八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

  • 5324人登録
  • 4.31評価
    • (1109)
    • (1025)
    • (285)
    • (23)
    • (4)
  • 944レビュー
著者 : 高田郁
  • 角川春樹事務所 (2009年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
和田 竜
有川 浩
近藤 史恵
三浦 しをん
湊 かなえ
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 何冊か借りてきて一番面白いとおもった小説。
    上方の人間なので澪の話す方言は読みやすくて、出てくる登場人物にも惹きこまれた。連続小説あさが来たを見た後に読んだので時代物の本も読みやすかった。どちらも温かいお話。

  • お料理教室のお友達にオススメしていただきました♪

    非常にベタな人情モノで、展開が読めるし、悪者がいくらなんでも分かりやすすぎるとか、後継ぎが江戸に行っちゃうとかそりゃないだろとか、年末に食材が仕入れられたり、 蕎麦屋なのに天草が保管されていたり、あげていくとキリがないほど展開の甘さとご都合主義が目に付くんですけど、でもなんかね、鼻につく感じはありません。

    ベタな展開であっても一生懸命な主人公の成長物語って私の好みなんですよね。
    料理と真摯に向き合う姿と情熱を応援しながら、そんな主人公にいつの間にか励まされている自分がいます(笑)

    しかも、文章力はそれほどと思わないのに、出てくるご飯は美味しそうで。。
    丁寧に出汁をとるとか、旬のものを旬の時期に食すとか、料理の基本を再確認。
    そして、上方と江戸の料理文化の違いの対比がなかなか興味深いです。
    好みや味覚の違いは現代でも感じることがあるのでまあわかるのですが、初物好きの江戸っ子、などという文化の違いを知るのも面白くて。
    次巻も読みます!

  • 至極読みやすい時代小説。大阪人の私にとって「当たり前」で「馴染み深い」お料理の品々が実は東京とは全く違うものだったという。新たな知見が広がる一冊。ストーリー展開の中で、お涙ちょうだい感がところどころに見受けられるが、少し強引かな。

  • みをつくし料理帖シリーズの第1巻目。
    ドラマの続きが気になって手にしました。
    今まで、こういった時代小説は、苦手意識から読むことはなかったけれど、ドラマでの映像化も手伝ってとても読みやすい。

    主人公の澪と同じで、全体的にとってもほんわかとした雰囲気の物語。荒っぽいシーンもあるけれど、やはりなんとなく温かくて、どんどん引き込まれてあっという間に読み終えました。

    澪が食べ物を通してさりげなく江戸と上方の比較をする部分も面白く、生粋の江戸っ子だった亡き祖母や、母のことが思い浮かびました。

    出てくる料理は今の私たちにも馴染みのあるものばかりで、作って食べてみたくなります。
    最後にはレシピも掲載されています!

  • NHKで放送されているドラマを見て興味を持った。読みやすいし,話の展開に不自然さがない。登場人物のキャラクター設定もしっかりされており,よくできている作品だと思う。ただ,シリーズ1作目ということもあってか,全体的に硬い印象を受けた。料理はもちろん,当時の上方言葉,大阪と江戸の生活習慣の違いなどをどう効果的に盛り込むか,作者が苦心したあとが垣間見える感じがした。それでも,シリーズは10作まで続いたので,2作目以降はどんどん良くなっていったと推測できる。ドラマと並行して次作以降も読んでみよう。

  • もっと昔に書かれたものかと思ったら、割と最近の作品ですね
    用語は出てきますが、特に読みにくくはありません

    これが現代ならば少々臭い話なのでしょうが、時代小説だから受け入れやすいのかもしれません

    東西の食文化の違いがピリリときいて、とても魅力的なお話です

  • 江戸っ子の人情が味わえる料理時代劇!
    面白い!

  • 江戸、上方の人情を知ることができる。日本人にも外国人にも読んでほしい。

  • 『みをつくし料理帖』
    NHK/毎週土曜放送
    2017年5月13日から

  • 訳ありで江戸へやってきた澪。
    大坂と江戸の人たちの舌の違いに戸惑いながらも、徐々に訪れる客たちを作り上げた料理で掴んでいく。
    料理の世界は男のもの・・・そんな時代だったにも関わらず、澪は種市のもとで工夫と料理のセンスをいかしていく。
    だが、世の中それほど甘いものではない。
    出る杭は打たれる・・・とばかりに、澪にとっては辛い出来事も同時にやってくる。
    種市だけでなく、ご寮さんや小松原や源斉、おりょうたちの力を借りて「雲外蒼天」の人生を生き抜いていこうとする。

    澪の成長物語であると同時に、料理を楽しめる物語でもある。
    巻末に料理のレシピがついているのも嬉しい。
    どんな苦難が待っていても、きっと澪なら乗り越えていけるだろう。
    そんな明るい未来を予想できることも、この物語の魅力なのかもしれない。

