悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

  • 273人登録
  • 3.13評価
    • (7)
    • (23)
    • (54)
    • (19)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433174

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんやかんや言いつつ、季蔵さん2作目も借りちゃった。
    前作では、長次郎の後を継いで、匕首を奮うか否か、迷いあぐねているような様子の季蔵。
    そこから今作は1年ぐらい経っているらしいが、それでもまだ迷いは吹っ切れておらず。
    塩梅屋の方はばっちり引き継いでおりますがな。
    料理の描写は相変わらず少なめで寂しい。

    今回は、太田屋という悪の権化(笑)に因んだ連作短編4編。
    身内はすんでのところで助かり、そうでない人は運悪く殺されてしまうのは、多少ご都合主義が見え隠れする。

  • 椋鳥飯
    焼きみかん
    非桜餅
    蜜紅

  • 世の中には悪人が蔓延る。それに立ち向かう、料理人季蔵と奉行烏谷。相手を考えると、結末は長くなることが予想できそう。

  • 前回の事件を引きずるとは思わなかった。これからずっと対峙していく系なのかな。だとしたら瑠璃さんに救いがなくてちょっと辛いかなあ。

  • 椋鳥飯、焼きみかん、悲桜餅、蜜紅。
    先代長次郎の裏の稼業も次ぐ決心をした。

  • あまり面白くないものの何冊かまとめて購入したのでとりあえず読む。
    捕物のラストがあまりにもアッサリしているのが逆に斬新。
    2冊目なのに人物達にいっこうに親しみが湧いて来ないのが残念。

  • 料理人季蔵シリーズ第2弾。

    師匠の長次郎が殺され、料理屋・塩梅屋を継いだ季蔵。
    しかしそれは同時に裏の稼業も継ぐことだと、奉行の烏谷からせっつかれるが、季蔵は裏稼業については積極的になれない。
    そんな中、ようやく取り戻した元許嫁・瑠璃の身に危険がせまる…。

    第1巻が幕開けなら、第2巻は序章というところ。
    裏稼業を継ぐ決意を固めた巻といった感じ。
    現在療養中の元許嫁・瑠璃さんと、師匠長次郎の娘で塩梅屋を手伝ってくれるおき玖さんとの三角関係が気になるところだけど、そっちはまだそこまで盛り上がらないのが寂しい。
    盛り上がるのはもっと先かな。
    ようやく裏稼業にも前向きになった季蔵だけど、描写がいまいちスカッとしない。
    単に私の想像力がないからかな(-_-;)。


    収録作品:椋鳥飯 焼きみかん 悲桜餅 密紅

  • 必殺仕事人のようなお話で、食べ物の話を織り交ぜて話が進んで行く。基本一話完結。
    大きな闇が背景にありそれを前面に出さずに裏でつなげて、前面では細かい事件についてのストーリーとなっている。
    どの話も暖かい人情があふれる話だった。
    面白かった。

  • まあ次から次へと事件、そしてよう死ぬわ。捕物もんってこういうもん?

  • 娯楽時代小説というのは、往々にして、展開早すぎ、うまく行きすぎ、というものが多い。このシリーズもそんな気がします。シリーズ2作目ですが、3作目以降読むかどうか微妙です。

全36件中 1 - 10件を表示

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悲桜餅―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする