新 風の大陸 (ハルキ文庫)

  • 58人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 竹河聖
制作 : いのまた むつみ 
  • 角川春樹事務所 (2010年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435031

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新 風の大陸 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ティーエたちからは数百年後の話らしい。
    これからどう展開していくのか楽しみ。

  • 傭兵のローエとカヴィンタ。2人に託された少年ルテイの旅に様々な人々との出会い、事件、少しスリルがあって面白い。

  •  『風の大陸』の完結から4年。
     …ということで、あの3人の子供か孫世代の話かな、と勝手に想像していたらば、彼らの時代から数百年後の世界の物語。

  • ダイエーの書籍コーナーで購入。(11.01.23)

    11.03.18読み始め。

    呪(まじな)いのシーンが相変わらずおっかなくて嬉しかった。
    こういう、人でないものたちの怖さがこのシリーズの持ち味で魅力なのだ♪

    ルティはどうしてもティーエに重なってしまうけど、
    ルティとローエとカヴィンタはきっとまた別のところへ連れて行ってくれるんだろうなあ。
    続きが待ち遠しい。

    (11.03.19)

  • 実はこっそり、旧シリーズ、途中離脱です(汗)

    ものすごく久しぶりに竹河さんの文章を読んだ訳ですが、こんなに簡潔だったっけ!?
    ちょっと驚いた。
    中身的には、風呂敷のデカさが垣間見え、今後に期待です。

  • ティーエやラクシ、ボイスの旅を思い出されて懐かしい。この世界観好みです。
    『風の大陸』は刊行が待てずに、途中で手放したという過去があるので、このシリーズはほどよい長さで完結してほしいなぁ。

全7件中 1 - 7件を表示

竹河聖の作品一覧

竹河聖の作品ランキング・新刊情報

新 風の大陸 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新 風の大陸 (ハルキ文庫)の作品紹介

傭兵として色々な大地を巡ってきたローエとその相棒カヴィンタ。ある日、山道をさ迷い歩いていた2人は、突然兵士達に捕まってしまった。そこは王のいない、神々が治めている小さな世界だった。山の中で迷ったことも、捕まり神殿に連れられることも、全ては神々に仕える大巫女のお導きによるものだったのだ。そして大巫女から"罪の子"として生まれたルティを国から連れ出して自由にしてあげて欲しいと頼まれ、3人の旅が始まった-。大人気を博した、『風の大陸』の続編!書き下ろし長篇ファンタジー。

新 風の大陸 (ハルキ文庫)はこんな本です

ツイートする