悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

  • 262人登録
  • 3.13評価
    • (7)
    • (23)
    • (53)
    • (19)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433174

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 椋鳥飯
    焼きみかん
    非桜餅
    蜜紅

  • 世の中には悪人が蔓延る。それに立ち向かう、料理人季蔵と奉行烏谷。相手を考えると、結末は長くなることが予想できそう。

  • 前回の事件を引きずるとは思わなかった。これからずっと対峙していく系なのかな。だとしたら瑠璃さんに救いがなくてちょっと辛いかなあ。

  • 椋鳥飯、焼きみかん、悲桜餅、蜜紅。
    先代長次郎の裏の稼業も次ぐ決心をした。

  • あまり面白くないものの何冊かまとめて購入したのでとりあえず読む。
    捕物のラストがあまりにもアッサリしているのが逆に斬新。
    2冊目なのに人物達にいっこうに親しみが湧いて来ないのが残念。

  • 料理人季蔵シリーズ第2弾。

    師匠の長次郎が殺され、料理屋・塩梅屋を継いだ季蔵。
    しかしそれは同時に裏の稼業も継ぐことだと、奉行の烏谷からせっつかれるが、季蔵は裏稼業については積極的になれない。
    そんな中、ようやく取り戻した元許嫁・瑠璃の身に危険がせまる…。

    第1巻が幕開けなら、第2巻は序章というところ。
    裏稼業を継ぐ決意を固めた巻といった感じ。
    現在療養中の元許嫁・瑠璃さんと、師匠長次郎の娘で塩梅屋を手伝ってくれるおき玖さんとの三角関係が気になるところだけど、そっちはまだそこまで盛り上がらないのが寂しい。
    盛り上がるのはもっと先かな。
    ようやく裏稼業にも前向きになった季蔵だけど、描写がいまいちスカッとしない。
    単に私の想像力がないからかな(-_-;)。


    収録作品:椋鳥飯 焼きみかん 悲桜餅 密紅

  • 必殺仕事人のようなお話で、食べ物の話を織り交ぜて話が進んで行く。基本一話完結。
    大きな闇が背景にありそれを前面に出さずに裏でつなげて、前面では細かい事件についてのストーリーとなっている。
    どの話も暖かい人情があふれる話だった。
    面白かった。

  • まあ次から次へと事件、そしてよう死ぬわ。捕物もんってこういうもん?

  • 娯楽時代小説というのは、往々にして、展開早すぎ、うまく行きすぎ、というものが多い。このシリーズもそんな気がします。シリーズ2作目ですが、3作目以降読むかどうか微妙です。

  • 25冊目に借りた本。

    季蔵2冊目、2冊目もうすぼんやりとした事件と、料理と、解決がみられる。
    今まで読んだ数冊の時代小説のうちで一番、うすぼんやり。

    読み終わった後に、多分感覚としては、季蔵の店の通りに面してはす向かいくらいに商店を出してる私が出入りするお客さんからの噂話や、店への出入りから想像しているくらいの情報量と、人づてに聞いた感しか残らない。

    こんなに登場人物たちがどれも半端なんてことがあるかなぁ。
    強いか弱いかも熱いんだか冷めてるんだかもわからない季蔵、季蔵のことが好きなんだか度胸が据わってるんだかわからないおきく、大物のような雰囲気をかもしだそうとしているけれど、言動すべてが小物感たっぷりの烏谷、江戸っ子らしさをだそうとしてるかもしれないけどどうも気風も威勢も粋さも足りない豪助、他の登場人物もこれでもかというくらいに性格が活きてない。

    でも、シリーズ化しているということは、今後の展開が面白いのかな・・・。

  • なんやかんや言いつつ、季蔵さん2作目も借りちゃった。
    前作では、長次郎の後を継いで、匕首を奮うか否か、迷いあぐねているような様子の季蔵。
    そこから今作は1年ぐらい経っているらしいが、それでもまだ迷いは吹っ切れておらず。
    塩梅屋の方はばっちり引き継いでおりますがな。
    料理の描写は相変わらず少なめで寂しい。

    今回は、太田屋という悪の権化(笑)に因んだ連作短編4編。
    身内はすんでのところで助かり、そうでない人は運悪く殺されてしまうのは、多少ご都合主義が見え隠れする。

  • 悲桜餅が1番印象的でした。うきうきする季蔵が可愛らしい感じがします。綺麗な思い出を引きずる男に、傍の頼もしい協力者の恋心は解けなかったようで。これからの展開を見守りたいところ。ところで、店の中で事件の内容そんなに話していいもんなんですかね、季蔵さん?個人的にハラハラしました。ばれてるに違いない…!

