ、少しずつ事態は変化していく。
    最初は本人も気がつかないほどのものだったのに、終盤には雪崩のように彼女の生活をのみこんでいく。
    その描写が圧巻。
    誰にでも起こり得ることなのだ、もしかしたら私にも、と思わせる筆力がすごい。

    ただし、救いはない。主人公の周囲に描き出される、お金に振り回される人々すべてに、救済は提示されない。
    なので後味は悪い。自分自身がお金というものにからめとられてしまったような、息苦しさだけが残った。

  • 角田さんの小説らしい、ち密な、特に女性の心理を深く鋭く突いた語り口がなるほどなあ、と思わせる。今回は小説としては、梨花という主人公は置きつつも、彼女を知る女性も描き出した群像劇、のような構成といえばよいか。最後に梨花はどうなるのだろうと思いながら読んで行ったら、あれ?と思うような終わり方だったが、群像劇なら、まあ仕方ないか、と納得するしかない。

    群像劇に登場する女性たちは、全員が(梨華も含めて)お金、あるいは自身の存在場所に関しての強迫観念に縛られている。それが著者が書きたかった小説の動機なのかどうか。

    映画を先に知って、観たい、その前に原作を読んでおきたい、と思って図書館で借りてきた。小説としては終わり方にあまり納得できず、期待をちょっとはずされた感じ。映画がどうなのか、早く観てみたい。

  • 4.0 宮澤りえ主演で今秋上映される映画の原作です。『八日目の蝉』に勝るとも劣らない秀作だと思います。主人公は一見華があるけどどこか陰がある美人。正に宮澤りえ。映画も楽しみです。

  • 怖かった
    怖いけどドンドン引き込まれてしまった

    ごく普通、普通より少し上の生活をする善良な主婦が一億円を横領するまでが恐ろしいまでに現実味をもって描かれていた

    夢に見てしまったもん
    お金がないって焦る悪夢
    お金がないって不幸なの?って疑問を持つことで夢から目覚めたけど恐ろしかった

    もし自分だったら?
    自分だったら梨花と同じことをしない?
    しないって言いきれる?

    言い切れないよ

    と思いながら読んだから凄く凄く恐ろしかった

    男性にはわからないかもしれない
    女にしかわからないかもしれないけど恐いくらいリアルだった

    光太が好きだった訳じゃなくて必要とされる誰かになりたかったというのが本当に恐い

    人はこうやって少しずつ狂っていくんだなと思った

  • 再読・数回。
    何で、気になるのか。何回も読んでしまうのか。
    私はお金がなさ過ぎて?お金のことが気にかかり過ぎているのだけれど。

  • こわい…お金が怖くなった。 私は高額の物はめったに買わないし、そもそも私にとっての高額なんてたかが知れてるけれど、それがだんだん当たり前の額になっていってもっと、もっと、となっちゃうのかな。 梨花以外の人たちのお話も怖かった。 お金があっても、お金がなくても、普通に生活するくらいにあっても、お金に振り回される・・・

  • お金に振り回され、飲み込まれていく女達の話。買い物の快感、額が大きくなるにつれて麻痺していく感覚、与えられ続けて次第にそれを当然だと勘違いしていく感じ、物をねだる時の媚びた表情など、全てがリアルでたまらない気持ちになりました。自分のお金で生活するって、馬鹿にならないためには本当に大切なことだと痛感。映画、観たくなりました。

  • 「ファイナンシャルファンタジー」

     パートタイマーとしてわかば銀行に勤める梅澤梨花は夫とのささやかな幸せを求める普通の主婦であった。しかし顧客である独居老人平林の孫・光太と出会い恋に落ち、自分のちょっとした買い物のため顧客から預かった金に手をつけてしまったらことから、梨花の金銭感覚は次第に狂い出す。

    考えてみるとお金ほど不思議なモノはない。

    そこにある一万円札は、使わなければ「一万円札」という名前の一枚の紙切れに過ぎない。その紙切れはそれに見合う何かと交換することによって初めて「一万円」という価値を持つ。

    しかしそれは世の中のすべての人がこの一枚の紙切れに共通の価値を認めて初めて成り立つことで、極端な話、もしそのすべての人が「それはただの紙切れに過ぎない」と言い出してその価値を認めなくなったとしたら、一万円札はたちどころにただの紙切れになる。

    だとしたらそんなあやういもので成り立っている人間社会って実はものすごいファンタジーな世界なのではないか。

    梅澤梨花は独りそのファイナンシャルファンタジーの世界にはまり、闘って、そうして敗れたのであった。

  • 映画もみました。どこにでもいる主婦の大胆な行動。刺激的でドキドキしました。主人公の金遣いの変わりようを見ているのが面白かった。

  • 会話中の些細な違和感とか毒っぽさが上手かった

  • ほんとに、デパートに来る女性ってどこからお金出してるのかな。奥様は旦那のカード?それかバリバリ働くキャリアウーマン?尽きることのない物欲、買い物にはまる女性。でも自分もふとしたきっかけでなりそうな気がして、怖くなった。

  • 2016年6月10日読了。銀行から一億円を横領し逃亡した銀行員・梨花、彼女は何を求めて何を手にしたのか…。宮沢りえ主演で映画化もされた角田光代作品。読んでいて感じるこの息苦しさは何だろう…?お金を使っている時だけ「本当の自分・現実」のように感じられてお金を使い続ける人々が描かれるが、本当にお金を持っている人・それを使う人が幸せってわけでもないし、誰もがお金を使わないと幸福感を得られないわけでもない。彼女の辿った道のりは誰でも転落し得るものなのかそうでないのか、考えさせられてしまう。一度犯罪に手を染めると加速度がついてそれが止められなくなる、その時の心理の描写がリアルに感じられて恐ろしくなる。よーく考えよう、お金は大事だよ。

  • 普通に主婦していた主人公が、横領するに至る。ちょっとしたことで狂っていく歯車が、読むほどにやめて、と思う。お金とどう向き合えるか、誰でも直面していく問題。人の考え方も変えてしまう。
    サイドで進む過去の友人たちの話、それぞれの生活に向かっている。誰もまた、価値観とそれに必ず付随する金銭で、バランスの上に立っていると思う。

  • 読んでみたいと思ったのは、40代の女が、若い男の子から愛されていたのかどうか知りたかったから。

    与えすぎると、人は恐さを感じる。
    光太はここから出してと言った。

    和貴は浮気相手の睦実が食事代を払い、高価なプレゼントを与えられた事に怖くなり、距離をおく。
    買い物依存で離婚寸前の妻の方がやり直しができそう。

    与えるとは恐い事なんだな。
    与えても人は思い通りにはならない。

  • 表紙の絵から、ほんわかした話と思っていたら、全然違った。銀行員であり主婦である梨花が、顧客のお金を横領する話。不正を不正だと思わなくなり、いったいいくらお金を横領しているのかもわからないまま、値段を見ずに衣服や鞄を購入し、エステや美容院に行く梨花が怖くて、一気読みしました。でも本当に怖いのは、梨花が特別なのでなく、誰にでもそうなる可能性はある、と思わせられるところ。亜紀はどうなるんだろう。

  • 横領を繰り返す主人公に知らずにもうやめろって言いながら読んでいた。

  • まるで誰からの回答もない"Yahoo知恵袋"のようだった

  • お金って怖い、としみじみ思いました。
    少しだけ、がどんどん積み重なり、いくら借金しているのかわからなくなり、誰のお金なのかも気にならなくなって、ただ堕ちていくところ。
    結末まで主人公以外もいつばれるのか、いつ破滅するのか、途中から怖くて仕方がなかったです。
    横領にたかり、極度の節約、買い物依存など、どれもいつか自分も堕ちてしまうのではないかと思わせるところがリアルすぎて怖かったのかもしれません。
    現実問題として自分も結構お金に振り回されてるなと思います。

  • 若い彼の笑顔が見たくて、そばにいたくて、つなぎとめておきたくて、不正を重ねる。最初はちょっと借りるだけ、きちんと返すつもりだった顧客の金。お金こわいとかそんなんじゃない。さみしさをお金で埋める異常さに気がつかず恍惚とする登場人物だち。とてもこわくてせつない。

  • おかねこわい。角田光代さん、苦手で読むのがめんどくさくって、一ヶ月かかっちゃった。

  • ドラマ版を観て、原作を読んでみたくなった作品のひとつ。
    お金はあり過ぎてもなくても困るもの。使い方を間違えると人生が狂う。横領、買い物依存、借金、過度な節約。どれも幸せではない。身の丈にあった生活が一番。

全485件中 1 - 25件を表示

紙の月に関連する談話室の質問

紙の月に関連するまとめ

紙の月を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紙の月を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙の月の作品紹介

わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。
梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。彼女は、果たして逃げ切れるのか―?
あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代、待望の長篇小説。

ツイートする