道場破り―鎌倉河岸捕物控〈9の巻〉 (時代小説文庫)

  • 117人登録
  • 3.64評価
    • (6)
    • (10)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 角川春樹事務所 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434577

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

道場破り―鎌倉河岸捕物控〈9の巻〉 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    赤坂田町の神谷道場に一人の訪問者があった。朝稽古中の金座裏の若親分・政次が応対にでると、そこには乳飲み子を背にした女武芸者の姿が…。永塚小夜と名乗る武芸者は道場破りを申し入れてきたのだ。木刀での勝負を受けた政次は、小夜を打ち破るも、赤子を連れた彼女の行動に疑念を抱いていた。やがて、江戸に不可解な道場破りが続くようになるが―。政次、亮吉、彦四郎らが今日も鎌倉河岸を奔る、大好評シリーズ、新装版第九弾。

    1月10日~14日

  • 硬くて活き活きした感じがない。シリーズも随分刊行された作品のようだが、キャラが立ってない。
    剣術や捕物の描写はいいんだけど、人がない感じ。

  • 永塚小夜の話と新堂孝一郎の話が2話以上にまたがります。人は過ちをおかす生き物であり、そんな中立ち直ろうと必死な2人に共感し、胸が痛むのです。

全4件中 1 - 4件を表示

道場破り―鎌倉河岸捕物控〈9の巻〉 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

道場破り―鎌倉河岸捕物控〈9の巻〉 (時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする