安積班読本 (ハルキ文庫)

  • 149人登録
  • 3.47評価
    • (12)
    • (6)
    • (21)
    • (8)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 今野敏
  • 角川春樹事務所 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434195

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今野 敏
有効な右矢印 無効な右矢印

安積班読本 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 安積班シリーズの入門書といった趣の本。短編1作を収録。
    書き下ろしで無いのが残念ですが、未読だったので楽しんでしまいました。安積と速水のやりとりに思わずニヤリ。
    今までプレハブの急ごしらえだった「東京湾臨海署」が、次作からはついに新庁舎に。
    しかし中身は決して変わることがないであろう安積班の活躍がこれからも楽しみです。

  • 短編が1本と作者のインタビューと作品解説という
    この手の本としては定番の構成だと思う。

    まず驚いたのが今野敏氏のキャリアの長さと多作さである。
    この本が出たのが2009年7月だということだが、
    読んだ覚えのある本が10冊以上著作リストに入っていなかった。
    更にこの本が出版された時点で
    安積班シリーズは20年以上続いていたことにも驚いた。

    ブックガイドでありながら、温度としてはファンブックに近い感じ。
    登場人物紹介や全作品解説の文章から
    それぞれに対する愛情が透けて見えた。
    思い入れのある人物が書いた文章、という気がする。
    そういうところもシリーズに歴史あり、ということか。

    間に挟み込まれているコラムもそれぞれに興味深く読めた。
    『87分署シリーズ』が日本の刑事ドラマに与えた影響や
    刑事コロンボの原作だった、という事実など
    翻訳モノの警察小説は読んだことがなかったけど
    読んでみようという気にさせる情報が満載。
    警察組織図の解説は、他の警察小説を読む際にも参考になると思う。
    東京湾岸警察署案内は、そのままお台場の歴史に通じるところが面白い。
    1986年にまだ更地だった青海での野外イベントに行ったなぁ、などと
    懐かしい気持ちになった(何のイベントかは判る人には判る筈/笑)。
    東京ベイエリア、という名称が使われたのはそのイベントが最初だと
    個人的には思ってるので、そういう意味では感慨深い。
    というかそう思っていたことすら忘れていたので、思い出せたことが嬉しかった。

    『安積班読本』なので安積班シリーズに特化するのは当然のことだが
    ちらっと出てくるSTの青山くんのことなどももう少し詳しく見てみたい。
    更に欲をいえば、巻末の著作リストは出版順ではなく
    シリーズ毎、時系列順に記載してもらえるとありがたかった。
    多作ゆえシリーズが多すぎて混乱してしまうので。

  • 安積班シリーズをこれからも楽しむ為に読んでみた。

  • この物語を知らずに借りて読んだので。。。今度読んでみたい。

  • 1988年から現在まで書き続けられている人気警察小説・安積班シリーズ。著者・今野敏氏のインタビューから迫る安積班のルーツや、登場人物紹介、全作品解説、安積班マップなど、シリーズの魅力を余すところなく網羅。さらに文庫初の特別短編『境界線』を収録。 (「BOOK」データベースより)

    安積班シリーズのファンのための読本。
    ファンにはたまらない内容です。
    収録されていた短編「境界線」がとてもよかった。
    短編ながら「安積班シリーズ」の魅力溢れる、温かいストーリー。

    全作品解説を見ると、ほぼすべて既読でした。
    このあと出版されたものもあり、現在16冊となっていますが、未読は3冊。
    全部読み終わっちゃったらつまらないなあ。
    でも早く読みたいとも思います。

  • これに収録されている短篇や「蓬莱」のように、警察外部の
    第三者目線で見るとやたらと格好良い安積。
    このシリーズは、彼を「割とダメなオトナ」として眺めながら読むのが楽しい。

    この本に掲載されているインタビューを読んで、キャラクター目線での
    村雨評(印象)が執拗に酷である理由が腑に落ちた。

    村雨の一挙手一投足を気にしまくる安積に村雨の想いが伝わる日を
    心底願っているのだが、改善はされても解消は無理そうだ。哀しい。

  • ガイドブックと言ってもいいような本

     登場人物や背景が記される。ま、こんなもんかな。少し古いけどね。

  • 短編が1本以外はインタビューや解説など

    短編はハンチョウらしくていい

  • テレビドラマ・シリーズ『ハンチョウ』の原作シリーズの解説本

    既出作品の紹介やシリーズの設定、世界観の解説本なので、これからの読者には良いが、従来からの読者にとっては振り返りのためだけ
    ただし、冒頭の短い作品は良かった

  • ドラマ版「ハンチョウ」1stシーズン放送時の2009年に刊行されたもの。ドラマで安積班を知り、原作を読み始めた読者には、著者インタビューの内容がよい案内になると思う。

  • あ、やっぱ「踊る」が放送された後なんすね、安積班が臨海署に戻ったの。下手に神南署とかに移動させないほうが良かったよね。 村雨は別にかわいそうじゃないと思う

  • こんなの出たんだ。

    祝ドラマ化だけど、ガッカリドラマでした。

  • 文庫化された作品はすべて読んだので、懐かしみながら各作品の解説を読んだ。
    安積班シリーズは人間関係が複雑ではないので、あえて読むほどではなかったかなぁ。
    まー、シリーズの復習にはピッタリですね。
    2010年6月18日読了。

  • 作者の口から、速水は安積が大好き、とか言われたらどうすればいいのか…。
    部下たちの描写も好きでしたが。
    単行本未収録作品は、速水がわかってくれてたらいい、みたいなところがあって、そっちもどうしよう、な気分になりました。

    解説でこのシリーズを書くにあたって参考にしたとあった87分署シリーズとヘイスティングス警部シリーズというのが読みたくなった。

  • 今までの安積班シリーズのあらすじや登場人物の紹介等とプラス短編が1本。以前に一気読みしてからしばらく経っていたので思い出しの為に使えた。

  • 巻末のリストを見て今野敏氏の著作の多さにびっくり。大ブレークした「隠蔽捜査」はデビューから23年、126作目だったとは。安積班シリーズの短編も載っているお得な一冊。ただし、同じ名称の校正ミスが複数あったのは残念でした。

  • まさに読本。ハンチョウシリーズの解説書。
    ハンチョウシリーズって21年も続いているんだ。すごいな。今野敏さん。

  • 2009年にドラマ化された『ハンチョウ』シリーズのカタログ。これで流れはつかめます。短編しか収録されてないのは残念。図書館予約数は0(09/10/09現在)です。

  • 出張先の書店で見かけ、ついつい買ってしまったぁ〜。概ね30分で読了ス。まぁ、それなりの本です。それ以上でも以下でもない。出版社の思惑に、まんまと踊らされている今日この頃。

  • 安積班のすべてがわかる!!とまで言っちゃいそうな代物です。
    今まで出てきた登場人物がちゃんと載ってます。作者の今野敏さんのインタビューもありますし、短編が1本載ってます。
    安積班大好きな人にはたまらない1冊です。

  • 2009/7/7 メトロ書店御影クラッセ店にて購入
    2010/1/21 一日で読了。

    今野氏の重要なシリーズものである安積班シリーズを著者自ら解き明かした読本。事件が起こった場所を示すマップ、安積の性格が良く現れている短編「境界線」、安積班シリーズを語るインタビュー記事、これまで作品に登場した人物一覧、警察組織の解説など安積班シリーズファン必読の書である。
     巻末の安積班シリーズを含めた今野作品全リストもファンにとってはありがたい。

全28件中 1 - 25件を表示

安積班読本 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

安積班読本 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする