陽だまりの迷宮 (ハルキ文庫)

  • 117人登録
  • 3.27評価
    • (6)
    • (10)
    • (42)
    • (3)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 青井夏海
  • 角川春樹事務所 (2004年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431002

陽だまりの迷宮 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何年も前に買って読んだ本、再読。

    11人兄弟の一人一人にもう少しライトが当たっても良かった気がする。あと謎解きと真相、そして結末が今ひとつ弱い気が。でも、優しい物語でした。

  • 11人兄弟の末っ子が巻き込まれる謎と、それを解き明かしてくれる不思議なお兄さんのお話。
    途中確かに違和感はあったけど、それでもラストの種明かしには驚き。
    ただ、兄弟のキャラが立つほど濃くないので誰が誰やらさっぱりでイマイチ入り込めず。もう少し兄弟少なくしてそのぶん一人ずつピックアップした方が面白くなりそう。

  • 11人兄弟の末っ子の生夫が小学三年生のときにおきた不思議なこと。家族の身の回りで起きる小さななぞ、それを解くのは下宿人であるヨモギさん。兄弟っていいな羨ましいなと思える。
    2015.04.24読了

  • 好き。 日常のミステリーに小学三年生の生夫が挑むが最後はヨモギさんが解決してくれる。 多少都合が良過ぎる気がするし、エピローグはプロローグを読んだ時に思い描いたラスト通りやねんけど、そこに行き着くまでの流れが暖かい気持ちにしてくれる。 10人の姉兄の内の何人かのエピソードが無いので読みたかった。この設定では無理かも知れんけど続編希望。

  • 一人の作家を気に入るとひたすら追いかけていくタイプの読み方をしているんだけど、「スタジアム 虹の事件簿」以来、助産師探偵シリーズを読んだまま、その後、追いかけていなかった。検索したら何冊も読んでいないことに気づき、まとめて購入。
    3話が入っている連作なんだけど、気に入ったのは象の絵本の話。

  • 11人きょうだいの末っ子生夫の元に降り掛かる謎。その謎を解いてくれるのは下宿人のヨモギさんだった。日常の謎ものとしても大家族ものとしても中途半端な感じを持ちながら読んでいたのですが、ラストに訪れるとある解明で世界が一変します。物語に光が差し照らされます。それが多少無理強いでも気にならないくらい、鮮やかなやり方に驚きました。
    あらすじなどには「ほのぼの」という言葉で紹介されているのですが、実際には人の持つ厭な部分を書いて、それに対するフォローなしに済ませている部分も多くあるんです。まあ何もかもが丸く収まるって方が無理なのかもしれませんが、ちょいと気にはなるんですよね。

  • 装画 / ムラタユキトシ
    装幀 / 芦澤 泰偉

  • 子供の頃の記憶を探ってみませんか?

    そんな風に問いかけさせてくれる一冊。

  • 登場人物はみんな子供。だからみんな残酷で、その気持ちはかつての自分がそうだったはず

  • 「日常の謎」の解決をテーマとした書き下ろしの作品。凝った設定で、プロローグの初めの方を読むだけではそれから先、誰が主人公となるのか分からない。しかし、物語が始まると、これは大村家の11人兄弟の末っ子・生夫の小学生時代の回想の話だ分かる寸法。20年近くたった後の「プロローグ」と「エピローグ」にはさまれて、当時の下宿人だった「ヨモギさん」が解決してくれた不思議な話が語られる。『黄色い鞄と青いヒトデ』は双子の姉が登場する話。『届かない声』は、たくさんいた姉たちの話。最後の『クリスマスのおくりもの』は唯一の兄弟をめぐる話。いずれも大家族の大村家周辺で起こるちょっとした事件の解決が描かれている。

全25件中 1 - 10件を表示

青井夏海の作品

陽だまりの迷宮 (ハルキ文庫)に関連するまとめ

陽だまりの迷宮 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陽だまりの迷宮 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

陽だまりの迷宮 (ハルキ文庫)はこんな本です

ツイートする