幕末 まらそん侍

  • 152人登録
  • 3.72評価
    • (18)
    • (31)
    • (37)
    • (3)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 土橋章宏
  • 角川春樹事務所 (2014年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412407

幕末 まらそん侍の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとなく図書館で手に取ってみた。
    皆さんのレビューを読んで、本当にあった話だと知って驚き。

    安中遠足は日本のマラソン発祥なんだ!
    今でも続いてるって、本の内容より今はそっちに興味深々。

  • 殿様の思いつきで安中城から熊野神社まで走ることになった武士たちの物語。面白かった!ネットで調べたところ、板倉勝明が遠足を言い出したことも、参加者のうちの2人は2回も走ったことも、初日の遠足のゴールにゴールを記録する宮司が間に合わなかったことも、本当にあったことのよう。

  • 遠足(とおあし)を巡るあれこれ。乱心か?と思われたいきなりの「遠足」宣言。戸惑う家臣達に相反して浮き上がってくる様々な人情に、小気味良かったり、ほろりと来たり。古き時代の日本は人情に溢れこんなにも良き人達が集まっていたか、と思いましたが、最後を読めば集まるのは良き城主だからこそか、と思い直し。明るければ良い、だから松明を灯す、その優しい発想が生まれる城下は家臣含め賑やかだったに違いなく。女の怖さ、男の愚かさ、友情、家族愛に師弟愛。諸々含めて爽やかな読後でした。私としては超高速参勤交代より面白かったです。

  • 爽快ですね、走るのは。

  • 読み終わった後、爽やかになる。

  • 戦のない泰平の世、群馬県の安中城では武士の体力回復に遠足が行なわれる。

  • 安中藩の安政遠足を題材にした、
    『超高速!参勤交代』の土橋さんの2作目です。

    でも…、何となくだけど、
    『超高速!~』の二匹目のドジョウを狙っての?、
    1956年公開の『まらそん侍』のリメイクありきの、
    企画先行だったのかな~??

    『超高速!~』の焼き直しのよぅな作風でもあり、
    全体的に、うまくまとめ過ぎて、小ぶりな感じに。
    悪ぃとこはなぃけど、特出すべきとこもなくて…、
    ふつぅ…かな~。

  • 図書館で借りているので、予約した本がどのタイミングで手元にやって来るのかは自分ではほとんど調整できない。
    そのような状況下で、息が詰まるようなヘビーな内容の作品の合間に読んだので気軽に楽しく読めた。
    (何しろ「ナイルパーチの女子会」(柚木麻子)の直後であり、これから「朝が来る」(辻村深月)と「お引っ越し」(真梨幸子)が控えているのだから)

    ただ、単純にお口直し的に軽くて良かったと評しているわけではない。
    読み易くて面白くてジーンときて、最終章では落涙。
    読んで良かった。

    国内でのマラソンの発祥とも言われている「安政遠足(とおあし)」という史実をベースにしている。
    現在も同じコースを走るマラソン大会が行われているということを何となく知ってはいたが、本書を読んで改めて調べてみた。
    仮装していない人の方が少ないくらいの人気大会である。
    来年エントリーすることに決めたのは本書のお陰。

  • 連作短編5編
    安中藩主の思いつきで始まった遠足.それぞれの武士のこだわりや想いが,走ることで露わになったりほどけたり,藩主板倉勝明の手の中?で踊ってるのかもしれない,藩主も思った以上の得難いものを得たようで,得るところの多い遠足だった.

  • 五つの短編が、最後にひとつにまとまる話でした。
    何だか、よく分からず走っていると、最後に「そうだったのか」と、やっぱり殿様は偉かった。と思えました。
    最後の話を、もう少し膨らませてくれると、もっと面白くなったのでは?
    他人に傷つきながらも、他人の心に救われる、そんな関わりがほっこりと思えました。

全41件中 1 - 10件を表示

土橋章宏の作品

幕末 まらそん侍を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幕末 まらそん侍を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幕末 まらそん侍を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする