おとぎ菓子―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

  • 188人登録
  • 3.52評価
    • (8)
    • (17)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434843

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

おとぎ菓子―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2010/06/14:相変わらず作り方の描写は詳しいのに出来上がった料理(菓子)の描写が乏しいです。
    鰯飯などは作り方でなんとなくイメージ出来ましたが、タイトルのお菓子の話は(初めて作るのに色や味に失敗しないなんてどれだけ天才なんだというツッコミはさておき)華やかな見た目を楽しむものなのに、犬やお爺さん等の名前だけで姿(立っている、ふっくらしている等)や表情(凛々しい、愛らしい等)がさっぱり分からずもどかしかったです。(><)
    狸は表紙のイラストがなければ確実に信楽焼きの狸っぽいのをイメージしていました(表紙イラストはト○ロみたいと思ったのは内緒w)

  • 春卵
    鰯の子
    あけぼの薬膳
    おとぎ菓子

  • 春卵、鰯の子、あけぼの薬膳、おとぎ菓子。
    長崎奉行を目指す悪党が仕組む巧妙な罠に掛かった大店と仇を打つ季蔵のお話し。

  • 大店が次々につぶれていく過程には、とある黒幕が。
    陥れられても、表からは全くわからない。
    季蔵が調べてようやく判明するくらいずる賢さ。
    いつも誰かの影がちらちらするのに、その正体はつかめないまま。
    料理は煎り酒が梅以外に他の種類も増えて料理の幅が広がったようです。
    でもタイトルのおとぎ菓子は最後でようやく出てきます。

  • +++
    日本橋は木原店にある一膳飯屋・塩梅屋。主の季蔵が、先代が書き遺した春の献立「春卵」を試行錯誤しているさ中、香の店酔香堂から、梅見の出張料理の依頼が来た。常連客の噂によると、粋香堂では、若旦那の放蕩に、ほとほと手を焼いているという…(「春卵」より)。四篇を収録。季蔵が市井の人々のささやかな幸せを守るため、活躍する大人気シリーズ、待望の第七弾。
    +++
    表題作のほか、「春卵」 「鰯の子」 「あけぼの薬膳」
    +++

    初読みなのだが、シリーズ七作目のようである。長寿シリーズなのだなぁ。だが、一話完結なので、細かい事情はわからないながら、想像力で補えないほどではないので、途中からでも充分愉しめる。江戸と食べものとミステリは相性がいいのだろうか。同じような組み合わせの作品はかなりいろいろあるように思う。そしてたいていどれも面白い。江戸の暮らしの季節感を愉しむ風情と、工夫しながら創り出し作り上げる料理と、謎を解き明かして悪を懲らしめる爽快感が、それぞれを高め合うのかもしれない。そこに人情や恋事情が絡めば、もう惹かれないわけがない。やさしくあたたかく、スリルのある一冊である。

  • 20121024 今回はまとまりのある話しになっていた。展開が早いのはあいかわらすだが慣れて来たせいか気にならなくなった。

  • 今回は親子愛を軸に様々な話が展開していく、ちょっとこころ温まる話が収録されてます。
    季節は春で、春にちなんだ料理がたくさん出てきます。
    話に関わる人が多くなってきてるので、誰がどの人かわからなくなってくる上に、黒幕も知らない人なのでちょっと混乱。

  • 宮部みゆきの時代小説を彷彿とさせる。グルメ×推理物は北森鴻がベストだったけど亡くなってしまわれた。少し悲しくて、でも小さい幸せが描かれていていい。

  • 料理人と隠れ者のバランスが今二つ三つなのが、惜しいけど、だいぶ、こなれてきたかなと思ったり。「おとぎ菓子」の正体がなんだか切ないねー。

  • だんだん、回想シーンというか過去の設定を説明する場面が苦じゃなくなってきた。
    続いたからこそ、増えていった設定が嫌味じゃないので、するする読めるし楽しくなっていると思う。

  • 小説で起こる事件がシリーズを追うごとにだんだん複雑になってきた。
    登場する料理もなかなか気になるものが増えてきた。

    これまでの梅風味に加えて、季蔵が考案したみりん風味、昆布風味、かつお風味を加え、4種類の煎り酒が登場。醤油に変えてそれぞれを使い分けを楽しむのもよさそう。料理は奥が深い・・・。

    しろ餡作りには、白インゲンの皮を剥くという工程があることをはじめて知った。手間がかかっているんだなぁ・・・おとぎ話を題材にした練り切り、おいしそう。

  • 30分で読み終わる軽さ、長さ。シリーズ6作目なのに、脇がいない。さらに不思議なことに前の話を読まなくてすむくらいいろいろ説明してくれる。少し残念。時間つぶしにいい程度。料理は煎り酒を使ってる時点で参考にできない。

  • 次々新刊が出るので、読むのが間に合いません。けっこうあっさり人が死んでしまうので、悲しくなります。江戸時代ってそんな感じだったんですねー。

  • 第七弾
    六巻を読んでかなり時間がたつ。最初登場人物の思いだしに戸惑う、更に、料理の方法がくどく感じられたが読み進めていくに従って、都合良くと言えばどうにもならないが噺の展開が見えてくると面白くなる。
    結果が闇捌きなので結論は仕方ないか

  • 料理人季蔵捕物控は 捕り物のおもしろさだけでなく
    江戸時代の料理の 再現のみごとさが すごいと思います。

  • 最新刊!!
    第7弾。

全19件中 1 - 19件を表示

おとぎ菓子―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おとぎ菓子―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おとぎ菓子―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする