スタンダップダブル!―甲子園ステージ

  • 230人登録
  • 3.75評価
    • (23)
    • (42)
    • (39)
    • (4)
    • (1)
  • 56レビュー
著者 : 小路幸也
  • 角川春樹事務所 (2014年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412322

スタンダップダブル!―甲子園ステージの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最高でした。
    登場人物が、みんな魅力的な上に、野球のシーンの
    素晴らしいドキドキ感。
    前作も同じなのだけど、語り手がシンジと絵里の
    交互に繰り返されるのも効果的。

    スピンオフで、西島さんメインのお話も読んでみたい(笑)

  • 前篇を読んで、続きが気になっていた1冊がやっと手に入った!モチロン、一気読み!!
    いや~、裏の裏の裏ってくらいの頭脳戦(?)的展開で、なかなかさら~っとは読めなかったのですが、それだけに面白かった!!
    そして、やっぱりラストは・・・くぅ~!泣けるぜ!!
    スポーツとか、仲間とか、熱い感じでいいなぁ~!!!
    辛い時とか、逆境の時に、助け合えたり、心の支えになれるのが、本当の仲間だったり、パートナーだったり、ですよね♪
    誰かと、そんなふうに繋がっているって信じられたら、それはすごいチカラになるなぁ~・・・そんな自分であれたらいいな、と本を閉じてからも、しばし心に残る余韻に浸っていたのでした~(●’ᴗ’●)ノ

  • 見た目はそっくりながら性格は対照的な双子―エースピッチャーの青山康一とセンターの健一を擁する神別高校野球部は、北北海道大会を勝ち抜きいよいよ甲子園へ!彼らの不思議な強さの「秘密」と、優勝を目指す特別な「理由」を知る前橋絵里は、全国紙のスポーツ記者。彼女の前に、神別高校の監督・田村と高校時代にチームメイトだったフリーのスポーツライター・塩崎が現われ、神別高校の周囲をしつこいくらいにかぎ回りはじめる。塩崎は、田村との間に因縁があるらしい。絵里は、危険なネタを得意とするルポライター・西島などの応援を得て、なんとか神別高校ナインを守ろうとするが…。

  • いいじゃないですか。

  • ホーム。グランドでは守るべきもの、目指すもの。人生では帰るところ、出発するところ。そよ風学園の仲間はホームに集うため甲子園優勝を目指した。最後は落涙してしまったよ。

  • 2015/7/27

  • ホテルの 一室での あの 緊張感の中での 山路さんの 【伝家の宝刀】!! スッキリ爽快♪

    続編、読みたいな♪

  • 期待通りの結末と展開で面白かった。

    高校生たちの
    野球と仲間に対する思いを大切に扱う大人たちが嬉しい。

    監督のたむりんが特によかったなぁ。
    こういう人が監督っていうのがいいなぁ。

    ちょっとできすぎではあるけれど、
    純粋に楽しく高校生を応援してみた。

    みんな、いい子だよー

    次作を期待してしまう。
    ぜひとも、春夏連覇、夏連覇・・・してほしい。

  • 神別高校野球部はいよいよ甲子園へ! ところがスポーツライター・塩崎が神別高校の周囲をかぎ回り始める。彼らが優勝を目指す特別な理由を知る記者の絵里は、ナインを守ろうとするが…。

    野球心理の克明な描写、物語の盛り上げ方、カタルシスの導き方…どれをとっても一級品で、小路幸也の作品の中では私にとって「ハートビート」に次ぐ傑作だった。人気シリーズ「東京バンドワゴン」はイマイチで、どうやらこの作家の作品は私には好き嫌いが結構出るようだ。
    (B)

  • 登録番号:11103 分類番号:913.6シ

全56件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

スタンダップダブル!―甲子園ステージを本棚に登録しているひと

スタンダップダブル!―甲子園ステージを本棚に「読みたい」で登録しているひと

スタンダップダブル!―甲子園ステージを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スタンダップダブル!―甲子園ステージを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スタンダップダブル!―甲子園ステージを本棚に「積読」で登録しているひと

スタンダップダブル!―甲子園ステージの作品紹介

見た目はそっくりながら性格は対照的な双子-エースピッチャーの青山康一とセンターの健一を擁する神別高校野球部は、北北海道大会を勝ち抜きいよいよ甲子園へ!彼らの不思議な強さの「秘密」と、優勝を目指す特別な「理由」を知る前橋絵里は、全国紙のスポーツ記者。彼女の前に、神別高校の監督・田村と高校時代にチームメイトだったフリーのスポーツライター・塩崎が現われ、神別高校の周囲をしつこいくらいにかぎ回りはじめる。塩崎は、田村との間に因縁があるらしい。絵里は、危険なネタを得意とするルポライター・西島などの応援を得て、なんとか神別高校ナインを守ろうとするが…。

スタンダップダブル!―甲子園ステージの文庫

ツイートする