土間の四十八滝 (ハルキ文庫)

  • 214人登録
  • 3.24評価
    • (9)
    • (15)
    • (85)
    • (4)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 町田康
  • 角川春樹事務所 (2004年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431057

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詩は普段読まないのですが、彼の場合は小説でも詩的な独立した表現が登場するので、見慣れないわけではありません。ポップミュージックの形態を取るところなんていかにも彼らしい軽やかさですが、気に入ったのはいちいち全員が「言わぬが花でしょう」と語る(歌う?)、古い邦画的なセンスの復古たるや。

  • 町田康初心者で詩から入っちゃったのはちょっと選択ミスでした。
    元からそこまで詩自体得意ではなかったのに((苦笑

    小説でリベンジします^^;

  • 詩を詩として書くきっかけになった詩集。
    たまらん。ぶるぶるする。

  • これからもきっと繰り返し読む。ずんべらぼになてずんずん。

  • はたしてこれは詩集なのかだろうか?一読するだけだと短編小説みたいな雰囲気も受ける。町田康の独自の言い回しは健在。

  • この人、詩作るのうまいね

  • 頭腐

  • ほぼ「意味不明」で終りそうだけど、町田康が描き続けている、アウトローの劣等感みたいなものが滲み出ていると思う。

全11件中 1 - 10件を表示

町田康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)はこんな本です

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)の単行本

ツイートする