    ドラマ化されることを知って慌てて読み始めた。
    キャスティングされた女優さんたちを当てはめて読むのも意外と楽しかった。

  • とにかく、ストーリーにひきこまれました。傑作です。

  • 髙田郁作品、初読み。過去に何度も挑戦したが、なかなか読み切ることができなかった作品。今回、やっと読了できた。

    主人公の澪は悲しい過去を背負いながらも、江戸で料理人として生きていこうと決意する。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、ひとの縁に恵まれ、助け、助けられながら日夜奮闘する澪の姿が美しい。
    幼い頃に『雲外蒼天』の相と占われた澪が、どのような苦労を今後も経験するのだろうか。澪が澄んだ綺麗な空を見るときまで、彼女を見守りたいと思う。

    料理人として、女性として澪がどのように成長していくのか、とても楽しみである。

  • NHKでドラマ化された小説。読みたい(見たい)と思いつつ、放置していた小説。10巻もあるから・・・。1作目となる『八朔の雪』を読んだが、なかなか面白い!おそらく全巻4章から成り立っていて、それぞれの章で鍵となる料理が出てくる。江戸時代の話。「歴史」に分類しようか「料理」に分類しようか迷ったが・・・、料理に分類。

  • みをつくし料理帖①

  • 「みをつくし料理帖」
    NHK総合 土曜18時5分
    放送開始日:5月13日
    出演:黒木華、森山未來、永山絢斗、小日向文世
    公式HP:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/

  • 登場する食べ物がどれもたべたくなる

  • 【最終レビュー】

    図書館貸出。

    5月放映開始~NHK土曜ドラマ『みをつくし料理帖(黒木華ちゃん主演)』原作本~シリーズ第1弾

    *上記ドラマ・作品詳細

    http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/

    クールで、ホンワカで、さり気なく暖かく包み込むかのように、飾り気のない自然体な作風。

    これらがバランスよく描写されているのが、特に印象に残っています。

    〈上方と江戸との台所事情、風味の出し方の相違、歴史観が漂う食文化の創意工夫の数々…〉

    〈+澪に降りかかるひとつひとつの逆境。いかに知恵を働かせ、謙虚に向き合い、一旦立ち止まりながら、どう振り払い、乗り切っていく土台を通して見えてくる光景〉

    +澪を取り巻く様々な境遇に置かれた人達の人物像も、随所に上手く絡み合わさり、よりグッとしんみり伝わってくる心地でした。

    ドラマ化する背景も、内容を通して、今の時代だからこそ

    〈ささやかで小さな大事な何かしらの数々〉

    を問いかけられてるかのような、そんな雰囲気が感じられます。

    次作以降も、随時、チェックを入れます…

  • 冷たい風の中に晒されていても尚、暖かいと思える。
    澪の料理食べてみたいな。

  • 高田郁さん、素晴らしい! ストーリーも、そこから得られる知識も感動も、ここ最近味わえなかったレベルの満足度で、すっかりファンになりました。主人公は好感がもてるし、共感できるし、また彼女を取り巻く人々が温かい。納得のベストセラー歴史小説です。

  • 上方人の女性料理人が主人公ではあるが大阪が舞台であるところが面白い。

    本巻では、料理人人あったばかりとあって、上方と江戸の水や調味料の違いに戸惑うところにも興味あり。
    調味料などの発酵ものやおだしの違いが言われがちだが、そもそも水が違うから、ってとこなんですよね。

    巻末に作中登場した食べ物のレシピも有り。

  • 時代小説を読むのは初めてだったので読みはじめは知らない単語などに苦戦しながらだったが、料理の話ということもあり、すぐに慣れて読みやすくなった。丁寧な描写が美しく、食べた事のないものでもとても美味しそうに感じられた。このシリーズを読み進めたいと思う。

  • 髙田さん間違いない。
    ずっと髙田さんばかり読んでていいのかしら…

    認知症予防には普段と違う道を散歩するとか、いつもと違う材料で料理するとか、同じことや慣れたことの繰り返しではない生活が大切だと聞いた時、夫と「好きな作家の本ばかり読んでたらあかんかなぁ…」と話した。
    感動して涙ぐんだり、声を出して笑ったりするけど、でも、髙田さんの本だという安心感がずっとある。
    澪つくしシリーズは読んでみたいんやけど…

  • みをつくし料理帖の1~神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され,調理場で腕を振るう澪は,故郷の大坂で,少女の頃に水害で両親を失い,天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも,天性の味覚と負けん気で,日々研鑽を重ねる澪。しかし,そんなある日,彼女の腕を妬み,名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが…。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と,それを囲む人々の人情が織りなす,連作時代小説の傑作ここに誕生!~記念すべき第一作って感じかな。澪のお多福顔が良いね

  • 356

    2016年では136冊

  • 引き込まれてしまい、一気に読み上げました。こういう本に出会えたときはとても幸せです。健気にがんばる人には必ず素敵な味方が現れるところに励まされます。もちろん、美味しい和食を頂きたくなります!

全944件中 1 - 25件を表示

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)に関連する談話室の質問

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)に関連するまとめ

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)の作品紹介

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大阪と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・・。
料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする