紙の月

  • 2646人登録
  • 3.70評価
    • (178)
    • (512)
    • (364)
    • (62)
    • (9)
  • 490レビュー
著者 : 角田光代
  • 角川春樹事務所 (2012年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758411905

紙の月の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜこんなことになってしまったのか?
    あの時こうしていなければ、あの人に出会わなければ、今は全く違っていたかもしれない。
    梅澤梨花さんはそう自問しながらも、その考えを虚しく感じている。
    それでもやはり私はここにたどり着いたのではないかと。

    この本を読んで感じたことはうまく言葉に出来ないことばかりだ。
    怖いとも思ったし、分かる気もしたし、そのすぐ後に理解出来ないとも思った。
    何人かの顔が浮かび、その人の記憶が蘇り、その日の感情が再現された。
    心地いいものも、そうでないものもあった。
    何かに気付けそうな、言葉に出来そうな気がして読み続けた。

    そして読み終わった時にふと寂しいなと思った。
    でもそれは読んでいる時に感じていたこととは全く違う。
    掴めそうだったものはいつの間にか消えてしまった。

    ただ寂しいなと思うだけ。
    この小説に出てくる人達は私と変わらないんだろう。私の周りの人とも。
    そのことが寂しい。

  • 面白かった!一気読み。私の中で角田作品ベスト3に入る作品。
    角田さんて本当に女の心の闇を書くのが上手い。
    お金を散在する恍惚感、分かるー!って思ってしまった。大抵の人なら途中でブレーキがかかるんだろうけど、物語ではどんどん歯止めが効かなくなっていく。買い物することでストレスを発散するって女特有なのか。
    不可思議だったのは光太の態度。スイートルームに連泊したりマンションや車を買い与える女が銀行でパートしてることに疑問を持たないのか。それとも確信犯か・・・。

  • 1月にNHKでドラマ化された【紙の月】

    夫との二人暮らしの中で何となく違和感を覚えることが多くなっていた梅澤梨花(原田知世)は若葉銀行でパートとして働き始める。
    超が付くほどまじめで貞淑な妻だった梨花が横領事件に手を染める。
    彼女を横領事件へとかきたたせたものとは…

    このドラマかなり好きでした。
    主演の原田知代さんは相変わらずキュートだったし。
    相手役の満島真之介くんは可愛かったし…(笑)。

    これは是非とも原作を読んでみなくちゃ~と、軽い気持ちで読んでみたら面白かった!!

    原作を読んでみて思ったこと。
    ドラマ化や映画化されると「原作と違うやん!」とがっかりすることも多い中、ドラマ【神の月】はかなり原作に忠実でありつつ、ドラマとして秀逸だったということ。
    (あくまで個人的感想ですが…)

    ドラマでは梨花が逃亡した国を明確にしていませんが、映像から「タイだろうなぁ~」と思っていました。
    原作を読んでみるとやっぱりバンコク、チェンマイでした。
    ちょっとうれしく思ってしまう不思議(笑)。

    もう一度、ドラマを見たくなっています。

  • ひと一倍正義感の強い平凡な主婦、41歳の梅澤梨花が何故何故と考えさせられるストーリーだった。
    わかば銀行の契約社員、最終的には約1億円を横領して海外に逃亡していく中で、本人もひたすら過去を振り返る。
    夫婦間の価値観?大学生の光太との出会い?ボランテアにも力を入れていた若かりし頃、お年寄りに親切で優秀な社員がと思う時、切なくって切なくって。
    堕ちるときは、何でもない心の隙からとんでもないことになるんだなーと悲しいストーリーであったが角田さんの描写力に引き込まれる作品でもあった

  • 今まで理解できなかった”女子行員による大金の使い込み事件
    主人公は小さな満足感を積み重ねてどんどん落ち込んでいく
    あり得ないことなのにまるで自分の心の中にも同じ落とし穴があるようで怖い

    別れた娘の物欲を断ち切るという苦しい選択をして 落とし穴に落ちずにすんだ最後の友人の項で救われた

  • 最後はちょっと突き放された感じ。この状態のまま終わるとは思わなかった。最終的にどうなったのか、最後をきっちり書いて欲しかった。犯罪がエスカレートしていく中で、そこを楽しみに読んでいたのでがっかりした。

  • 今年ドラマ化したのを観たら面白くて、今度は映画化するからその前に原作を、と。
    主役の梨花を中心に、40代女性の登場人物が数人出てくるのだけど、みんなどこか鬱屈したものを抱えてて、そこから抜け出したいけど抜け出せないもどかしさや閉塞感がすごくリアルだと思った。
    若い男に走ったり、買い物に走ったり、節約しすぎることに走ったり。それで自分の“何か”が埋まるわけではないのに、そこに走らずにはいられない。
    過剰に見える行動も、犯罪も、実は自分のすぐ隣にあるのかもしれない。

    一般女性が抱えるストレスや鬱屈を描かせたら角田さんの右に出る者はいない、というイメージ。
    この小説はやや極端ではあったけれど、前に読んだ対岸の彼女の「わかる!」感はものすごかった。

  • 泣きながら本を読むことはよくあるけれど、
    怖くて泣きながら読んだ本はこれが初めてだった。

    怖かった。

    梨花の、「私を早くみつけて」と絶望にも近い気持ちでの言葉。
    梨花を軸に、他の登場者も全て早く見つけてほしい、欲しかったが共通しているのだと思う。

    女性はもしかしたらいつでも、「早く私をみつけて」欲しいと思っているのかもしれない。
    その願いの多くはかなえられず、いろんな形となって消化されていく。
    何かを代替にし落ち着かせたり、なかったことにし自分の奥底にしまいこんでみたり、
    表面的な部分だけでも暴力的に表現してみたり。

    でも、かなえられなかった、消化しきれなかった片鱗は時間がたっては溜っていき、別の形になっていくんだと思う。

    見つけてもらっていたら梨花は違っていたのか?見つけてもらっていたとしてもそれは、見つけられることが続いていかないと行かない。どうして、見つけてもらう事なんてありえないという考えにならなかったのだろう。

    見つけてもらえることなんて、奇跡のようなことだと私は思っている。
    ほんの一瞬見つけてもらっても、次は見つけてもらう事なんてないんだと。

    のめりこんで読めた。
    角田光代さんって、本当にうまいと思う。 横領のシーンなんて怖くて本を遠ざけて、ページを手早にめくってしまっていた。速読してしまった。怖くて怖くて。
    怖くて怖くて、震えながら泣きながら読んだ。
    読み終わった後も、しばらく怖くて泣いていた。

    見つけてもらえないことにフォーカスしたら、私もこうなるんだろうか?
    見つけてもらえるという願いを持たなくなって既に長い時間が経っている。あの時、このあきらめの気持ちは自分に何かをもたらすのか、相手に何かをもたらすのかとずっと考えてきたけれど、それは、
    見つけてもらえた瞬間に素直に感謝できることなのかもしれない。
    それは恋愛の愛情を超えたものだと思う。

    恋愛になったらまた別なのか…・。

  • パート先の銀行から1億円もの大金を着服し、逃亡。
    読む前に知り得ていたざっくりしたあらすじから、てっきり「八日目の蝉」的な犯罪・逃亡ものかと思っていたが、予想とはちょっと違った。
    罪を犯してからの逃亡場面から始まるけれど、どうしてヒロイン梅澤梨花がそのようなことをするに至ったかが物語のメインで、梨花、彼女の同級生の木綿子、かつての彼の和貴、友人の亜紀と、それぞれの視点から語られていく。1986年に結婚し、ささやかでも幸せな暮らしをしていきたかったであろう梨花が、夫との結婚生活に小さなすれ違いを感じ始め、銀行のパートに就いてから、彼女の人生の歯車はゆっくり狂っていく。年下の学生・光太と出会い、些細なきっかけから「横領」を罪とも思わなくなってきた梨花の壊れていく金銭感覚。
    転落していく梨花の時代設定も上手いと思った。結婚したのはバブルの頃。働く妻を何となく見下す夫も、この時代の男性だからかと思えなくもない。ヒロインの抱える「空虚」さや、ヒロインが恋する若い男に漂うルーズさ、逃亡先のアジアの描写が90年代の角田作品を彷彿とさせ、事件性を絡めながらハラハラさせられるサスペンス的な展開は、近年の作風を感じさせ。
    そして、梨花のみならず木綿子も和貴も亜紀も、人生を「お金」に振り回されていることが徐々にわかっていく。買い物依存症の亜紀が感じていた「何かを手に入れ損ねているのではないか」という得体のしれない不安は何となく理解できる。自分自身、心の隙間を埋めるようについつい散財しては自己嫌悪に陥り、主婦の木綿子のように、スーパーの底値を調べてちまちまと節約をしてみたり、その繰り返し。誰もが大なり小なり「お金」に振り回された経験を持つのではないか。
    だからこそ、梨花の行いも責めきれないものがある。転落するかしないかなんて紙一重なのではないかと。逃亡した梨花の年齢が丁度今の自分と同じということもあり、自分と重ねては色々とやるせなかった。どの登場人物に対しても、100%共感はできないけど、嫌いになり切れないのである。良心の呵責に苛まれ、それぞれの心の弱さから悲哀が滲み、それが痛々しく、切ない。
    苦々しい思いには捉われたけど、自分の足元を見つめ直すきっかけにはなった。角田さんがドラマ化記者会見で「たくさんお金を使うことに慣れていないので、“ザル”ですけど破たんはしない」と述べていたが、私も同感だ。結局のところ小心者なので、大胆な散財はできないだろうけど、お金にまつわる懊悩は続くだろう。生きていれば。

  • 人には必ずと言っていい程、“属性”がある。学生であったり、誰かの父や母であったり、、。
    その“属性”を全て取り除いたところに丸裸の本当の自分がいる。
    そこに辿り着くためには何かを得たり何かを手放したりしなければならない。

    この本を横領して逃亡する女の話と表現するにはあまりに短絡的だと思う。

    2013.9.27読了

全490件中 1 - 10件を表示

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

紙の月に関連する談話室の質問

紙の月に関連するまとめ

紙の月を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紙の月を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙の月の作品紹介

わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。
梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。彼女は、果たして逃げ切れるのか―?
あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代、待望の長篇小説。

紙の月の文庫

ツイートする