  • 物語に魅力がないなぁ
    でも、読み続ければ大丈夫!

  • なんか、身内は偶然で助かり、部外者は次々と殺されて行く。
    読み終わってもやもやが残る感じ。

  • 前作では裏家業を継ぐか継がないかで中途半端でしたが、今作では一応吹っ切った様子です。
    悪人をやっつけた後の始末はどうつけたのかあまり出てきませんでしたが、裏家業なのでそれでいいのか。
    料理はおいしそうではあるのだけど、やはり裏家業のほうがメインなのか、もう少しおいしそうを長続きさせてくれたらなお満足なのにと思いました。

  • 料理人季蔵捕物控二作目。

    うーん、料理人としての描写は少ないし
    捕物帖としてもどっちつかずで
    今一つのめり込めない…

    「椋鳥飯」「焼きみかん」
    「悲桜餅」「蜜紅」収録。

  • 短編連作で読みやすい。
    意図せず、裏稼業に力を入れざるをえない出来事か次々起こるが、一巻よりも料理の描写も増えて面白くなってきた。
    暴力的なシーンや刀を使うシーンの描写はほとんどなく、血生臭い感じはないので女性でも読みやすいと思う。
    面白い。

  • 20120602 設定は大きいのに解決があっさりし過ぎている。話しの流れだけ楽しむ本かもしれない。

  • L 料理人季蔵捕物控2

    やっぱりなんだかのめり込めない。季蔵の許嫁を生かしておく意味があるのか?存在価値があるのか? 許嫁がらみの話というか、引っ張りすぎで中身がない。さっさとスッパリ切っちゃって細々とした事件を追ってる方がいいんじゃないかとすら思ってしまう。

  • いまいちの第1巻目だったので、もう読まないかと思っていたら、図書館に並んでいたので、借りちゃいました。
    丁度、会社のお客様から 長命寺の桜餅を頂いたところだったので、タイミングがよく、★2つになりました。長命寺の桜餅をお土産に頂いていなかったら、★1つだったかも。

    他のレビューを書いた方にもお見受けしますが、高田郁から流れている方が多いようですね。私もその一人。でもなかなか高田さんの本は図書館に予約しても借りられないので、このシリーズを手にとってしまいました。結構シリーズとして長いので面白くなってくるのかと楽しみにしているのですが・・・どうでしょう?!

  • 料理も話も特にどうということはないかな。

    でも、揚げ出し大根は美味しそうなので作ってみた。

    好みの味だったので
    これはよりおいしくしてみたいな、と思った。
    何回か作ったけどまだ納得いかないので
    納得いくまで作ります。

  • 「隠れ者」のお誘いにのれない季蔵。

    料理人としても半端な印象がぬぐえないんだよなー。とっつあんの名に恥じないようにはいんだけど。とっつあんのすごさが、いまいち伝わらず。季蔵が空回りしているような気がしてならない。

    美食家(?)の烏谷さんも、お奉行さん、そんなに腰軽くていいんですか?と、つっこみたくなる軽さ。いや、何も平蔵さんと比較してるわけじゃないんだけどさ。美食家と大食家って、ビミョーに違くないか?と思わなくもなく。

    まだまだ、こなれていないのかも。と、思う第二巻。

  • さらさらと読めて、料理の話なのがやっぱり良いなと思う。
    ある意味、料理の話じゃなかったら物足りなすぎるかもしれない。
    季節ごとに過ぎていく江戸の時間が心地よいです。

  • あいかわらず料理も事件もぱっとしない感じですが、さらーっと読める感じなのでとりあえず全巻読破を目指します

全36件中 1 - 25件を表示

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする