雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

  • 442人登録
  • 2.95評価
    • (10)
    • (30)
    • (96)
    • (45)
    • (7)
  • 76レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 料理店塩梅屋で働く元武士の料理人が主人公
    塩梅屋の主人が遺体で見つかり事件に巻き込まれていくのだが、、、、

    料理人が主人公なんだがあんまり料理料理はしていなくて残念

  • イケメンがやたら登場する小説。眼福眼福。ヒーローがふつうに男前っていいよね。安心して読めるわ。
    これは・・・「時代小説」に分類されていいのかしら。笑
    最後まで
    「烏谷を信用して、ええの!?」
    と、そういう方向でのどんでん返しにソワソワしたけど、信用してよかったみたい。たぶん。

    池波正太郎氏でもそうやけど、いい人はイケメン、悪い殿様は性根まで腐ってる、って、わかりやすい設定が好きだ・・・。
    あとそこに料理ネタを放り込んできてくれたらいうことなし・・・。

    この「長次郎柿」って、干し柿とはまた違うよねえ・・・。
    美濃柿か・・・。たぶん、わからん・・・(笑)。
    ここらでは四角くて立派な富有柿を高値で見るけど・・・、んん? あれっ、美濃柿って、富有柿の一種?

    でも、作中で語られた「美濃柿」は、やや長細い楕円で先が尖ってるみたいな印象やったけど、違うのかな??


    あとはまあ、お雛様のお鮨がおいしそう・・・。
    一話から四話までで季節がひとめぐりしてたねえ。


    瑠璃ちゃんのこととか、すごいオチになってるし、この先季蔵は離れで裏稼業を営むのかなとか・・・。
    (まあ、営むやろうな)

    とりあえず早急に続きを読もう。
    しかしこれはドラマ化されてないのねえ、意外。


    ■■■■


    ■猪牙舟 ちょきぶね

    猪の牙のように、舳先が細長く尖った屋根なしの小さい舟。江戸市中の河川で使われたが、浅草山谷にあった吉原遊郭に通う遊客がよく使ったため山谷舟とも呼ばれた。

    (2016.10.08)

  • 料理人李蔵捕物控
     雛の鮨
     七夕麝香
     長次郎柿
     風流雪見鍋

    銀座三河屋の「煎り酒」をもらったので
    使い方見本として読んだ本。

    「煎り酒」上品でおいしい調味料です。

  • 初の和田はつ子の時代小説を読んだ。
    みをつくし料理帖のように料理の詳しい話がある訳でなく、少し期待とは違っていた。しかし、塩梅屋の料理人季蔵が、主家の鷲尾影守への恨みを晴らすところはワクワクしながら読んだ。また、元許嫁の瑠璃やおき玖とのこの先の行方が気になる所である。

  • 悪人はそれなりにいやらしく、懲らしめられはするんだけど、
    もう少し痛快な物語を読みたいな。

  • 久しぶりの時代小説です。ブックオフで購入しました。

    評価が分かれている(というか悪い)ようですが、私は
    なかなか読みごたえがあると思いました。
    料理の描写もあると思ったのですがねぇ…何か違うのかな?
    澪つくしと(澪つくし、実はまだ読んでないです(苦笑)
    どこかが違うんでしょうね…。
    でもこれはこれからだと思います。最後がバッドエンドに近くなってしまいましたが、このシリーズは25作ありますからこれからも読んでいくつもりです。

  • 人物紹介の一巻なのかなと判断。一応の幕引きあり。季蔵が青臭い(笑)料理人としても塩梅屋としても今後どう成長していくのか期待。季蔵の刀の腕も未知数だしね。
    他の方も書いてるけど料理よりも捕り物の要素が強いので澪つくしを期待すると肩すかしかも。池波正太郎を軽くした感じ。連鎖短編なので読みやすい。それにしても煎り酒なめてみたい。

  • 雛の鮨、七夕麝香、長次郎柿、風流雪見酒。

  • シリーズ化されているが、あっけなく仇打ちが終わってしまったのでビックリ。澪つくしよりアッサリとした後味。

  • お江戸ものに欠かせない義理人情や人物の魅力に乏しく、情景描写も足りない感じ。
    捕物としてはまあまあ読めました。
    みおつくしが面白かったので料理人に惹かれて買いましたが料理の描写も少ないし、ちっとも美味しくなさそう。
    買ってしまったので何冊か読みますが、シリーズ全部は読まないと思う。

  • シリーズ沢山出ていて、食べ物、江戸、捕物帖と言う私のツボ突きまくるテーマだったので図書館にて予約していたのですが。

    私としてはハズレ。

    何だろうな。巧くない。読んでいて引き込まれない。
    読み始めたからとにかくこの1冊は読了しよう、と言う意地で読みましたが。2巻以降は手にしないでしょう。

    うーん。作者さん自身料理本?も出されているようですから、お料理好きだろうと思うのに、どうにもその辺が魅力的に書かれていない。煎り酒推し、一点張り。胃もたれします。

    台詞で説明し過ぎる。
    登場人物が自分のことを語り過ぎる。
    犯人が自白し過ぎる。

    んんん。

    推理とか特に無くて。ただ、犯人と思しき相手のとこに押しかけて行って、ハッタリで吐かせる。それだけ。
    作品としての面白さがどこにあるかよくわからない……。

    主人公のキャラも定まってないなあ。
    地の文でやたらと感情的になるんだけど、何だかしっくり来ない。
    様子の良い男にしときゃ良いってもんじゃないですよね。

    何だかなあ。薄っぺらい。

    時代モノに特別愛を感じることもないし。書き慣れない感じ。

    すけべじじいたちの描写だけやたらしつこいと言うか、直接的で不愉快にすら感じた……

    学生時代に書いた空滑りした脚本を思い出す……

    でも大人気シリーズになってるみたいで。私には合わなかっただけなのかなあ。んんん。途中から面白くなるのか……でももう予約する気は無くなってしまいました。

  • みをつくし料理帖が楽しかったので、新刊案内を見て読みだしたけど、約半分で終了。
    何がって、こちらは主人公が「料理人」ってことで、それに伴い料理の話しも出る、程度。
    私は「料理人」じゃなくて「料理」にスポットが当たったものが好きなんだとわかりました。

  • 料理屋「塩梅屋」で働く季蔵は、元侍。
    とある騒動に巻き込まれ、塩梅屋の主人である長次郎に
    季蔵の名をもらい、町人として生きている。

    塩梅屋は離れと表通りの飯屋がある。

    離れの方は長次郎が仕切っており、季蔵どころか、娘のおき玖にも謎な商いをしているが、飯屋の方は季蔵にまかされている。

    そんなある日、長次郎の死体が川から上がる。
    季蔵は殺人事件だと訴えるが、奉行所は腰が重く、溺死として片付けてしまう。

    季蔵は、なんとか犯人を探そうとするが、長次郎はどうやら料理屋の主人以外の顔があったらしく…。

    シリーズ1巻目。
    それを見越してなのか、伏線がたくさん張り巡らされてるような気がする。
    今回はサスペンスの要素が強い感じ。
    季蔵が主になって活躍するのはこれからかな。


    収録作品:雛の鮨 七夕麝香 長次郎柿 風流雪見鍋

  • 久しぶりに時代小説が読みたくなって積読から一冊。

    主家を出奔し、塩梅屋長次郎に拾われた李蔵。
    塩梅屋の使用人として働いていたが、ある日、長次郎が殺される。
    明らかな他殺死体を自殺で済まそうとする奉行所に憤然とする李蔵たち。
    その通夜の席にフラリと現れた烏谷涼十郎より長次郎の裏の顔が明かされ、李蔵の過去の事件が絡んでいく。

    お腹が空いたときに買った本なので時代小説だけど料理が美味しそうな感じ。と思ったけど、なんとも中途半端。
    料理がイマイチ。煎り酒だけが印象的。なんじゃこりゃー。
    まだ登場人物紹介のシリーズ最初だからなのか、いやそれにしても料理人としてもあまり魅力ないし、おき玖との恋愛ものでもなく、推理もなく、剣客でもなし。あげくにあまり後味もよくない。
    どうなるのか気にはなるけど、盛り上がらないなあ。
    あ、この人の本って以前にも読んでいてイマイチだったわ。
    合わないのかも。

  • p16
    人は誰でも心にずしりと重みを抱えているもんさ。

    重さが辛くなったら、身の回りを眺める。考え過ぎない。まずは、食べて寝て働く。この繰り返しが生きてるってこと。人生のいい塩梅。

    とっつあん、ありがとう。

  • ここのところ、江戸モノでは杉本章子さんの信太郎シリーズや風野真知雄さんの佐平次シリーズにはまっており、季蔵に期待を寄せた。正直、残念。展開が性急過ぎて、人情劇なのに深みがない。

  • シリーズものの時代小説が読みたくて。ネタバレはやっ!飽きるまで追ってみるか。

  • えと、元お侍さんが料理人になって、いろいろと事件に巻き込まれ、なんやかんやで解決し・・・・・。

    正直、この本が何故にバカ売れし続々とシリーズが続いているのか、よくわかりません。
    料理人が主人公なのに料理もイマイチ美味しそうじゃないし、でもって捕物のほうもなんだか中途半端だし・・・。
    2作目以降で、急激にレベルアップしてるのだろうか?
    御縁があれば読みましょう。

  • 江戸の人が粋に殺されて、粋に捜査して、粋に解決!
    くらいの、薄っぺらい記憶しか残らなかった。

  • ”江戸時代物、四季の江戸の料理が出てくる”から、と24冊目に借りた本。

    江戸時代の話のいいところは、落語に出てくるような愛嬌と魅力たっぷりの登場人物だと思うのに、このどこかクールで熱をあまり感じない季蔵の語り口は、本来一番江戸っ子って感じであるはずの豪助の質さえ粋にさせない、登場人物が活きていなくて残念だった。

    主人公が料理人であるにもかかわらず料理の調理法からも仕上がった料理の描写からも美味しさが伝わってくるわけでもなく、気風のわるい登場人物から江戸っ子の粋を体験できるわけでもなく、事件解決に手に汗握るような緊迫感や臨場感が出ることもない。
    終始ふわーっとした料理に絡んでいるのだかいないんだかわからないくらいの事件がふわーっとして終わる。
    読み終わった後に、登場人物について語りたい!と思わせるところもない。

    つまらなくて読めないというほどではないけれど、どこをとっても抽象的で物足りなさを感じる小説でした。

    ただ、自前の梅干しで作った煎り酒を家に常備しているので、火を通す料理の調味料に煎り酒をもっと使ってみようとは思いました。

  • あら。
    意外と面白かった。

    春・夏・秋・冬と季節に添った4編が収録されている。
    それぞれ季節を大事にした料理が登場するものの、
    料理よりは捕物に焦点があたっているので肩すかしを食らった感もあるけれど、そういえば、「捕物控」ってなってたね。。。

    塩梅屋の主人、長次郎亡き後、店と一緒に大きな秘密も任された季蔵。
    続巻も読んでみようとは思うけれど、事件の顛末は全てテンプレートな結末かな、という一抹の不安もあったりなかったり。

  • もう一度、よみたい。捕物ですが、人情ものかな。

  • 捕物帖シリーズ。
    主人公は料理人。
    第一弾らしく、キャラの説明的な話がメイン。料理が美味しそう。

    主人公が感情豊か。
    怒ったり、泣いたり、料理がうまくいかずに凹んだり。七夕の話が印象的。
    覚悟を決めつつある主人公の、今後の活躍が楽しみ。何かを守り引き継ぐというのはたいへんな覚悟が必要であり、簡単にはいかない。どれだけ周りから必要とされ、継ぐのはお前しかいないと言われても、結局は本人次第。気持ち、覚悟、プレッシャー、そのあたりの折り合いをどうつけていくか、悩みは尽きない。

  • 料理屋というなら、 料理シーンや季節を感じるような描き方があると、もっと面白いと思った。そして、話の入り口はゆっくりと流れるが、結論が一気なので、もっと間が丁寧に描いてほしい。

  • 2012/12/19

    Osaka Prefectual Central Library

全76件中 1 - 25件を表示

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)に関連する談話室の質問

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする